« 明けましておめでとうございます | トップページ | 大木綾子・新曲発表会 »

2013年1月12日 (土)

田代越(たしろごえ)

1月12日(土曜日)

元旦に初日の出を見に養老山脈の石津御嶽五合目へ行きましたが、

今日は、北側の田代越(たしろごえ)に行って来ました。

田代越は養老山脈を越える山越えの道のことです。

この山は、9年前に松井さん、坂さんの3人で登っています。

その時、鉄塔から白山がきれいに見えたので、今回も期待して出かけました。

今日のメンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

坂さん、なべさんは体調不良で欠席でした。(今度は一緒に行きましょうね

コースタイム

羽島7:00 → 7:40駐車場7:46 → 8:52飯盛山・勇守山9:00 → 

9:27桜番所 → 10:20樽沢池10:25 → 11:05鎌知土・田代越11:15 → 

12:00レストハウス青空(鉄塔№37)12:40 → 13:26展望台13:40 → 

13:57駐車場 → 14:20水晶の湯15:50 → 16:30羽島

歩いた赤線はイメージで正確なものではありません。

Aaadsc017320

木曽川の堤防より  中央に名古屋のツインタワーが見える。

Adsc017380

県道8号線 福岡大橋より  

Adsc017400

Adsc017410

南濃町の羽根谷(はねだに)の交差点を山のある方に進と公園があります。

Adsc01678

「だんだん公園」の最奥の第2駐車場に着きました。

大きな水が出たら、車が水没しそうな、河川敷の駐車場です。

Adsc017430

Adsc017460

林道を100m位歩くと、鳥居があって、「白龍大神」の石柱があります。

初めは急登で、小さな角石がゴロゴロとあるジグザグの道です。

Adsc017490

登山道からUターンするように200m登り返すと、飯盛山(勇守山)山頂です。

鳥居には「勇守山 白竜大神」と書いて有ります。

Adsc017550

「△525m 飯盛山 イセ愛山会」の山名票が木の枝に付けられていました。

Adsc017590

周りは雑木が茂り展望はありませんが、東側に一部を伐採してあり

駒野(こまの)の街が見えました。

Adsc017570

登山道を少し歩くと、林道に出ました。

Adsc017610

桜番所に着いた。

説明板によると、桑名藩の頃に美濃からの入林者を取り締まる為の八つの番所の

一つだったようで、桜番所と呼ばれていたようです。

Adsc017640

Adsc017630

林道は薄っすら雪があり、凍っているので慎重に歩いた。

Adsc017650

Adsc017680

Adsc017690

左手が田代ヶ池神社の入り口。

ここを曲がった方が早く田代越に着くのだが、真直ぐ歩いてしまった。

Adsc017710

Adsc017830

マウンテンバイクに乗った青年達が、池の上で遊んでいた。

興味があったので林道から下りてみた。

Adsc017720

池が凍って、天然のスケート場になっていた

Adsc017820

松井さん うまい  ここは樽沢池のようです。

Adsc017790

Adsc017800

田代池に戻った。

Adsc017840

Adsc017850

鎌知土(かまちど)・田代越(たしろごえ)に向う途中、北に能郷白山が見える。

Abdsc017870

田代越(たしろごえ)の頂上に着いた。

田代越のピークが鎌知土(かまちど)だと思っていたが、

鎌知土のプレートは無かった。鎌知土=田代越なのだろうか

Adsc017940

Adsc017960

Abdscn6812  この山は9年前に登っている。その時の写真です。同じだ

Abdscn6816 鉄塔№34からの眺めです。 白山がきれいに見えました。

Abdscn6824 鉄塔№33からの眺めです。ここからも白山が見えた

田代越の頂上は展望が悪いので、食事をしないで安藤さんが作ってくれた

コーヒーを飲んで下りた。(何時もありがとうございます)

Adsc017930

石津御嶽との分岐で、月見の森方面へ下ります。

プレートで気になったのは、榑沢池です。樽沢池と書いてあったのもあったのに

榑沢池なら「くれさわいけ」、樽沢池なら「たるさわいけ」だが

両方 たるさわいけ と読むのだろうか

Adsc017980

前方から1人で登ってくる女性がいた。

Adsc017970

おばちゃんかと思ったら、安藤さんが「まだ若い人だよ」と言った。

安藤さんは、顔の肌が若いのを見ていたのだ。

ピンクの帽子、キティちゃんの袋   確かに若い

Adsc017990

眺望は無いが歩きやすい道です。

Adsc018000

うん  こんな所に「レストハウス」があるの  行ってみる

Adsc018010

木が電線に触れないように伐採してあり、明るい空間でした

Adsc018020

鉄塔№37

Adsc018110

眺めが良い場所です

Adsc018050

電線の延長線に能郷白山が見えます。

遠くが霞んでいて白山は見えなかった。見えるなら電線の右側です。

鉄塔№33・34からは電線の左に見えますが、ここの鉄塔№37から電線が

張ってある方向が違うからです。

鉄塔33~37間は、北北東   鉄塔37~39間は北北西だからです。

どうでも良いことでした。ちなみに羽島市や海津市の真北に白山が見えます。

Adsc018090

外気温3度ですが、風が無く日が当たっているので10度以上に感じた。

Adsc018150

ここでランチにした。ここの鉄塔で電線の角度が変わっています。

Adsc018160

おっと ピンク帽子のおばさんだ  早ゃ(はゃ)  

Adsc018180

鉄塔№38に向います。ここも伐採してあるので展望がいい

Adsc018200

Adsc018220

鉄塔№38の下を通ります。

Adsc018230

東側(海津市)がよく見える場所です

Adsc018250

Adsc018300

飯盛山でなく、勇守山と書いてあります。(地元では勇守山なのかな

Adsc018320

行基寺(ぎょうきじ)は有名なお寺です。今度は行基寺から登ってみたい。

Abdsc018350

前方の鉄塔は№39です。№37~39は眺めが良い山歩きでした。

Adsc018370

鉄塔№39過ぎ、檜の薄暗い植林の中に入り、展望台に着いた。

Adsc018390

無料の望遠鏡が備え付けてあって、うれしい

Adsc018470

松井さんが 「おっ 家が見えた」  凄い望遠鏡ですね

Adsc018490

Adsc018500

ここからの下りはは、「羽根谷だんだん公園スタンプラリー」のコースで、

階段が多くなりました

Adsc018520

Adsc018530

駐車場に着いた。のんびりとした約6時間の楽しい山歩きでした。

Adsc018540

公園には桜の木が多いので、4月の花の時期に登りたいと思った山でした。

帰りは、水晶の湯に入って帰った。

冬の時期は、雪山登山に自信が無いので近場になってしまいます。

ブログを見ている人には、つまらない山かもしれませんが、

低い山でも、私は山を歩くが楽しいです。

山は、気分転換して元気にしてくれます。

でもどんなに低い山でも、遭難事故や怪我はあります。

自然は感動を与えてくれますが、時には恐ろしく、怖いです。

油断大敵」 これからも自分に言い聞かせて登って行きます。

最後まで読んで頂、ありがとうございましたPhoto

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 大木綾子・新曲発表会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明けましておめでとうございます | トップページ | 大木綾子・新曲発表会 »