« 火打山(ひうちやま)・妙高山(みょうこうさん) | トップページ | 大日ヶ岳 »

2012年7月31日 (火)

火打山・妙高山の二日目

7月29日(日曜日)

山小屋の朝は早いです。

早い人達は4時15分ぐらいから食べていた。

私達は、4時45分からでした。

クレープかナンのようなものに、ジャムを乗せて頂きました。

コーヒー、コンソメスープ、クレープはお代わりできました。

Adsc085290

出発の準備

Adsc085310

一階の食堂です。8人テーブルが5つあります。

Adsc085320

出発前の外の様子

Adsc085350

今日のコース

5:35黒沢池ヒュッテ → 6:00大倉乗越 → 6:42長助池分岐 → 

8:12妙高山(北峰)8:22 → 8:30妙高山(南峰)8:55 →  

9:05妙高山(北峰)9:40 →  10:50長助池分岐 →  11:45大倉乗越 →  

12:20黒沢池ヒュッテ12:30 →  黒沢池 → 13:35富士見平 →  

15:12黒沢橋15:17 → 16:15登山口 → 16:20駐車場 → 

17:10杉野沢温泉(苗名の湯)17:50 → 17:52食事(そば)18:15 → 

18:23妙高高原IC → 22:25羽島IC

Adsc087730

Adsc085380

マイズルソウ

Adsc085400

Adsc085410

ゴゼンタイバナ

Adsc085430

昨日の火打山です。

Adsc085450

大倉乗越(おおくらのっこし)に着いた。妙高山が初めて見てた

Adsc085510

今の時点では、何処が頂上か分らないが、帰りに分ります。

Adsc085480

下に長助池が見えます、そこまでは下りません。

Adsc085490

道は急な下りになります。そして山服を巻くようにして少しずつ下ります。

Adsc085540

長助池

Adsc085550

サンカヨウ

Adsc085610

背丈以上のイタドリです。

Adsc085650

ハクサンシャジンかヒメシャジン

Adsc085680

小さな雪渓を横切ります。

Adsc085700

下りきった場所が長助池分岐です。

Adsc085720

ここの雪渓を登ります。ここからが急登です。

Adsc085750

ハクサンチドリ

Adsc085770

火打山が見えます。

Adsc085790

Adsc085800

頂上(北峰)手前です。アザミの大きいオニアザミ

Adsc085890

妙高山の北峰です。

この登山者は、昨日、黒沢池ヒュッテに泊まった人達です。

この人達は、南峰に行き、燕温泉(つばめおんせん)に下りるコースです。

Adsc085950

安藤さん、ごきげんです

Adsc085960

昨日の火打山です。

Adsc085970

Adsc086010

Adsc0860800

団体さんが行ったら、静かです。

Adsc086060

紫の花は、テガタチドリ

Adsc086070

南峰に団体さんが見えます。

Adsc086050

私たちも、南峰に向った。途中の日本岩

Adsc086100

Adsc086090

南峰です。

Adsc086130

妙高大神が祀ってあります。 妙の字が欠けてありません

Adsc086230

おっと   安藤さんの行動は面白い。

何してるの?と聞いたら、「雲の動きを見ていた」でした。

Adsc086320

Adsc086310

南峰から北峰方面を見ています。

Adsc086240

Adsc086150

Adsc086300

タカネニガナ

Adsc086340

ヨツバシオガマ

Adsc086360

ヤマブキショウマ?

Adsc086170

北峰に戻る途中です。

Adsc086370_2

北峰に戻り、朝食を食べた。

黒沢池ヒュッテで弁当を作ってもらった。

おにぎりかと思ったら、温めたパックの赤飯と五目釜めしでした。

Adsc086410

食後のコーヒーは美味しかった。

Adsc086420

北峰の岩の上から、大倉乗越や登山道が見えた。

ここから見えるなら、向こうから見えるはずだ

Adsc086390

Adsc086380

最後にみんなで、三角点に触れて帰った。

Adsc086430

Adsc08644

ダケカンバの木

Adsc086470

タカネニガナ

Adsc086500

笹の中を通ります。

Adsc086520

長助池分岐に着いた。

Adsc086540

ミヤマカラマツ

Adsc086660

ミヤマキンポウゲ

Adsc086730

安藤さんのリックにアブが

Adsc086680

背中が顔に見える

Adsc086690

妙高山を振り返る。

Adsc086720

拡大すると、人が見える。 そこが北峰です。

Adsc086710 

大倉乗越(おおくらのっこし)に着いた。松井さんは疲れた顔です。

Adsc086750

サンカヨウの実

Adsc086830

エンレイソウの実

Adsc086700

黒沢池ヒュッテに戻った

Adsc086850

Adsc086860

これから、帰りです。

Adsc086900

Adsc086920

山小屋さん、昨日はありがとうございました。さようなら

Adsc086910

オオバミゾホオズキ

Adsc086960

黒沢池は広い

Adsc086980

Adsc087010

Adsc087030

Adsc087080

白い花は、ツマトリソウ

Adsc087120

モウセンゴケ

Adsc087110

モウセンゴケは食虫植物です。

Adsc087130

ワタスゲです。  昨日の天狗の庭より多い。

Adsc087170

Adsc087190

Adsc087210

クルマユリ

Adsc087240

Adsc087260

Adsc087270

Adsc087280

Adsc087320

右下はチングルマの花穂です。

Adsc087290

ハクサンチドリ

Adsc087330

ハクサンフウロ

Adsc087350

Adsc087390

コバイケソウ

Adsc087410

黒沢出合に着いた。

Adsc087460

Adsc087480

右の青年は、この水を飲んでいた。飲めるんだ

私も飲んでみた。氷水のように冷たくておいしい

Adsc087490

Adsc087500

登山口に着いた。

Adsc087560

駐車場の着いた。

Adsc087600

今日の風呂は、杉野沢温泉 苗名の湯(なえなのゆ)です。

昨日は風呂が無かったので、気持ちが良かった。

Adsc087640

直ぐ隣のそば屋さんで、ざるそばを食べた。(私は大盛です

Adsc087670

羽島ICに着いたのは、午後10時ぐらいでした。

走行距離、往復664km  高速料金往復 6900円でした。

今回の登山で色々な高山植物が見れました。

ワタスゲ、ハクサンコザクラの群生を見れて最高でした。

火打山・妙高山は遠い~と、思った

花の名前で間違いがあるかも知れません。

コメント待ってます。

最後まで見て頂き、ありがとうございましたPhoto

同じ日に、火打山・妙高山に登った人の、登山報告を見つけました。

Adsc08464

その時に私が、集合写真を撮りました。

私のカメラと同じだったので、よく覚えていました。

YST_noriさん(黄色の服の人)のヤマレコを見ていただくと、

また山の様子がよく分かります。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-211556.html

« 火打山(ひうちやま)・妙高山(みょうこうさん) | トップページ | 大日ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 火打山(ひうちやま)・妙高山(みょうこうさん) | トップページ | 大日ヶ岳 »