« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

バラまつり(花フェスタ記念公園)

5月27日(日曜日)

岐阜県可児市にある、花フェスタ記念公園のバラを見てきました。

約7000品種 3万株のスケールは日本一です。

園内中に、バラの甘い香りが漂っていました。

詳しく知りたい人は、http://www.hanafes.jp/hanafes/ を見てください。

あまり多くて、バラの名前の説明はありません。

写真を見て、雰囲気を感じて貰えれば嬉しいです。

入り口は、西ゲートと東ゲートがあります。

西ゲートが正門でしょが、私は東ゲートから入った。

駐車場料金が、無料なのは良い

Adsc069630

バラまつり期間中は入場料が1000円だが、それ以上の価値があった。

ここでチケットを買った。きれいなお姉さんです

きれいな人を見ると、カメラを向けてしまう

Adsc069640

Adsc069650

園内バスのロードトレイン ポッポです。東西ゲート間を走ります。

Adsc069660

見えるのが、花のタワーです。混んでいたので今回は行っていません。

Adsc069670

バラのいい香りがしています。

Adsc069680

マリーゴールドの花壇

Adsc069940

シャーレーポピーが斜面に咲いていた。

Adsc069960

世界のバラ園の入り口です。

Adsc069961

Adsc069962

広い~

Adsc069963

ぎふ清流国体 2012 と文字の花壇です。

Adsc069964

Adsc070020

Adsc070050

Adsc070080

Adsc070100

Adsc070101

Adsc070102

上の場所を裏から見ています。

Adsc070103

Adsc070120

Adsc070130

Adsc070160

Adsc070180

ドームの中より

Adsc070181

Adsc070190

Adsc070191

唯一アップの写真です。

Adsc070192

ホワイトローズガーデン

Adsc070270

Adsc070280

Adsc070290

Adsc070291

Adsc070292

Adsc070293

Adsc070295

展望デッキよりの眺めです。 バラは近くで見た方がきれいです。

Adsc070390_2

Adsc070400

Adsc070401

Adsc070402

下りて写真を撮った。

Adsc070420

Adsc070430

Adsc070460

落ちたバラの花弁を拾う少女がいた。

私の孫もこの子ぐらいだが、娘そっくりだ

25年前にタイムスリップしたような感じだ

大きくなっても、何処へでも付いて来てくれたなぁ (ありがとうね

Adsc070470

Adsc070490

Adsc070500

Adsc070510

Adsc070530

西ゲートから入った場所です。何の絵か分りますか

Adsc070620

上の花壇の元図です

Adsc070630

Adsc070640

Adsc070660

Adsc070661_2

Adsc070680

Adsc070690_2

ベリーダンスの時間になった

Adsc070750

お~  きれい~  ここにも花が咲いていました。

べりーダンスは良い Very good.ベリーグッド (これで名前を覚えましたね

Adsc070771

Adsc070780

Adsc070800

Adsc070810

Adsc070820

Adsc070830

Adsc070840

Adsc070850

Adsc070860

Adsc070870

Adsc070880

ショーが終わって、先生の挨拶です。ユーチュウブで見てくだい。https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=vhPe1TgeCvs

下の写真は、ショーを終えての記念撮影を、横から写しています。

私の娘は、怒るだろうか

Adsc070950

Adsc071020

Adsc071080

岐阜のダンススクール「BeBrave」の生徒さん達でした。

みなさん、輝いていました。中でもこのAdsc071110_5人は、何か魅力を感じました。

この中からインストラクターが生まれ、ベリーダンスのブーム来ると思いました。

日本の元気は、女性から

.

BeBraveさんのHPより抜粋しました。

ベリーダンスとは、「 belly (腹) dance 」または「オリエンタルダンス」という意味が

あります。元々は古代豊穣神崇拝に関係しており、祝いの場や特別な行事の時に

踊られ、女性に受け継がれてきました。

ベリーダンスは美しくエキゾチックで創造性に富み、

女性ひとりひとりが本来もっている豊かな個性が輝く踊りです。

.

個人的な感想です。

日本の神話で、天照大御神が岩戸に隠れになられた時、

女の人がおどった踊りもこの様なものでなかったのかな

http://www.tama-onsen.jp/himekamishinwa/shinwa03.html

| コメント (0)

2012年5月26日 (土)

日本コバ

5月26日(土曜日)

今日の山は、滋賀県の日本コバ934mです。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

坂さん、なべさん、さっちゃんは欠席でした。なべさん!早く風邪治してね。

コバとは、憩いの場、木場などの意味です。

コバすなわち休憩所を2回(=二本)経れば頂上にたどりつける山だから

「二本コバ」、これが転化して「日本コバ」になった、という説がありますが、

どうですかね

石榑峠のトンネルが出来て滋賀のこちら方面は来やすくなった。

Adsc068170

政所郵便局の手前を右に入ると、すぐ左にコンクリートの階段の登山口がある。

車は少し先の広くなった道脇に止めた。

Adsc068200

駐車場8:30 → 10:30岩場 →  11:30日本コバ12:13 →  12:53衣掛山

 →  14:08政所集落 →  14:33駐車場

登り3時間   下り2時間20分

Aadsc069310

ここよりスタート

Adsc068210

Adsc068220

階段を上がって穏やかな道を進む

Adsc068240

200m毎にPostがあり、道に迷うことはない。

18Postあるという事は、日本コバまで3600m(3,6km)です。

Adsc068270

最初の藤川谷を渡る。

Adsc068310

北八ヶ岳のようで、苔が多い

Adsc068320

Adsc068380

この谷のシンボル的存在の大カツラの木が現れた。

大木といっても、そんなに大きいとは感じなかった。

籾糠山の天生湿原のカツラは大きかったな。

Adsc068440

Adsc068450

Adsc068460

2回目の谷を渡る。

Adsc068490

エビネランが一株咲いていた。(育毛剤で最近知られていますね)

Adsc068520

Adsc068530

ここが中間点です。

Adsc068600

本日の一番良いと感じた場所です。

谷のせせらぎ、鳥の泣き声、新緑と五感で癒しを感じ、パワーを貰いました。

Adsc068650

Adsc068670

岩場手前にエビネランが群生していた。

Adsc068760

Adsc068790

Adsc068820

ロープがありますが、サポート程度で使いますが、そんなに危なくないです。

Adsc068830

Adsc068880

Adsc068890

岩屋に着いた。

Adsc068910

Adsc068920

Adsc068970

竜ヶ岳方面

Adsc068940

Adsc068950

新緑の中に、オレンジ色のツツジがきれいでした。

ツツジの種類は分りません。(やまツツジかな?)

Adsc069090

Adsc069120

Adsc069110

Adsc069160

写真の中にカエルがいますが分かりますか。(枯葉そっくり

Bdsc06920_2

日本コバに着きました。

Adsc069220

Adsc069240

Adsc069270

Adsc069290

下山途中、20人程とすれ違った。聞いたら、大阪の登山ツアーの人でした。

Adsc069340

分岐で衣掛山、政所(まんどころ)に向った。

Adsc069370

衣掛山です。登山道の通過点で登ったといった感覚は無かった。

Adsc069380

Adsc069400

帰りも、200m毎のPost点があり安心でした。

こちらは標高も書いてあって親切です。

Adsc069410

政所からの登山口です。

Adsc069430

ここの茶樹は、滋賀県指定自然記念物でした。

Adsc069450

Adsc069460

車道で駐車場まで歩いた。

Adsc069470

愛知川(えちがわ)

Adsc069490

Adsc069500

滋賀県側から、石榑トンネルに入ります。

Adsc069550

Adsc069570

三重県の員弁(いなべ)では、小麦の収穫をしていた。

Adsc069600

風呂は無しで帰った。

15時47分松井さん家に着いた。

松井さんから、野菜(たまねぎ、えんどう)を貰った。

何時もありがとうございます。

| コメント (0)

2012年5月20日 (日)

金華山

5月20日(日曜日)

今日の天気予報は午後から曇りなので、遠くの山に行くのを止めて、

近場の金華山(きんかざん)329mに登ってきました

私のブログを見ている人は、岐阜県以外の人もいるので、

市民ハイキングの山ですが、記録として書いてみました。

朝、柳津町に出来たパン屋さん(石窯パン工房 ドゥマン)に寄って、

今日の昼食用にパンを買った。

無料コーヒーとカスタードフレンチを、お店のテラスで食べた。

美味しいパンでした。(美味しい物を食べると、幸せになる

今日の登山口は、洞戸公園から出発した。

洞戸公園にはヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)の木があった。

Adsc067210

Adsc067230

ヘリコブターが岐阜市の空を回っている。

今日は、第2回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンが開かれます。

男子は、ロンドン五輪マラソン代表の藤原新さんと、市民ランナーの星として

活躍する川内優輝さんが参加されます。

その川内優輝さんを金華山七曲コースで走っているのを見れた。(写真は後で)

金華山はまだ登らないで、達目洞(だちぼくぼら)に向かった。

達目洞(だちぼくぼら)は、岐阜市の特別保全地区に指定されています。

ここで、ヒメコウホネを見ることができた。

Adsc067340

Adsc067350

達目洞(だちぼくぼら)のバラ園

Adsc067300

Adsc067310

鷹巣山に登りました。

Adsc067450_2

すぐ下の車のある所が、洞戸公園駐車場です。

Adsc067480

この下が、崖っぷちになっていて、そこに鳥が巣を作るようです。

写真の順番が違いますが、金華山を登り、洞戸公園に下りた時です。

望遠カメラが何台もある

Adsc068110

この山が、鷹巣山です。岩肌にふくろうの形をした岩が見えますか

Adsc068130

ふくろうの目の所に、隼(はやぶさ)の巣があり、

ヒナが今にも巣立ちするらしく、カメラマンが構えていた。

Adsc068100

鷹巣山を下りて、金華山に向った。

終わりかけのツブラジイの花です。

ブナ科の樹木で岐阜市の木にも指定されています。

5月上旬に黄色い花を咲かせ、全山が黄金色に見えたことから

「金華山」の名が付いたとも言われています。

Adsc067550

花は、もちつつじが咲いていた。

特徴は、葉っぱの裏がねばっとしています。

Adsc067710

Adsc067430

金華山

Adsc068050

黄色い花は、ジャケツイバラ(カワラフジ)です。

Adsc068060

金華山の三角点に初めて行きました。

Adsc068020_2

Adsc068010

ロープウェーです。  岐阜公園  金華山

Adsc067960

長良川の鵜飼いを見るのに乗る観覧船が並んでいます。

Adsc067990

めい想の小径で岐阜公園に下りた。

Kinkazanjiten_indexmap

ロープウェーを見送る、織田信長と濃姫の衣装を着た観光課?の人。

Adsc067770

Adsc067790

Adsc067820

観光客の写真撮影に応じていた。(写真を撮るのは外人さんが多い)

Adsc067870

公園の噴水です。 銅像の奥が金華山です。

Adsc067860

七曲りコースで金華山に登った。

市民ランナーの星として活躍する川内優輝さんです

体が細い人でした。ニコッとしてくれました。

Adsc067890

大会を終えても、まだ走り続けるなんて凄い。

Adsc067900

今日の新聞より

Adsc068140

頂上手前では、斉藤道三と忍者の衣装を着た人が、観光客を迎えていた。

Adsc067920

東坂ハイキングコースで下りた。

同じ山でも、新しい発見がありました。今日も楽しい登山でした

今度の登山は、26日(土曜日)ですPhoto

| コメント (0)

2012年5月13日 (日)

烏帽子岳・三国岳・焼尾山

5月13日(日曜日)

シャクナゲを見たくて、1人Aruku_botannで出かけました。

烏帽子岳(えぼしだけ)・三国岳(みくにだけ)・焼尾山(やけおやま)です。

オレンジが歩いた道です。(イメージです。)

Adsc060740

コースタイム

細野登山口8:40 → 10:05烏帽子岳1015 → 11:25三国岳(頂上) → 

11:30三国岳(最高点) → 12:05焼尾山12:15 → 13:00三国岳(頂上) →  

13:15三国岳(三角点)13:35 → 15:00時山バンガロー前 → 

15:40細野登山口 → 16:30養老SAで食事

 

きれいな形の烏帽子岳です。

Adsc065600

細野登山口です。  トイレを掃除しているおばさん「ありがとうございます」   

Adsc065660

烏帽子岳頂上まで一緒に歩いた愛知県知多の人です。

Adsc065690

カタクリは花が終わって、実が付いていました。

Adsc065720

コイワカガミ

Adsc065770

中里ダム湖が見えます。その奥が梅の花がきれいだった梅林公園です。

Adsc065790

烏帽子岳頂上

Adsc065861

頂上より藤原岳・御池岳が見えます。

Adsc065880

三国岳に向う途中は、石楠花(シャクナゲ)が満開の登山道でした。

Adsc066020

霊仙山方面です。

Adsc066110

白山も見えて、良かった。

Adsc066130

コイワカガミ

Adsc066170

Adsc066200

鉄塔が見えてきました。

Adsc066210

鉄塔の下

Adsc066230

振り返ってみる

Adsc066240

ここからのやせ尾根にシャクナゲの木が多い。

Adsc066250

振り返ると、鉄塔が小さく見える。烏帽子岳の奥には、御嶽山が見えた。

Adsc066300

山頂の三国岳894mに着いた。三国岳は、山頂・最高点・三角点があります。

三国とは、三重県・滋賀県・岐阜県です。

三国岳が3ヶ所あるのは面白いけど、何処が県境か迷いますよね。

県境は、山頂 三国岳894mです。(間違っていたら、コメント下さい)

Adsc066360

ここが、三国岳最高点911mです。

Adsc066370

焼尾山に向います。アップダウンがきつい

Adsc066430

Adsc066470

焼尾山頂上です。 標識が無いが間違いなくここが頂上です。

Adsc066590

ここのシャクナゲを見たくて、ここまで来ました。きれいです

Adsc066500

頂上からの景色

Adsc066560

Adsc066570

三国岳に戻る途中、琵琶湖が見えた。

Adsc066620

三国岳の頂上に着いたら、30人以上の団体さんが

Adsc066670

次に、三角点に着いた。先客4人(男性1人、女性3人)がいた。

いつもは、ここへ来ない。(初めての場所です)眺望はよくない

Adsc066710

話をしたら、豊田の人でした。

「時山へ帰る」と言われたので、後をついて行くことにした。

Adsc066730

Adsc066770

急な下りで、道がはっきりしないので、戻ることになった。

Adsc066790

再び、三角点に着いた。

Adsc066800_2

これから私が、先頭で下りた。

Adsc066810

若葉がきれいなところです。みなさん大感激していた。

Adsc066820

少し一緒に歩いて別れたが、迷わず無事戻れたかな

ワサビ田の後地です。

Adsc066870

Adsc066900

Adsc066950

Adsc067000

県道139号線に出た。

Adsc067020

時山のバンガローの駐車場が見えてきた。

Adsc06703

バンガローの駐車場は赤い橋を渡ったところです。

私の車は、ここにない

Adsc067050

Adsc067040

40分歩いて、細野登山口の駐車場に着きました

Adsc067070

三国岳と時山バンガローの間の登山道は、不明瞭な所が多いので、

安易に入らないで下さい。それだけ自然が多い所です。

良く登山道を知った人と入るのがよいと思います。

三国岳頂上で会った団体さんは、鞍掛峠から登った人達です。

登山ブログはここまでです

時間がありましたら、過去のブログも見てください

去年(平成23年)のブログ 烏帽子岳・三国岳です。

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-88cf.html

一昨年(平成22年)のブログ 烏帽子岳・三国岳・焼尾山

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-5503.html

おとt

とざん

本日の食事は、下り養老SAです

高速を使わないでも、SAに入れるんです

ここが入り口です。10台ぐらいの駐車スペースがあります。

Adsc067100

テレビで、オリエンタルのカレーとスパゲティーがボリョーム満点と言っていたので、

食べたくて、ここに来ました。

Adsc067120

Adsc067150

Adsc067160

迷って、7番のダブルカレースパを食べることにした。

安くて大盛で美味しかった

昔、カレーと言えばオリエンタルだった。(懐かしかった

Adsc067130

大満足の一日でした

今度の皆で行く登山は、26日(土曜日) 日本コバです。

| コメント (0)

2012年5月12日 (土)

油日岳(あぶらひだけ)

5月12日(土曜日)

第2土曜日は皆で山に行く日です

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

なべさん、さっちゃんは都合が悪く欠席でした

今日の山は、鈴鹿山脈最南端の油日岳693mです。

「余野公園(よのこうえん)のツツジが満開の時期に行こう」と、

前から松井さんが言っていた。(明日13日が、余野公園つつじ祭りです)

登山口は、余野公園から山に2km入った、奥余野公園森林公園からです。

コースは、黄色ラインの左回りです。

Adsc064990

下は、花蝶フーガさんのHP油日岳2010.2.24より貰いました。

(勝手に載せてすみませんm(_ _)m)(コースが同じだったので

01_164aaburahitakecop

高速を使わず、鈴鹿スカイラインを通り1号線に出た。

余野公園では明日の準備をしていた。つつじは山から下りてから見た。

公園から2kmぐらいで、奥余野森林公園に着いた。

車10台以上が駐車できる広さです。トイレもきれいでした。

羽島6:30 → 8:55奥余野森林公園9:00 →  9:40ゾロ峠 →  

10:04倉部山 →  10:38三国岳 →  10:56忍者岳 →  11:17加茂岳 →  

11:29油日岳12:13 →  13:15奥余野森林公園 →  13:33余野公園14:05 →  

15:30絵野温泉 希望荘16:40 →  17:50羽島

Adsc063660

坂さんが見ているのは、珍しいつつじです。

Adsc063700

トイレを掃除していたおじさんに、あのつつじの名前を坂さんが聞いた。

ハッキリ聞こえなかった、「みやまつつじ

Adsc063710

東海自然歩道を歩きます。

Adsc063720

Adsc063730

心地よい沢の音を聞きながら、松井さんの快調なペースに合わせて歩きます。

Adsc063770

坎霞渓(かんかけい)

Adsc063850

親子の様に並んでいるマムシグサ

Adsc063890

ゾロ峠に着きました。案内標識は「ぞろぞろ」です。

安藤さんは、おばあちゃんがうどんを「ぞろ」と言っていたと言った。

ここでは、関係ないなか

Adsc063910

ガレ場

Adsc063970

亀山方面が見えます。

Adsc063980

やまつつじ

Adsc064000

一番目の山です。倉部山(くらべやま)690m

Adsc064030

アセビの新芽が、花が咲いたようにきれいです。

Adsc063950

Adsc064080

やぶつばきの花が落ちていた。

Adsc064140

コイワカガミ

Adsc064210

急登です。ロープや木の根っこを、つかまりながら登った。

Adsc064260

コイワカガミ(小さいイワカガミです)

Adsc064310

第2番目は三国岳(みくにだけ)715mです。

三国とは、近江、伊勢、伊賀です。

山頂は三差路になっていて、右に行くと3月に登った那須ヶ原山です。

我われは、左の油日岳に行きます。

Adsc064330

急な下りです。

Adsc064350

案内標識は「不鳥越峠」と書いてあるが、「望油峠」と書き直してある。

どちらが正確なのか、分らない。

Adsc064370_2

また急な登りです。

Adsc064390

第3番目は、忍者岳(にんじゃだけ)728mです。

Adsc064400

加茂岳に行く道は、やせ尾根です。

Adsc064510

Adsc064520

やぶつばき

Adsc064550

第4番目は加茂岳(かもだけ)720mです。

Adsc064570

第5番目は、本日の主役 油日岳(あぶらひだけ)693mです。

Adsc064600

油日神社の社伝によれば、山頂に大明神が降臨し、油の火のような

大光明を発したことから油日の名が付けられました。

なのでここ山頂には、油日神社の奥宮である「岳大明神」が祀られています。

Adsc064630

頂上、奥宮は眺望はありません。少し下がった所に避難小屋がありました。

Adsc064640

少し霞んでいます。見ている方向は、滋賀県方面です。

Adsc064670

避難小屋で昼ごはんを食べた。

坂さんが、登山ノートに何か書いています。(何て書いたのかな

Adsc064710

山頂に戻り、記念撮影です

Adsc064780

下山で、奥余野公園駐車場に向った。

滝を見たい人は、三馬谷滝へどうぞ。

(本当は滝にいく予定が、私がうっかりして尾根に行ってしまった

Adsc064810

Adsc064830

駐車場手前に、また珍しいつつじが満開でした。

このつつじの名前を知っている人は、コメントを下さいo(_ _)oペコッ

Adsc064900

Adsc064920

Adsc064940

Adsc064890

ここから、余野公園です。

今登ってきた山が、書いてあってよく分かります。

我われは、二馬谷を下りたようです

Adsc065020

余野公園の説明

Adsc065400

巨大の松の根っこが展示してあった。

Adsc065040

明日の、つつじ祭りの準備中です。

Adsc065060

つつじを見てきました。

Adsc065090

Adsc065140

モチツツジは、ガクや子房に強い粘りがあるのでこの名が付きました。

Adsc065160

Adsc065260

Adsc065330

広い芝広場です。

Adsc065360

帰路の途中、ダムがありました。

Adsc065450

Adsc065500

鈴鹿スカイラインを通り、絵野温泉(えのおんせん)希望荘で風呂に入った。

http://www.kibousoh.or.jp/re_onsen.htm

http://www.kibousoh.or.jp/index.htm 一度いい人と泊まってみたい

500円でタオルを借りれた。ラドンを含む温泉で良かった。

習字の「希望」が展示してあった。 今の時代、「絆」と「希望」は大事だと思った。

Adsc065540

Adsc065550

松井さん ありがとうございました。

松井さんの家に着いて、スナックエンドウを貰った。

早速自宅に帰り、茹でてマヨネーズで食べた。

美味しかったです。松井さんの奥さん、ありがとうございます。m(_ _)m

Adsc065560

山の高さや名前の読み方が間違っているかもしれません。o(_ _)oペコッ

.

.

追記 5月14日

坂さんが、ツツジAdsc064940を調べてくれました。

ありがとうございました。

ハナグルマですね。モチツツジの仲間でした。

http://www.geocities.jp/yunakisaragi/x-hanaguruma.html

1

| コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

ハライド・国見岳

5月5日(土)みどりの日

今日の登山は、松井さんが仕事なので、坂さんと二人です。

坂さんから「御在所岳に行こう」と誘われたので、アカヤシオを見に行こうと計画。

4年前の2008年5月4日 クラブ「岳」さんのツアー

http://2008.club-gaku.com/8_033.htmに連れて行ってもらった時のアカヤシオが

きれいだったので、ハライドから国見岳のコースを勧め、行くことにした。

そのブログhttp://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_5639.html

朝明(あさけ)駐車場で500円を支払い、おじさんに「アカヤシオいい?」と

聞いたら、「いいよ」と言われたので、気分は盛り上がった

7時55分 駐車場を出発した。

Adsc062380

Adsc06240

今日のコースは、黄色と間違えたピンクです。

Adsc062390

間違えて、散策道に行ってしまった。

Adsc062520

ハライド登山口に着いた時は、もう10時30分だった。

間違えなかったら、ここには8時10分だから、2時間20分のロスだった。

(坂さん、すみません)

Adsc062530

この道は初めての登山道だった。(以前登った時は、谷を登った記憶だ)

Adsc062560

道端には、小さなタテヤマリンドウが咲いていた。

Adsc062540

振り返れば、登山道、朝明駐車場、奥の釈迦ヶ岳が見えます。

Adsc062600

標識があった。ここは何処  腰越峠に着くと思っていたら、

もうハライド頂上でした。

Adsc06264

Adsc062700

Adsc062740

Adsc062670

腰越峠に下ります。

Adsc062660

Adsc062760

腰越峠

Adsc062810

Adsc062830

アカヤシオの花は、落ちていました。(2日、3日の風雨で落ちたようだ)

Adsc062850

Adsc062910

尾根には少し、アカヤシオの花が残っていた。

Adsc062970

Adsc062960

きのこ岩を横から見ています。

Adsc063060

Adsc063080

きのこ岩と言うより、ブロッコリーかな

Adsc063090

尾根を歩き、国見岳に向かった。

Adsc063160

Adsc063190

国見尾根の天狗岩とゆるぎ岩が見える。人が乗っている方が、ゆるぎ岩です。

Adsc063221

ズームで見ると。

Adsc063220

Adsc063280

国見岳(くにみだけ)頂上の岩から見ています。

Adsc063470

Adsc063380

携帯が繋がらない

Adsc063360

Adsc063430

少し北に移動し、ここで昼食にした。

Adsc063500

きのこ岩が見えた

Adsc063490

帰路は県境縦走路で根の平(ねのひら)峠へ。

Adsc063520

Adsc063560

数回川を渡り返しす。

Adsc063570

Adsc063580

橋を渡り、朝明駐車場まで歩く。

Adsc063630

10:30ハライド登山口 →  11:35ハライド11:45 → 13:00きのこ岩13:13 → 

13:44国見岳14:20 → 15:13根の平峠 → 16:20朝明駐車場

6時間とロス2時間の合計8時間以上の山歩きでした。

帰りの風呂は、グリーンホテルに入った。

温泉は湯船が大きく、露天風呂も2箇所あり、気持ちよかった。

晩ご飯は、羽島に来て「餃子の王将」で食べた。

家に着いたのは、20時ぐらいでした。

坂さん、お疲れ様でした。疲れは後から来ると言っていましたが、

今頃、疲れが来ているのでは

| コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

江南ふじまつり(曼荼羅寺公園)

5月4日(金)みどり日

愛知県江南市にある曼陀羅寺(まんだらじ)の藤を見てきました。

14世紀前半、後醍醐天皇の勅願で建立された尾張の名刹曼陀羅寺の隣が、

藤の名所「曼陀羅寺公園」です。

紫・紅・白と様々な色や、房は長く優雅な花房・短く可憐なもの・八重咲きのものと、

たくさんの種類があり、色鮮やかに咲き誇っていました。

満開の藤は風が吹くと、とても甘い香りがして素敵な世界でした。

Adsc06100

Adsc06101

12種類約120本の藤があるそうです。

Adsc06102

八重黒流

Adsc06103

Adsc06104

Adsc06105_2

Adsc06106

本紅

Adsc06107

Adsc06108

Adsc06109

Adsc06110

九尺藤

Adsc06111

Adsc06112

Adsc06113_2

Adsc06114

Adsc06116

野田白藤、昭和白藤

Adsc06117

Adsc06118 

Adsc06121

Adsc06122

シャクナゲと藤

Adsc06123

ボタンと藤

Adsc06125

ところでみなさん、藤の花言葉をご存知ですか? 

藤の花言葉――それは"あなたを歓迎します"。

なんて癒されるメッセージだ!

今年は、期間を延ばし、12日までふじまつりが開催されています。

近くの人は、是非出かけて見てください 藤の花が歓迎してくれますよ。

周りの

周りのお庭を拝見できた。よく手入れされたお庭です。

Adsc06126

Adsc06127

Adsc06128

黄色いツツジは珍しい

Adsc06128b

Adsc06129

Adsc06130

Adsc06131

Adsc06132

| コメント (0)

2012年5月 3日 (木)

美濃竹鼻まつり ふじまつり

5月3日(木)憲法記念日

今日は、日本コバに行く予定でしたが、天気が悪いので、中止でした。

でも天気が早く良くなったので、地元の竹鼻まつりに出かけた。

竹鼻別院の藤は満開で甘い香りがしていた。

Adsc059910_2

Adsc059840_3

Adsc059680_2

抹茶とまんじゅう  美味しそう

Adsc059650_2

みそぎ団子は羽島や笠松などで売られている。

こしあんの饅頭を2個串に刺し、焼いてみそを付け、また焼いてごまを付けたもの

Adsc059740

Adsc059720

Adsc059730

お昼は、打ちたての円空そばです。

Adsc059710

竹鼻まつりの山車

ぎふ清流国体の開催記念で、今年は山車13輌曳揃えです。

カラクリ人形は5輌あります。

Adsc059960

上鍋屋町の山車   ほてい様は、ぬいぐるみです

Adsc059950

Adsc059980

Adsc060000

Adsc060100

Adsc060050

Adsc060080

Adsc060100_2

Adsc060160

Adsc060190

Adsc060230

Adsc060240 

Adsc060270

Adsc060280_2 

Adsc060400

動画です。時間があったら見てください。

ほてい踊り

竹鼻まつり 上鍋屋町の山車 http://www.youtube.com/watch?v=CMu5lLENk40

カラクリ人形は5輌あります。

竹鼻まつり 大西町の山車 http://www.youtube.com/watch?v=9UIAlmmcPLI

竹鼻まつり 上城町の山車 http://www.youtube.com/watch?v=32kl1z4qJ6Q

竹鼻まつり 福江町の山車 http://www.youtube.com/watch?v=Jr4wdBGVAKY

竹鼻まつり 下鍋屋町の山車 http://www.youtube.com/watch?v=pptjoHKUqjs

竹鼻まつり 上町の山車 http://www.youtube.com/watch?v=52QAsyLKra8

| コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »