« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

位山(くらいやま)

10月27日(土曜日)

今日の山は飛騨の三名山(舟山、位山、川上岳)の中心の

位山(くらいやま)1529mです。位山は古来霊山として崇められてきた山です。

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

道の駅 モンデウス飛騨位山の広い駐車場に車を止め、

スキーゲレンデ(放牧場)の脇を登っていきます。リフトの上は、

うっそうとした森で、名前が付いた苔むした巨石が多くある山でした。

6:40羽島 → 7:10各務原IC → 8:42飛騨清見IC → 

9:22道の駅 モンデウス飛騨位山9:40 →  10:40スキー場山頂10:45 → 

12:27天の岩戸12:40 → トイレ → 13:02天の泉13:05 →  

13:12位山山頂13:18 → 13:21山頂広場13:55 → 

15:50道の駅 モンデウス飛騨位山 → 16:15あららぎ公園16:20 → 

16:30りんご直売場16:35 → 17:05飛騨川温泉しみずの湯18:30 → 21:10羽島

高速道路の標高900m付近は紅葉が始まっていた。

Adsc001600

Adsc001620

道の駅 モンデウス飛騨位山に着いた。スキーゲレンデに牛が放牧されていた。

Adsc001710

Adsc001680

紅葉しているのは、ドウダンツツジです。

このあたり(標高910m)の紅葉がきれいという事は、

頂上の紅葉が、終わっていないか心配だ

Adsc001700

スキー場の駐車場だから、広い

Adsc001720

Adsc001740

Adsc001760

登山道は、広く整備されていた。

Adsc001780

グミの木が植樹されていた。

普通のグミは梅雨の時期に食べれるが、ここのは秋に実がなる「秋グミ」です。

食べてみた。噛んだ瞬間はグミの味がするが、すぐシブ味がきた。

グミ酒を作ると、きっと美味しいだろう

Adsc001800

Adsc001810

振り返ると、高山市一之宮町と遠くに穂高連峰が見えた

Adsc001830

前に行く登山者が木の実を取って食べていた

Adsc001940

Adsc001900

登山者は地元の人でした。これを「コクワ」と言っていた。

Adsc001880

食べてみた。なんと美味しいことだ  完熟のキウイフルーツの味です。

皮ごと食べれます。皮と実の間の味は、甘いぶどうの食感です。

Adsc001910

「さるなし」、「こくわ」のHPhttp://www.hana300.com/saruna.html

サルや熊が大好きで、サルがわれを忘れて食べることから「サルナシ」と名付けられた。

山の人たちは「サルナシ」のことを「コクワ」と呼んでいます。

「コクワ」は美味しい木の実で、果実酒、ジャムなどに利用できる。

やまぶどうと同じように競って採取される重宝な木の実です。

「コクワ」は、繁殖力が弱く、自生量が少ないのと、実が高いところに

生っている為に伐採されて採取されたり、木に絡みつくために害木として、

下刈りなどで刈り払われたりして、資源量は極端に少なくなってきている。

つるは丈夫で、谷川のつり橋を架けるのに用いられた。

サルがサルナシを集めて洞穴にためて醗酵させたのが「さる酒」といわれています。

「サルナシ酒」は、果実酒の中でも一番美味しい果実酒です。

中国産の「シナサルナシ」をニュージランドで改良されたものが、キウイフルーツです。

Adsc001960

Adsc001990

Adsc001970

Adsc002030

Adsc002050

リフトの終点に着いた。ここがスキー場の頂上です。

登山道の工事中でした。

Adsc002070

Adsc002080

ここからの展望写真があった

Adsc002130

上の写真を4分割にしました。

北から、立山連峰

Adsc002090

穂高連峰

Adsc002100

乗鞍連峰

Adsc002110

御嶽山    ここからの眺めは最高ですね

Adsc002120

2人の登山者は、「コクワ」を教えてくれた地元(一之宮 )の人です。

Adsc002150

ここから、雑木林の中を歩きます。右も左も展望はありません。

Adsc002160

一生は登山と同じなんだ  徳川家康さんは哲学者だなぁ

Adsc002210

どんぐりが沢山落ちていた。

松井さんの娘さんが幼稚園で使うので、皆で拾った

どんぐりをマラカス作りで使うそうだ

Adsc002170

Adsc002190

Adsc002260

Adsc002270

こんなに拾いました

Adsc002250

Adsc002290

Adsc002300

朴葉の葉が落ちていた。大きいのを拾って後で使いました

Adsc002310

湿地帯の所に新しい木道が出来ていました。

Adsc002330

真っ赤なキノコです。色がきれいなので食べれない。

Adsc002370

天の岩戸(あまのいわど)の日本誕生伝説によると、

ここは天尊降臨の地と言い伝えられている。 う~ん 伊勢や出雲でないのか・・・

Adsc002410

Adsc002430

天の泉 → 位山山頂 → 展望広場 の順で歩いた。

Adsc002440

御嶽山の展望は無かった。 

Adsc002460

バイオのトイレです。 雨水がタンクに溜まり、水洗トイレになるのですが、

雨が降らないと、水が溜まらない欠点がある。

Adsc002500

この木を、皆「タラの木」と言っていたら、松井さんが「絶対違う」と言う。

この木の名前が分かる人は、コメント下さい。

Adsc002510

天の泉

Adsc002520

Adsc002530

御神水(ごしんすい)を頂いた。

天の岩戸・御神水から分かるように、昔から位山は霊山として崇められてきた。

Adsc002540

位山山頂での集合写真

Adsc002620

10月末はハロウィンです。年に一度の収穫祭です。

Adsc002600

昼ごはんは、山頂広場で食べた。

サラサドウダン(通称どうだんつつじ)の紅葉は盛りは過ぎていた。(少し遅かった)

Adsc002650

Adsc002710

食後のコーヒー

Adsc002740

笑いがある会話は楽しいo(^o^)o

Adsc002750

残っていた、どうだんつつじの紅葉

Adsc002790_3

群生地のサラサドウダンは葉が落ちていた

Adsc002800

このキノコは食べれるだろうか

Adsc002850

これより下山

Adsc002860

Adsc002870

Adsc002920

道の駅駐車場近くの苅安湿原(かりやすしつげん)

ここが分水嶺(ぶんすいれい)の場所です。

湧き水の一方は、宮川 → 神通川 → 日本海へ

  もう一方は、飛騨川 → 木曽川 → 太平洋へ       

Adsc002940

Adsc002960

道の駅駐車場に着いた。 バックの山は、御嶽山です。 

この辺りの紅葉が見頃でした。

Adsc002980

あららぎ公園の紅葉

Adsc003020

Adsc003030

Adsc003050

41号線に向かう途中の、久々野町のりんご畑

Adsc003070

Adsc003080

美味しそうなりんごだったので、りんごの直売場に寄った。

Adsc003130

4品種のりんごを試食させてもらった。

Adsc003140

みんな、シナノスイートを買った。1袋500円×2こ

Adsc003150

国道41号線と平行で走るJR

Adsc003160

帰りの温泉は、飛騨川温泉しみずの湯に入った。

国道41線より中に入っているので、利用者は少ない感じがした。

Adsc003180

晩ごはんは、しみずの湯の食事処で、「飛騨牛ハヤシライス」を全員食べた。

Adsc003200

みんなで同じ物を食べるのは、店の人も良いと思う。

食べる方も、仲間意識が出て良い。本当に美味しかった

一人で来て同じ物を食べても、この美味しさはないだろう。

Adsc003220

帰りは高速道路が近くにないので、下呂・金山・関・岐阜と国道を走って帰った。

松井さん、運転お疲れ様でした。ありがとうございました。

走行距離往復305km 高速料金行き1400円

2週間後の、11月10日は岐阜県の白草山です。

2年前に一人で登った時の白草山です。http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-813e.html

なべさん、タブレットで見てください。

さっちゃん 都合が良かったら参加してください。

先日、健康診査に行ってきました。

全て正常でした。ご心配を掛けました。

| コメント (0)

2012年10月21日 (日)

リバーサイドカーニバル

10月21日(日曜日)

今日の天気は快晴で、絶好の紅葉を見に行く登山日和でしたが、

なんとなく体調が悪い感じがしたので、登山に行くのを止めました。

男性の更年期もあると言うが 

今週、市の健康診断に行きます。(問題が無いと良いのだが

午前は友達とコーヒーに行って話をした。

午後から、天気が良いのでカメラを持って出掛けた。

偶然に通った笠松町の木曽川で何かイベントをやっていた。

それが、リバーサイドカーニバルでした。

River2012_4

「水森かおり」さんのミニステージがあったようだが、既に終わっていた。

木曽川では手漕ぎのボートレースをやっていた。

Adsc001160

Adsc001180

Adsc001190

笠松清流太鼓  小さい子も太鼓をたたいていた。(可愛い)

http://www.youtube.com/watch?v=E5NvxVXQ-RU

太鼓を打つ5人衆が迫力あった。太鼓の音が、川の流れようだった。

http://www.youtube.com/watch?v=1Z3WQ4L1PGg

Adsc001290

Adsc001340

手漕ぎのボート競争は、リバーサイドカーニバル2012Eボート大会でした。

予選で勝ち進んだ小学生の部、一般の部の各5チームでの決勝があった。

下は、予選タイム

Adsc001450

小学生の部  出発前の様子

Adsc001380

小学生の部 

1位は、4青 葉栗野球部Aでした。 タイム 1:34 予選は4位

http://www.youtube.com/watch?v=Y78mMZf0ijY 

一般の部

1位は、3緑 笠松町消防団第3分団 タイム1:18 予選は5位

http://www.youtube.com/watch?v=w568C2JzR5Q

Adsc001480

笠松町の広報より     リバーサイドカーニバル2012開催

 恒例となりましたリバーサイドカーニバルを、今年は「かさまつの魅力再発見!」をスローガンに10月21日(日曜日)に開催します。多彩なステージイベントを始め「川舟遊覧」や「乗馬体験」のほか、船頭鍋などのグルメコーナーやフワフワなどのちびっ子コーナー、各種物販のコーナーも多数出店します。
 また、今年は清流長良川親善大使の「水森かおり」さんも出演しますので、皆さんぜひご来場ください

今度の土曜日27日は、皆で岐阜県飛騨の位山に登ります。

以前から何度も計画があったが流れていました。

今回は天気も良いようなので、サラサドウダンの紅葉が見れるといいな

なべさん、さっちゃんは来るだろうか

| コメント (0)

2012年10月13日 (土)

部子山(へこさん)

10月13日(土曜日)

今日の山は、福井県の池田町と大野市の境にある部子山(へこさん)1464mです。

冠山(かんむりやま)より地図上で北に13kmぐらいの位置にあります。

メンバーは6人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、さっちゃん、私)

6人が揃うのは、6月23日天狗堂に登った以来です。

部子山(へこさん)とは親しみの感じさせる名前の山です。

名前の由来は、目子嶽(めこだけ)(めのこだけ)がなまったようです。

昔(6世紀初めごろ)、継体天皇(けいたいてんのう)の妃(きさき)である

尾張出身の目子媛(めのこひめ)に由来するとされる歴史ある山です。

山頂近くには、目子媛、継体天皇、猿田彦命(さるたひこのみこと)を祀る

部子神社があり、神が住まわれる山として地元で信仰されています。

地元の人には親しまれている山ですが、頂上近くまで車で行けるので、

あまり登山者には人気のない山のようです。

でも頂上からの展望は一等級の素晴らしさだと思います。

池田町の観光ロードマップ

Cdsc00113

コースタイム

羽島6:40 → 8:45冠峠 → 10:15駐車場(部子山P3)10:30 → 

11:15部子山頂上12:22 → 13:00駐車場(部子山P3)13:15 → 

14:05渓流温泉 冠荘15:20 → 15:53武生IC → 17:05羽島IC

冠峠の少し手前からの展望

Adsc01

Adsc02

冠山(かんむりやま)1257mは生き物のような感じがする。

Adsc03

Adsc04

部子山の入口

Adsc06

Adsc07

車を止めたP3

Adsc08

能楽(のうがく)の里牧場    牛は居なかった。

Adsc000120

ここは、神の宿る山と信仰されている。

Adsc001010

コンテナが前に出た形の、展望台で中が展示場のようですが、閉鎖中です。

Adsc000140

ここP3に駐車して歩きます。

Adsc000190

Adsc000200

Adsc000210

車道を修理中でした。 

Adsc000220

 ご苦労様です

Adsc000240

Adsc000250

Adsc000260

Adsc000280

Adsc000290

Adsc000310

部子神社に行きます。

Adsc000330

避難小屋かと思ったが、中に部子神社の祠が祀られているそうです。

(中は見えませんでした)

Adsc000340

少し下り、P0に着いた。 ここが林道の出発点です。

Adsc000370

Adsc000400

Adsc000410

下の2枚は後ろを振り向いて写しました。

Adsc000420

Adsc000430

頂上が見えてきました。

Adsc000440

周りに木がなく、360度の展望がありました。

Adsc000630

真ん中奥が能郷白山で、その前に姥ヶ岳が見えます。

Adsc000540

正面が銀杏峯(げなんぼ) 左奥が荒島岳です。

Adsc000510

大野の街です。右端が荒島岳

Adsc000520

集合写真

Adsc000590

カニさんのポーズ Y(・∀・)Y    アップに耐えれないので大きくなりません

Adsc000600

狐のポーズ コンコン

Adsc000610

なべさんが小人のようです。

Adsc000660

面白い雲です。空をメインに写しました。

Adsc000680

Adsc000670

食後のコーヒー    皆で来ると楽しいo(^o^)o

Adsc000690

これより下山

Adsc000760

Adsc000790

紅葉する前に、枯れているナナカマド

Adsc000830

ここに避難小屋がありました。

Adsc000860

道路補修、ご苦労様です。こらからは頂上(P0)まで楽に車で行けます。

Adsc000910

車が見えて来ました。

Adsc000920

帰りの温泉は、渓流温泉 冠荘(かんむりそう)http://kanmuri.net/furo/

国道417号線沿いにあり、豊かな大自然に囲まれた山あいの温泉です。

お湯は、ツルツルとしています。

Adsc001020

Adsc001030

ロビーで風呂上りタイム

Adsc001060

帰りは高速を使った。今荘IC手前のそば畑

Adsc001080

羽島に17時過ぎに着いた。

今日の山は登山と言うより、ハイキングでしたが、楽しい一日でした。

松井さん、ありがとうございました。

皆さん、お疲れ様でした。走行距離285km 高速料金1550円

| コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

白山 (大倉山の紅葉が良かった、でも白山頂上は・・・・)

10月7日(日曜日)

6・7・8日と三連休の会社もあるが、私は土曜日は仕事だった。

7・8日の連休を使って、紅葉がきれいな山に行こうと思った。

穂高、乗鞍、白山、御嶽山と考えた末、白山に決めた。

気になるのは、天気だ。 羽島の土曜日の22時頃は小雨が降っていた

ネットで天気予報を見ると、7日の午後から快晴だった

8日の天気も良いので、日の出を見たい。

山小屋泊まりで行こうと決めて荷物を揃えた。

少し寝て、午前3時45分に出発した。

高速道路は使わず、国道を走った。深夜の道は走り易いので、

高速道路の約90kmを使って荘川ICで下りても、30分も違わない。

下のコースを予定していたが、午後からの天気が悪く、

着替えの服も濡れたので、日帰りにすることにした。

家に帰り、翌日ネットで室堂の8日の天気を調べたら、

(10.08AM4:20)天気:快晴 風強い 気温-1.5℃ 最低気温-1.5℃ 視界良好

視界良好だったんだ、泊まれば良かったと後悔した。皆さんに感動を伝えれなくて、残念です。

Adsc099800

3:45羽島 → 7:00白水湖駐車場 → 7:15登山口 → 9:05大倉山 → 

10:30室堂11:30 → 12:10白山御前峰12:15 → 12:45室堂 → 

15:10登山口 → 16:15大白川温泉(しらみずの湯)17:15 → 20:30羽島

白水湖駐車場は満車状態だった

Adsc098540

平瀬道登山口をスタートAruku_botann  室堂まで約7kmです。

Adsc098550

登山道は、階段が多い。色付く葉が、この先を期待させる。

Adsc098580

歩き始めて1km地点

Adsc098590

きれいなブナ林を歩く。葉はまだ黄葉していない。

Adsc098610

可愛い女性の後ろ姿を。   派手な山ガールファッションでなくシンプルです。

Adsc098640

Adsc098680

白い木肌のダケカンバが目立ってきた。眼下に白水湖が見えるます。

Adsc098720

Adsc098780

ナナカマドが紅葉している。天気が良くなってきた。

Adsc098790

Adsc098810

白山がうっすら見えてきた

Adsc098820

Adsc098850

気持ちが良い尾根歩きです

Adsc098880

燃えるようなナナカマドです。

Adsc098930

Adsc099010

白山が姿を現した。右が剣ヶ峰、左が御前峰です。

Adsc099050

Adsc099060

Adsc099080

見えているのは、御前峰です。あの頂上まで歩きます。

Adsc099070

尾根道には、リンドウが咲いていた。

Adsc099100

Adsc099120

Adsc099130_2

通過点の大倉山頂上(2038m)です。

Adsc099170

ここから少し下りて、大倉山避難小屋に行きます。

Adsc099190

Adsc099210

今日は天気がいい  最高

Adsc099220

Adsc099240

鞍部に下がり、ここから登りです。登山者が中央に見えますか?

Adsc099270

紅葉が元気をくれる

Adsc099290

進行左側の山尾根

Adsc099300_2

後ろを振り返る。大白水谷の右の山が大倉山です。

Adsc099360

白山の山肌

Adsc099380

このアベックは健脚でした。

Adsc099390

Adsc099420

Adsc099450

Adsc099460

ガスが出てきた。雲の中に入ったようだ。太陽が当たれば真っ赤です。

Adsc099510

Adsc099660

白山室堂ビジターセンターが見えてきた。見えているのは裏側です。

Adsc099520

白山室堂ビジターセンターの正面

Adsc099570

ガスの中を歩いて、服が濡れて体が寒くなったので、室堂ビジター内で着替えた。

寒いのでカッパも着た。カッパのズボンを履く時に変な体勢だったのか、

足の太ももをつってしまった

体が寒いので、暖かい軽食を食べることにした。

軽食が11時からだったので、30分待った。

Adsc099530

Adsc099550

カレーライスを食べた。温かくて美味しかった。

Adsc099540

天気は回復しないが、白山頂上の御前峰に向かった。

Adsc099580

富士山・立山・白山が日本の三名山と書いてある。

ここが、全国にある白山神社の総根元社です。

Adsc099590

風が強くて、ナナカマドの葉は落ちていた。

Adsc099630

御前峰はガスの中です。

頂上は風が強くて、数分しか居られない。体感温度は零度近い。

Adsc099610

Adsc099620

白山室堂ビジターセンターの受付所に戻ってきた。

宿泊しようか迷って、下山することにした。

Adsc099640

Adsc099650_2

Adsc099670

白水湖に陽が当たっている。

Adsc099710

Adsc099720

無事に登山口に到着した

Adsc099750

帰りの温泉は、道の駅「飛騨白川」の隣にある、しらみずの湯に入った。

肌に優しいお湯で、気持ちが良かった。

http://www.bea.hi-ho.ne.jp/omizu/sirami.htm

Adsc099770

今回は冷やしたぬきそばを食べた。

Adsc099790

帰りの車の運転は、登山の疲れと睡眠不足から辛いものがあった

途中、睡魔が来たので道の駅で小休止した。(家に帰るまでが登山だから)

睡眠不足から、足をつったりするので十分な睡眠が必要だと思った。

後は、日頃のストレッチも必要だ。(毎日寝る前にストレッチしよう

紅葉見物は体力が無ければ、大倉山往復でも楽しめます。

5年前の、10月13日に大倉山まで登った記事です。時間があったら見てください。http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_a36f.html

4年前の夏の記事http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_3c98.html2年前の夏の記事http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-10cc.html

今日の新聞には、7日に乗鞍岳(3026m)で今季初冠雪の記事があった。

白山は2700mで少し低いが、寒かった訳だ。

今日の8日は天気が良いので山に行きたいけど、洗濯をしたりPhoto_2ブログを書いているので行っていませんPhoto

昼から岐阜国体ソフトボール成人男子の決勝を見に行ってきた。岐阜×群馬で1-6で惜しくも優勝を逃した。岐阜チームは羽島市を拠点に活動するクラブチーム「岐阜エコデンSC」のメンバーで構成された県チームです。来年の東京国体で日本一を目指して欲しい。

今度の土曜日(13日)は皆で福井県の部子山に行く予定です。

毎回、最後まで見て頂きありがとうございますPhoto_3

| コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »