« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

常念岳

9月22・23日と天気が良いと思って山に行ったのですが、

23日は朝から雨でした

22日に常念岳(じょうねんだけ)2857mに登れたので良かった

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

常念岳は、安曇野から冬は雪のピラミット、春、夏は緑の三角定規に見えて、

北アルプスの山々の中でも、美しい形の山です。

また、ファミリー登山のメッカとして、登山者から愛されている山です。

コースタイム

22日

3:15羽島IC → 6:00豊科IC → 6:28一ノ沢駐車場6:46 → 

7:16登山口7:28 → 7:43山の神 → 8:36王滝 → 9:39笠原沢  → 

10:19胸突八丁 → 10:41最後の水場10:51 → 11:43常念乗越12:11 → 

12:12常念小屋12:32 → 14:02常念岳頂上14:49 → 16:00常念小屋

23日

6:30常念小屋 → 10:30一ノ沢駐車場 → 

10:50安曇野温泉(ほりでーゆー)12:50 → 13:00豊科IC → 16:00羽島IC

Abdsc096720

長野自動車道の豊科IC(来月7日から名前が安曇野ICに変わります)を下りて、

常念岳の一ノ沢駐車場に向かう途中、三角形の常念岳が見える。

Abdsc096760

登山者用の駐車場です。一ノ沢登山口より、1、3kmぐらい手前です。

Adsc096800

Adsc096810_2

ここが、1、1km手前の駐車場です。(満車です)

Adsc096830

車道を歩きます。山に雲が出てきた。

Adsc096840

一ノ沢林道の終点

タクシーならここまで来れます。

Adsc096850

Adsc096860

ここで登山届けを書いた。

右で登山届けを書いている3人のグループと、常念小屋で相部屋になった。

偶然の写したものでしたが、何か縁があったのかと 

ブログを書いていて思った

Bdsc096870

おじさんに、登山者カードを渡した。

Adsc096880

さぁ出発

Adsc096890

トチの老木の下に、祠があります。帰りに通ったら、トチの実が落ちていた。

Adsc096910

Adsc096920

最初は歩きやすい道です。

Adsc096940

大滝ですが、滝が何処にあるか分からなかった。

ガイド本では、王滝ですが どちらが正しいのだろうか

Adsc096960

アザミの花

Adsc096980

食べれないキノコだと思う

Adsc096990

Adsc097000

岩が大きくなってきた。

Adsc097010

沢を横切ります。登山道は一ノ沢に沿って登っていきます。

Adsc097020

Adsc097030

笠原沢を渡ります。

Adsc097050

Adsc097060

山はガスの中です。

Adsc097070

一ノ沢を登っていきます。

Adsc097100

Adsc097120

Adsc097130

Adsc097150

胸突八丁から沢に沿って山の中腹を行きます。

Adsc097180

トリカブトの花

Adsc097210

春の花、イワカガミの花がまだ咲いていた。

Adsc097220

Adsc097230

秋の花、リンドウです。近くの赤い実は、イチゴのなかまです。

Adsc097270

Adsc097290

最後の水場のある一ノ沢です。

Adsc097300

Adsc097320

Adsc097340

Adsc097360

冷たくて、おいしい水です。

Adsc097350

常念岳が見えてきました

Adsc097380

Adsc097440

Adsc097460

常念乗越(じょうねんのっこし)に着いた

正面に槍ヶ岳が見えました

Adsc097500

常念岳です。頂上は見えている所よりもっと奥です。

Adsc097510

Adsc097530

Adsc097570

が、風でこちらに来ません。

Adsc097580

絶景です

Adsc097600

ここで、昼食にした。

Adsc097620

Adsc097630

Adsc097640

テント場です。こんな事もやってみたいなぁ

Adsc097650

Adsc097670

常念小屋のHPですhttp://www.mt-jonen.com/

常念小屋で宿泊の手続きをした。

予約した・・・ですと言っても、確認することもない。

山小屋は予約に関係なく、来た人全員を泊めさせて貰えるようだ。

混んだ時は、「収容人数300人のところを、600人泊まった」と

今朝、一ノ沢登山口の管理人さんが話してくれた

一枚の布団に2人寝ることになる。(布団は一畳の大きさです)

空いていても、混んでいても料金は同じなら、

空いている平日に泊まりたい。いっそテントの方が良いかも

我々が通された部屋は6畳間でした。

「6人の予定だが、混んでくと8人になります」と言われた。

Adsc097680

この部屋は、二階なので槍ヶ岳が見えた。

Adsc097690

リックを置いて、常念岳頂上へ

松井さんは、少し高山病の症状が出て、頭痛で辛そうだった。

「寝不足だから」と言っていた。なので頂上にゆっくり登った。

Adsc097710

Adsc097720

Adsc097750

Adsc097770

Adsc097780

Adsc097820

Adsc097850

Adsc097870

常念乗越から見えていた所です。頂上はもっと奥です。

Adsc097920

松井さんの歩くペースが落ちた。

先を行く安藤さんは心配して松井さんを見ている。

Adsc097940

常念岳頂上で大満足の安藤さん

Adsc097970

Bdsc097960 

頂上は狭い。

Adsc097980

Adsc098000

Adsc098040

彼女の様な人が、登山女子と言うのだろう。(一人でテント泊まりの人です)

Adsc098050

Adsc098060

Adsc098080

Abdsc098130

Adsc098200

Adsc098180

Adsc098190

下山途中に突然、雷鳥が道を横切った。大きさは鳩より大きい。

Adsc098250

Adsc098260

腹が白くなってきていた。

Adsc098290

2匹ですが、分かりますか

Adsc098300

3匹いました(写真での中に)。写っていませんが、4匹いました。

Adsc098320

風が強くて、木が傾いている。  ここは風の通り道なのです。

Adsc098370

午後5時、晩御飯です。

Adsc098380

メインはローストポークです。美味しかった

Adsc098400

6人で泊まれた。3人グループの人は良いでした。

色々と話をした。(個人情報なので書けませんが

我々の子供より若く、好青年と美女でした。

若いって いいなぁ  (我々3人とも思った

Adsc098410_2

9月23日

翌朝、「ドシャ降りの雨」と登山者の声が聞こえた。

予定では、こんなんじゃなかったのに

日の出が見れなくて、残念でした

朝飯は、5時からでしたが、我々は2回目の5時半から食べた。

Adsc098420

Adsc098450

下山は、カメラをリックに入れていたので写真はありません。

小屋を6時半に出て、駐車場に10時半に着いた。

帰りの温泉は、安曇野蝶ヶ岳温泉 ほりでーゆー 四季の郷に入った。

http://www.holiday-you.co.jp/

Adsc098551

ロービの写真です。常念岳の名前の由来になった、常念坊の雪渓です。

Abdsc098460

Adsc098480

お昼は、ほりでーゆーのレストランでざるそばを食べた。

安曇野のそば  美味しかった

私は、大盛りです。大盛りは並の五割増だが、ここの大盛りは二倍でした。

並盛りは600円、大盛りは900円です。

安曇野と言えば、そば、わさび、温泉、常念岳だろうなぁと思って食べた。

Adsc098500

13時豊科ICに入り、羽島ICに16時に着いた。

走行距離480km 高速料金往復5100円

松井さんのお陰で遠くの山に登れます。ありがとうございます。

坂さん、なべさん、さっちゃん  今度一緒に行きましょうね

最後まで、見て頂きありがとうございました。

急いで

| コメント (0)

2012年9月21日 (金)

明日の登山届け(^^;

登山届け

9月22日、23日と、常念岳(じょうねんだけ)2857mに登ってきます。

常念小屋に泊りまり、蝶ヶ岳までは行かずに、常念岳の往復です。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

Bdsc096720_2

帰りましたら、報告します。

20日の中日新聞で気になる記事が載っていた。

山ガールが登山女子に成長している記事です。

可愛い山ガールから、本格登山をする女性が増えているようです

これです

Bdsc096730_2

9月18日に誕生日を迎え、59歳になりました。

娘や孫から、Photoお祝いの電話やメールMail1を貰った。

孫はかわいいなぁPhoto_3

| コメント (0)

2012年9月16日 (日)

伊吹山

9月16日(日曜日)

16日大型で非常に強い台風16号が沖縄を直撃してきた

天気が良かったら、遠くに行きたかったが

近くの伊吹山にまた登ってきました

伊吹山(1377m)は、9合目まで車で登れるので観光客が多い。

苦労して登って頂上に着いても、楽して登ってきた観光客が多いと、

感動が半減する思っていたが、比べていた自分が小さいと思った。

頂上まで誰でもが登れる訳では無い。自分で言うのはおかしいが、

登れるのは、体力や根性がある人だけだから。

登山者同士が「こんにちは」と挨拶する習慣は、同じ仲間だと思うからだろう。

今日のコースタイム

登山口8:40  →  11:10頂上11:25  →  13:30登山口  → 

13:45伊吹野そば・道の駅15:00  →  15:25泉神社湧水15:35

天気は良いのだが、伊吹山の頂上は雲の中です。

Adsc095180

前回駐車した家は満車だったので、別の駐車場に止めて出発した。

もう帰ってくる登山者がいた。頂上で日の出を見た人だろうか

Adsc095200

まだ小学校に行ってない子が頑張って登っていた。頑張れ

写真では、なだらかな斜面に見えるが、急です

Adsc095240

Adsc095290

Adsc095250

Adsc095300

今日の岐阜の最高気温は32度あり、秋とは思えない残暑でした。

でも伊吹山は風があり、体温を下げてくれた。

Adsc095400

三合目からの景色です。ススキで秋を感じる。

Adsc095510

頂上は雲の中です。

Adsc095560

秋の花  テンニンソウ(天人草)〈シソ科〉

Adsc095640

Adsc095670

11時10分頂上に着いた。2時間30分で着いた。

ガスの中です

Adsc095710

Adsc095790

Adsc095720

日本武尊(やまとたけるのみこと)   にほんぶそんでないです

Adsc095760

風が強いのが、少女たちの髪が跳ねているで分かるでしょう。

Adsc095730

サラシナショウマ(晒菜升麻)〈キンポウゲ科〉

Adsc095840

イブキトリカブト(伊吹鳥兜)〈キンポウゲ科〉

Adsc095870

頂上はガスで寒いので15分で帰った。

6合目から頂上を見るが、雲の中です。

Adsc095980

雲の切れ間から、太陽が出るが上には厚い雲がある。

正面の高い山は、霊仙山です。

Adsc096000

三合目から振り返る

Adsc096050

ススキは、いろんな色がある。

Adsc096070

正面に琵琶湖が見えます。

Adsc096100

13時30分 登山口に着いた。2時間5分で下りた。

Adsc096170

そばの花と伊吹山

Adsc096320

Adsc096330

前から来たかったお店(伊吹野そば)の駐車場から伊吹山を見る。

http://www.biwako-visitors.jp/search/spot_svnr_14832.html

Adsc096260

入口

Adsc096250

行列の出来るお店です。

30人以上並んでいた。帰ろうかと迷ったが、並んで待った

待つこと40分、店員さんから呼ばれた。

Adsc096190

中の様子です。  左の奥に座敷があります。

Adsc096220

おすすめを聞くと、「おろしそば」との返事

私は、おろしそばの大盛りを注文した。

Adsc096200

待つこと20分、やっときた。並んでから1時間だ。

食べ方は、周りの人を真似した。おろしとネギを乗せて汁をかけて食べた。

Adsc096240

隣の道の駅で、今荘ぶどうを買った。

次に、家に帰る途中に寄り道をして、泉神社の湧水を頂いた。

Adsc096400

Adsc096350

Adsc096430

Adsc096410

Adsc096380

Adsc096360

伊吹山の麓は水が美味しいので、お米も美味しいだろう。

Adsc096450

家に帰る途中、外の温度は30度あった。

Adsc096470

夏の雲  もこもこ

Adsc096480

伊吹山の花は8月に登った時と違い、秋の花に変わっていた。

今回はガスで気に入った花の写真は撮れなかったが、山は楽しい

「伊吹野そば」と「泉神社湧水」の場所から、伊吹山のパワーを貰った気分です

明日は、敬老の日なので、おばあさんに今荘ぶどうを待って様子を見に行こう。

| コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

千両山・富士見台

9月2日(日曜日)

 

今日の山は、恵那山近くの富士見台(ふじみだい)です。

 

富士見台は、中央自動車道の恵那山トンネルの真上にあります。

 

松井さんが、女の人の為にのんびり歩く山登りという事で選んだ山です。

 

メンバーは3人(松井さん、なべさん、私)

 

さっちゃん、安藤さんは都合が悪く、坂さんは風邪の為、欠席でした。

 

なべさんは、6月の天狗堂以来の参加です。

 

なべさんが参加しなかったら、今日は中止でした。(なべさん、参加ありがとう)

 

 

今日のコース

 

6:45羽島IC → 7:45中津川IC →  8:50神坂峠(駐車場)8:55 →  

 

9:23千両山9:27→  9:52神坂峠 →  10:50富士見台11:43→  

 

12:15萬岳荘12:20 → 13:30神坂峠(駐車場) →  14:32中津川IC →  

 

15:32羽島IC

 

中津川IC手前、恵那山が見えるが、雲が多い。(晴れて欲しい

 

Adsc093420_2

 

中津川ICから国道19号を進み、コンビニ(COCO)でおにぎりを買った。

 

沖田の信号で右折すると、サークルKがあります。(最後のコンビニです)

 

アリゾート湯舟沢を通り越し 案内看板に従って右折して橋を渡る。

 

今日は、地元の人が草刈機で草刈をしていた。

 

樹林帯に入り舗装されているけどすれ違いが難しい狭い林道になる。 

 

強清水(こわしみず)の登山口で湧水を汲んでいる人がいた。

 

ピンボケだったのでアップは無しです。

 

 

 

No

 

 

 

ここを登っていくと神坂峠に着く。

 

Adsc093500

 

外気温度は20度をぐらいで、涼しいと言うより少し寒い。

 

Adsc093600

 

神坂峠の登山者用の駐車場

 

Adsc093620_2

 

Adsc093630

 

恵那山に向かう。 見えているのは中津川の街

 

Adsc093670_2

 

最初のピークの千両山に着いた。正面に見えるのが恵那山。

 

ここに、千両山の名前が無いけど、ここだと思う。

 

Adsc093790_2

 

記念撮影をした。ここから恵那山までは6km(5時間)です。

 

Adsc093810_2

 

Adsc093820

 

目的地の千両山に来たので、車のある神坂峠に戻った。

 

Adsc093830_2

 

つるりんどう?

 

Adsc093850_2

 

トリカブト

 

Adsc093880_2

 

峠が見えてきた。

 

Adsc093920_2

 

左に行くと、

 

Adsc093940_2

 

富士見台登山道がある。

 

Adsc093950_2

 

Adsc093960_2

 

Adsc093980_2

 

Adsc094010_2

 

振り返ると、さっき登った千両山が見える。

 

Adsc094000

 

Adsc094030_2

 

笹の巻き道を進む。

 

Adsc094040_2

 

なべさんが見ているのは、

 

Adsc094050_2

 

車で登ってきた方面(左の方が中津川市)

 

Adsc094060_2

 

笹で足元が分からない

 

Adsc094100_2

 

Adsc094120_2

 

萬岳荘から富士見台に向かう広い道に合流した。下の方に見えるのが萬岳荘

 

Adsc094130

 

なぜ、こんなに広い道なのか分からない

 

Adsc094150_2

 

後ろを振り返る。 黄色のラインを歩いてきた。

 

Adsc094170

 

右の高い所が、富士見台です。

 

Adsc094200_2

 

Adsc094210_2

 

Adsc094220_2

 

Adsc094270_2

 

景色がいい

 

Adsc094300

 

Adsc094330_2

 

Adsc094340

 

松井さん  頂上に居るみたい

 

Adsc094370_2

 

富士見台の頂上に着いた。

 

Adsc094400_2

 

Adsc094440_2

 

Adsc094460

 

南沢山の方

 

Adsc094420

 

中津川方面

 

Adsc094430

 

多くの山の名前が書いてあるが、富士山の名前は無い

 

富士見台の名前から富士山が見える気がするが・・・

 

富士見台 → 富士見たい

 

富士山は、南アルプスの赤石岳の後ろ当たりの方角だが、

 

赤石岳が高すぎるからだろうな

 

Adsc094550

 

Adsc094560

 

頂上より少し戻った場所でランチにした。

 

Adsc094510

 

Adsc09447

 

Adsc094540

 

雲が出てきた。

 

Adsc094520

 

登って来た神坂峠方面

 

Adsc094450

 

これより、下山

 

Adsc094600

 

恵那山の右半分が雲の中に隠れた。雲が下から湧き上がってくる感じ。

 

Adsc094610

 

神坂小屋です。 奥にきれいなトイレがあります。使用料百円です。

 

Adsc094640

 

Adsc094620

 

Adsc094670

 

Adsc094700

 

萬岳荘に向かう

 

Adsc094730

 

らせん状に咲いている花  (名前は分からない)

 

Adsc094760

 

萬岳荘に着いた。

 

Adsc094770

 

Adsc094780

 

凄い人だ

 

Adsc094790

 

Adsc094800

 

神坂峠に行く道が分からなくなって、また戻った。

 

Adsc094820

 

Adsc094830

 

Adsc094840

 

道を間違え、×の所で引き返した。

 

C

 

再び萬岳荘に向かう。

 

Adsc094860

 

Adsc094880

 

萬岳荘が見えてきた。

 

Adsc094890

 

萬岳荘です。 

 

このバスは、ヘブンス園原のゴンドラ降り場と萬岳荘をピストンしています。

 

Adsc094910

 

Adsc094930

 

車道を歩き、10分で駐車場に着いた。

 

富士見台は、笹原の美しさが心に残った楽な山でした。 

 

これでは脂肪が燃焼しないなぁ

 

今日は風呂なしで帰ることにした。

 

中津川市の栗きんとんで有名な、川上屋さんで買い物している人が多い。

 

甘いもの(栗きんとん)を食べたいなぁ

 

Adsc094950

 

 

 

高速の小牧から一宮まで凄い雨が降ってきた。

 

でも、羽島は降っていないようだった。

 

松井さんは、畑に水が欲しかった。

 

なぜなら、帰ったら畑に白菜とにんじんの種を蒔くと言っていた。

 

今日の走行距離225km 高速料金往復で2400円でした。

 

8月25日の田立の滝と全く同じ距離でした。

 

松井さん、ありがとうございました。

| コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »