« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

夜叉ヶ池・三周ヶ岳

6月30日(土曜日)

今日は仕事の日でしたが、急に休みになった

しかし、手放しで休みを喜んでいられない

でも梅雨の中、貴重な晴れの休みは、山に行く絶好のチャンス。

夜叉ヶ池のニッコウキスゲを見に行こうと思いネットで調べたら、

岐阜県側は30日に山開きあると分った。行こう

8時20分 駐車場に着いた。すでに多くの車が止まっていた。

Adsc077690

ここで山開きの式が行なわれるようだ。

Adsc077710

この山は、禁止事項が多い。

それだけ、この山の自然が守られていることだ。(良いことだ

Adsc077720

ササユリが登山者を迎えてくれていた。

Adsc077820

写真の中央下に登山者が見えます。昇龍の滝あたり

Adsc077910

Adsc077930

Adsc077940

Adsc077960

横から見ると、二段の滝になっている。

Adsc077980

まだ雪渓が残っている。

Adsc078010

Adsc078030

Adsc078050

Adsc078130

Adsc078090

何気ない草のようで、見逃してしまう。何か分りますか

Adsc079120

これが、モウセンゴケです。

Adsc079090

Adsc079100

Adsc078230

ズームで見ると、葉には腺毛があり、小さな昆虫が捕らえられているのが分る。

モウセンゴケは、粘液のついた葉で虫を捕らえて養分を取る食虫植物です。

コケの仲間ではなく、花も咲きます。

Adsc0782300

夜叉壁の一面にニッコウキスゲが 咲いていた

和名は禅庭花(ゼンテイカ)です。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/monocotyledoneae/liliaceae/nikkoukisuge/nikkoukisuge.htm

Adsc078240

Adsc078241

県境稜線に着いた。今登って来た登山道が見える。こちらが岐阜県側です。

Adsc078320

県境稜線の北に夜叉ヶ池はあるので、ここは福井県です。

ライブカメラの場所に向かう。

Adsc078370

Adsc078430

これが、ライブカメラです。

http://park10.wakwak.com/~sakauchi/

Adsc078450

ここから、三周ヶ岳(さんしゅうがたけ)1292mが見える。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=7DAMQX77ARw

Adsc078460

登ってくる登山者。  見た目ほど危なくないです

Adsc078490

写真を撮る登山者。 私もいいカメラが欲しいなぁ

もっと良い写真を撮りたいと思うが、カメラの良し悪しの違いでなく、

それはテクニックの違いかもしれない

Adsc078530

Adsc078550

夜叉ヶ池の周りの木道より写す。

Adsc078620

Adsc078630

Adsc078640

Adsc078650

イモリ

Adsc078710

夜叉龍神社にお参りする。

Adsc078690

Adsc078680

白い泡の物が、モリアオガエルの卵

Adsc078670

Adsc078700

Adsc078660

三周ヶ岳に向う。

写真は先ほど登った、ライブカメラの山です。

Aadsc078740

夜叉ヶ池が稜線の右側にあります。

Adsc078750

Adsc078800

前に見える団体(総勢22人)が、金沢ハイキングクラブのみなさんです。

http://khc-web.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=607&comment_flag=1&block_id=44#_44

Adsc078860

ヤブコギを繰り返す。笹の葉のシャワーを前から浴びる感じです

三周ヶ岳が見えてきた。

Adsc078890

11時10分 三周ヶ岳(さんしゅうがたけ)1292mに着いた。

頂上は、山名のプレートも無く、6畳ぐらいの狭い場所です

無線のしているおじさん(本巣市の人)が居ただけ。

おじさんから、笠ヶ岳に何度も登られるた話を聞いた。

7月中(14,15,16)の連休は凄い人が山に来ると言っていた。

(私も、笠ヶ岳に登りたいなぁ

Adsc078900

無線のやり取りををしばらく聞いていた。これもまた面白い。

Adsc078910

夜叉ヶ池に戻るコース。

Adsc078970

三周ヶ岳の頂上より、途中のピークの方が展望がいい。

三周ヶ岳まで行くより、ここでランチが良いかも

Adsc078950

夜叉ヶ池に登山者が多くいた。今日の開山の式に参加した人達のようです。

7月1日の岐阜新聞ニュースより

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20120701/201207010843_17427.shtml

Adsc079040

Adsc079050

福井県側から登られた夫婦さん。

巻き寿司を一個貰った。知らない人と話すのも登山の楽しみだ。

福井県側はニッコウキスゲは咲いていないとの事でした。

Adsc079070

岐阜県側から登った尾根の場所です。ここも展望がいい。ランチをする登山者

Adsc079080

夜叉壁を登ってくる人達。 また女性を写してしまった

Adsc079170

外人さんも多い。 ここは国際的な山だ

Adsc079180

ここを登るのが大変でした

Adsc079200

サンカヨウ

Adsc07804

コアジサイ(ユキノシタ科)

Adsc079220

13時30分 駐車場に着いた。 

登山者の車がトイレがある所まで路駐してあった。(今日はすごい人だ

Adsc07925

帰り、夜叉ヶ池の里 さかうち道の駅に寄って食事をした。

14時半 遅めのランチです。

Adsc079290

Adsc079300

Adsc079270

Adsc079280

「地元の物を食べる」にこだわる私。

ダチョウの肉を食べた感想。

肉は鶏であることは味で分る。食感は赤みの牛肉のようで歯ごたえがある。

淡白の味で、脂身が無いのでヘルシーな感じだ

でも脂身が無いので、うまみが足りない感じがした。

Adsc079320

ダチョウが地元の物なのかと疑いたくなる人の為に、ダチョウ牧場に行った。

Adsc079340

Adsc079360

ダチョウの首は、キリンの首と違い、くねくねと動く。

異様な感じがする。まるで妖怪のようだ

Adsc079390

仕事が休みになった事で、行くことが出来た山でした

楽しい一日でした

夜叉ヶ池の伝説を簡単に説明すると、

日照りに困った郡司が、雨を降らせた返礼に池の龍神に娘を嫁がせた話です。

詳しいことを知りたい人は、

http://www.mirai.ne.jp/~godokita/yasya/ysgik00.html

| コメント (2)

2012年6月23日 (土)

天狗堂(てんぐどう)

6月23日(土曜日) 第4土曜日

メンバーは6人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、さっちゃん、私)

6人が揃うのは、2/11富幕山依頼です。

みんなが集まると辛いことを忘れ、笑顔が多く、楽しい

天狗堂(てんぐどう)の名前から、山が想像できない。

天狗堂を検索すると、最初に「つり具の天狗堂」が出てくる

今日の山は、鈴鹿のほぼ中央部、御池岳の南西にある天狗堂988mです。

今年の4月に御池岳に登った時、美しい富士形の山がありました。

それが天狗堂でした。(ボタンブチから見た景色)

Bdsc059050

Bdsc059090

今週は台風や梅雨前線の影響で大雨が降った。

土曜日は雨で中止になるかもと思っていたが、早く雨があがった。

鈴鹿で梅雨から夏に出てくる、嫌われ者を忘れていた。(後で出てきます)

君ヶ畑(きみがはた)に向う途中、道を間違えて時間がかかってしまった。

君ヶ畑バス停の手前にあった広場に、松井さんが地元の人に声を掛けて、

車を止めさせてもらった。

コースタイム

8:35君ヶ畑 → 8:50登山口 → 10:50天狗堂頂上12:05 → 13:50登山口

Adsc076520

Adsc076570

ここが、木地師発祥地と書いてあった。

木地師(きじし)とは、とち、ぶな、けやきなどの木を伐り(きり)、

お椀やお盆などの素地を作り出す職人さんです。

Adsc076590_2

展示館

Adsc076530

Adsc076540

Adsc076550

地元の人が「ヒルが多いから、気をつけて」と声を掛けてくれた。

みんな、ズボンの裾を靴下の中に入れ、坂さんが持って来てくれた

虫避けスプレーを掛けさせてもらった。

なべさん、さっちゃんはヒルを知らなかった。まだ余裕の笑顔だ。

Adsc076600

大皇器地祖神社(おおきみ きじそ じんじゃ)の参道

Adsc076610

惟喬親王(これたかしんのう)を祀っている神社です。

今から1,100年以上の昔(9世紀後半)、惟喬親王がこの地に隠棲した折、

轆轤(ろくろ)で木地を加工する技術を編み出したのが

木地師の始まりとされているそうです。

Adsc076640

神社の右に登山口があります。

Adsc076650

急な登りです。

Adsc076670

ヒルが人の気配をサッチして立っています。

Adsc076680

Adsc076690

私の靴に入ろうとしているヒル

Adsc076720

Adsc076730

木の間から、天狗堂が見えた。

Adsc076750

Adsc076780

なべさんは靴に付いたヒルに大騒ぎ

Adsc076790

目の前に、天狗堂が見えてきた。ここから岩が多くなってくる。

Adsc076810

Adsc076820

Adsc076830

梅雨に出てくる、ギンリョウソウ「銀竜草」です。

薄暗い林の中で銀色に輝くこの植物は、不思議な妖艶さだ。

Adsc076860

展望の良い、大岩に向う。

Adsc076900

大岩に登る

Adsc076920

岩の上は狭い

Adsc077010

Adsc077020

Adsc077070_2

天狗堂頂上の眺望

Adsc077100

Adsc077150

Adsc077160

Adsc077170

狭い頂上でランチ

Adsc077220

Adsc077240

この景色の感動している坂さん。  行った人しか味わえない感覚です

Adsc077340

Adsc077390

ここでも、笑顔が多い。 あっ私が顔が写っていない

Adsc077420

頂上に1時間15分居たが誰も来なかった。空は青空が見え出した。

Adsc077480

これより、下山

Adsc077530

岩尾谷登山口の道が不明瞭なので行くのを止めた。

Adsc077560

登ってきた道を戻った。

Adsc077570

帰りも多くのヒルに遭う。 落葉や根っこで滑りながら下りた。

Adsc077580

神社の横を下ります。

Adsc077600

登山口に戻った

Adsc077610

お茶の新芽がきれいな色です。

Adsc077620

駐車場に着いた。

Adsc077640

私のリックを下ろしたら、ヒルが1匹付いていた。転んだ時付いたのだ

Cdsc07767 Cdsc07766_2

ヒルを手に乗せて観察してみた。

触った感じは、サラットしていた。

触れると団子虫のようにまん丸になります。

しばらくすると直ぐ逃げ出します。直ぐ血を吸う事はなかった。

Cdsc07768

1年前、私がユウチュウブに初めて出した物です。

http://www.youtube.com/watch?v=JWco0aT8oV0

今回の天狗堂登山には誰にも会わなかった。

梅雨から夏までは、ヒルが多いのを知っているから、来ないのだ

頂上にはシャクナゲの木もあるので、春の時期か、秋の紅葉の時期に

行くのが良いでしょう。

天狗堂の名が昔からあったか分らない。

「鈴鹿の山と谷」(ナカニシヤ出版)の著者 西尾寿一さんは、

神とせず天狗とするところに木地師の里らしい発想のおもしろさを

感じられるとしている。

また君ヶ畑は歴史に興味がある人は、面白い場所だと思いました。

ぶらり山旅Webさんのブログを参考にさせて貰いました。

http://www.jalps.net/non/noborotai/n_page1/tengu.html

帰りは赤点線でないです。

Map101

| コメント (0)

2012年6月10日 (日)

瓢ヶ岳(ふくべがたけ)・片知山(かたちやま)

6月10日(日曜日)

朝起きたら、天気がいい。梅雨に入ったとは思えない。

今日の山は、岐阜県美濃市の瓢ヶ岳(ふくべがたけ)です。

この山は、最近は登っていなかったが、2,3回みんなで登っている。

ブログを書く以前の記録が無いので、何回登ったか忘れてしまった

松井さんや、坂さんは記録を残しているから分るだろうな

鵜飼い大橋で長良川を渡り、岐阜ファミリーパークの横を通り、

武儀川を渡ると天王山が見えてくる。もみじ谷を越すと板取川です。

板取川の橋の上から、あゆ釣りをしている人が見えた。

板取川は美濃市で長良川に合流する。写真の奥は美濃市方面

Adsc074940

Adsc074950

上流の板取方面です。ここでしばらく釣りを眺めていた。

水がきれいなので、鮎が見えるくらいです。

Adsc074970

Adsc074990

▼瓢ヶ岳の登山口までは、きれいなで整備された道です。

 ボルタリング受付所があるが、何だろうと思いながら車で通り過ぎる。

 後で分った事だが、瓢ヶ岳はボルダリング(岩登り)の名所となっていて、

 最近は登山者より圧倒的に岩登りの人が多いようだ。

 駐車場の車は多かったが、登山者に会わなかったのが分った。

 ここが登山口です。

Adsc075110

Adsc075100

▼下の赤ラインは、今日の歩いたコースです。

 上の図では、片知山(かたじやま)からの「ふくべの森公園」までの道が無い。

 ガイド本には、片知山(かたちやま)だが、上は(かたじやま)だ。

 骨ヶ平が松尾平に変わっている。骨ヶ平は鬼の首を埋めたと言われる場所です。

 怖いイメージなので名前を変えられたのかも。

Adsc075670

▼これから、瓢ヶ岳に向います。

Adsc075130

▼石の階段です。高賀山もこんな感じだ。

Adsc075140

▼沢を渡ります。洪水の時は渡れない場所です。

Adsc075150

▼案内の柱が立っているので、迷うことはない。

Adsc075170

Adsc075180

▼骨ヶ平に着いた。

Adsc075190

▼ ←奥瓢ヶ岳・瓢ヶ岳→ の分岐です。

Adsc075200

▼瓢ヶ岳頂上に着きました。

Adsc075210

▼北に高賀山が見えます。

Adsc075240

▼高い山が雲の中なので、はっきりした方角が分りません。

Adsc075260

▼頂上でラーメンを食べていた登山者

Adsc075270

▼奥瓢ヶ岳は、いったん下がって、また登った道の通過点にすぎない。

Adsc075290

Adsc075280

▼大きな岩の上に乗って、南側を見ています。

 晴れていたら、名古屋のツインタワーが見えます。

Adsc075320

▼南西方面です。金華山が百々ヶ峰の後ろに少し見えます。

Adsc075340

▼骨ヶ平に戻った。鬼の首を埋めたと言われている場所です。

Adsc075400

▼ギンリュウソウがあった。キノコのようだが、葉緑素を持たない植物です。

 ギンリュウソウは、別名ユウレイタケとも言われます。http://homepage2.nifty.com/hanapapa/ginryosou.htm

 鬼の首とギンリュウソウとは  関係ないですからね

Adsc075370

Adsc075380

▼見晴台に向う。ここの道が今日の一番の難所でした

 肩ほどの笹をかき分けて進む、ヤブコギの登りでした。

 高いの笹は背丈を越えていた。人があまり入らない道だ。

 振り向くと、瓢ヶ岳が見えたが、登るのに必死で写真を撮る余裕がない。

 ピンクの花は、ウツギです。

Adsc075410

▼見晴台に着いたが、何も見晴らせない

Adsc075430

▼見晴台、ここが南岳1086mだと思う。

Adsc075440

▼片知山に向う。尾根道の笹は、膝から腰までの高さなので歩きやすい。

 でも、人が歩いた跡がうすい。

 片知山には「反射板は、今は無い」と書いてありました。

Adsc07546

▼地図がありました。上の写真の位置です

Adsc075470

▼片知山の頂上手前は、急登でした。頂上は眺望はなかった

Adsc075480

▼少し戻って、テープを頼り下りた。

Adsc075520

▼この道も人の気配がない。熊が出て来てもおかしくない寂しい道でした。

 そんな事はないが、用心に鈴をリックに着けて歩いた。

 おお、動く黒い動物だ。カモシカでした。

 カモシカはおとなしいので、直ぐに逃げることはない。

 私と目を合わせて、ジーッとしていたが、近づくと離れて行った。

 鈴を付けていなかったら、もっと近くで見れたのに残念でした。

 写真は後ろ姿です。お尻が写っています。

Adsc075540

▼苔生す場所です。

Adsc075550

Adsc075560

▼林道に出た。

Adsc075580

▼少し歩いたら、車道に出た。

Adsc075600

▼駐車場から、片知山が見えます。写真の左奥が瓢ヶ岳ですが、見えていません。

 瓢ヶ岳へは、登山道がはっきりして迷うことはないので、お勧めです。

 頂上からの眺望も良いです

 片知山はあまりお勧め出来ません。(行くだけの魅力がありません

Adsc075610

▼帰り、道の駅「むげ川」に寄った。

Adsc075630

▼6月1日があゆ釣の解禁日でした。料金は日釣りで2500円です。

 おとりの鮎が3匹1000円ぐらいだから、3500円分の鮎を釣らなくては、

 元は取れない。でも、釣る楽しみはお金じゃないですよね。

Adsc075640

▼今日の食事です。道の駅で買って、外で食べた。

 五目ごはんのようですが、何だか分りますか?

 これは、つくしご飯です。この食べ方は初めてでした。(美味しかった。)

 山では、菓子パンとバナナを食べただけです。

 遠くに出かけた時は、その土地の物を頂くようにしている。(私なりの風水)

 これで、私の胃袋もパワーを貰った。

Adsc075660

最後に、瓢の字ですが、字を分解すると、票(ひょう)と瓜(うり)になります。

票は、揺れ動くの意味があります。揺れ動くウリで、瓢箪(ひょうたん)です。

「ふくべ」を調べると、

ユウガオの変種。果肉から干瓢(かんぴょう)を作る。

また、熟果の外果皮で炭入れ・盆・花器などを作る。ひさご。

なぜ、瓢ヶ岳と言うのかは、山の形から来たものか、

ユウガオやひさごに関係したのか分りませんでした

| コメント (0)

2012年6月 9日 (土)

なばなの里(あじさい・花しょうぶまつり)

6月9日(土曜日)

第2土曜日は皆で行く登山の日でしたが、金曜日の午後から雨が降り出して、

東海地方が梅雨に入った。

土曜日の天気予報を見て、登山は中止になった。(予定は、箱館山でした。)

先月、樽見鉄道を活性化するグループから、

私のブログの記事、妙法ヶ岳(華厳寺から横蔵寺)と谷汲ゆり園http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-63e0.html

を載せさせて欲しいと要望がありました。

この記事は、1年前の平成23年6月12日の日記です。

了解したものの、これからのブログをどの様に書いていこうか迷いました。

上手く書かなくては、女の人の写真を撮ってはダメかとも考えていました。

考えた末に出た答えは、私が思うほど人は見ていないし、

期待もしていない ならば、気楽に書こう 自分らしく

私のブログを「アルバム」だと思えば、好きな写真を載せて、

歳を取ってから、「アルバム」を見直したら、思い出が甦る

感動をして貰える写真を撮ろうと思っていたのが、それは自信過剰から来る

言葉だと思うようになりました。自分が感動した写真でいいのだと

その時、その時の記録が自分なのですから

さて、ブログに戻ります。

土曜日の午前中は小雨が降っていたが、

午後から回復するようだったので、花の写真を撮りに行こうと出かけた。

行き先は、長島の「なばなの里」で、あじさいと花しょうぶです。

なばなの里に着いたのは、午後1時少し前でした。

午後1時から、「三重テレビとってもワクドキ!」の公開録画がありました。

Adsc072630

立川俊之さん 知らないなぁ   みなさん知っていますか

Adsc072650

Adsc072660

Adsc072670_2

放送は、6月14日(木)です。

一番前に居たので、私がテレビに映っているかもしれない

でも三重テレビが私の家では映らない

立川さんと目が合っている

Adsc072690

花ひろばに行く。

Adsc072730_2

光のトンネルの場所で、あじさいの鉢植えが並んでいた。

入り口の、ピンクの花は「ダンスパーティー」です。

一番初めに置いてあるのは、一番きれいなのだろう。

色がきれいでした

Adsc073740

ダンスパーティー  ピンク

Adsc072740

マイクジャック

Adsc072750_2

その他、色々のあじさいが並んでいました。

Adsc072770

Bdsc072870

Bdsc072940

Bdsc072990

Bdsc073000

Bdsc073010

Bdsc072970

Bdsc073220

Bdsc073250

Bdsc073130

Bdsc072830

Bdsc072780

Bdsc072800

Bdsc073150

Bdsc073260

Bdsc072880

Bdsc072850

Bdsc073020

Bdsc073160

Bdsc072790

Bdsc073100

花ひろばのあじさい。

Adsc073310

Adsc073330

Adsc073390

Adsc073420

Adsc073550

CBCのラジオ生放送をしてました。

Adsc073590

Adsc073600

この花が、原種の野花菖蒲(のはなしょうぶ)です。

品種改良をされ、多くの品種出来ている。花菖蒲のルーツなのです。

Adsc073640

花菖蒲は、約800年前に栽培がはじまったといわれています。

江戸系・伊勢系・肥後系の三種類に、大きく分類されている。

http://hsm.on.coocan.jp/syobu.htm 詳しいことが分ります。

Adsc073340

Adsc073570 

Adsc073460

Bdsc073360

Bdsc073400

Bdsc073430

Bdsc073500

Bdsc073580

Bdsc073630

Bdsc074370 

店で、「ダンスパーティー」を1000円で売っていた。買いたいが植える場所がない。

Adsc074510_2

ベゴニア館です。年中この景色が見られるのは、すごい

Adsc073780

Adsc073790

Adsc073800

Adsc073820

Adsc073860

Adsc073880

Adsc073900

Adsc073930

Adsc073940

Adsc073950

Adsc073970

温室から出た、バラ園です。

Adsc074070

Adsc074100

ラベンダー

Adsc074060

再び、ベゴニア館です。

Adsc074120

Adsc074150

次は、夜のホタルまつりです。

昨夜は577匹、ホタルがいたと書いてあったが、どうやって数えたのだろう

Adsc074230

Adsc074210

Adsc074530

Adsc074540

ホタルの数より、見物客の方が多い

ホタルを写すのは難しい

Adsc074600

Adsc074920

ホタルよりこちらがきれいだ

Adsc074790

Adsc074770

ブログに対しての、意見がありましたら、コメントください。

批判やお叱りのコメントも謙虚に受けます。但し名前は書いてください。

名前無しで、中傷するコメントだけは止めてください。

| コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »