« なばなの里 チューリップまつり 2 | トップページ | 御池岳 »

2012年4月28日 (土)

太神山・堂山(湖南アルプス)

4月28日(土曜日)

が終わり、ハナミズキやツツジの花がきれいな季節になりました。

皆で登るのは楽しい。(1ヶ月前の野登山以来です)

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

今日の山は、滋賀県湖南市の田上(たながみ)山系の山です。

風化した花崗岩が露出して、アルプスの景観に似ているので、

湖南アルプスと呼ばれています。

田上(たながみ)山系の山は、太神山(たなかみやま)600m別称は不動山、

堂山(どうやま)384m、矢筈ヶ岳(やはずがたけ)562m、

笹間ヶ岳(ささまがたけ)443m、猪背山(いのせやま)553mの五山の総称です。

今回は、太神山(たなかみやま)600mと堂山(どうやま)384mの二山です。

太神山(たなかみやま)は、(たいしんざん)とも呼ばれています。

宗教登山の山で、東海自然歩道を歩き、初心者でも登れる山でした。

赤ラインが歩いたコースです。(松井さんと私は、車まで歩いた)

Konan1_2

Abkonana

羽島ICより名神高速道路を走り、瀬田東ICで下りた。

松井さんの新車のカーナビが案内してくれたので、あまり迷うこと無く着いた。

最初は砂防ダムで駐車する予定が、迎不動まで車で登って来てしまった

車を路肩に止め、8時50分 太神山に向う。

Adsc056190

ここまで車で来れる。5,6台の駐車スペースがあります。

Adsc056230

ここから、登山道に入る。

Adsc056240_2

ヤマツツジ(ミツバツツジだと思うが)がきれいだ。

Adsc056280

泣不動に着いた。大岩を掘ってお不動さんを作ってある。

Adsc056390

Adsc056400

熊の爪あとなのか

Adsc056420

田上不動寺の入り口

Adsc056440

Adsc056460

陽が当たり、真っ白に見える桜

Adsc056490

満開の桜の時期に来れて、ラッキー

Adsc056520

Adsc056780

Adsc056800

Adsc056770

Adsc056550

石の階段を登り、本堂に行きます。

Adsc056590

Adsc056600

岩の上に、ヤグラで作られた本堂が見えてきた。

Adsc056750

Adsc056660

Adsc056740

太神山の頂上は、展望が無く暗い。

Adsc056680_2

Adsc056690

これより、下山した。

Adsc056870

河原ではバーべキュウをしていた。

Adsc056960

車まで戻り、安藤さんが入れてくれたコーヒーを飲んだ。(ごちそうさま)

川遊びに最適な場所です。

Adsc056990

これから、堂山に向います。(12時)

Adsc057050

Adsc057060

迎不動堰堤(むかえふどうえんてい)

オランダ人技師のデ・レイケ氏 の協力で作られた。

Adsc057090

Adsc057100

Adsc057120

Adsc057130

Adsc057150

鎧堰堤(よろいえんてい)です。 地図では鎧ダムになっている。

Adsc057270

Adsc057280

階段が特徴だ。

Adsc057310

地図上では、ダム湖だが砂の河原だ。 別天地だ

Adsc057350

Adsc057370

Adsc057400

ヤマツツジが満開

Adsc057420

Adsc057460

おたまじゃくしです。  気持ち悪くなったら、ごめんなさい

Adsc057530

満開のミツバツツジの中を歩きます。

Adsc057680

道に少し迷った

安藤さんが遠くの登山者に「向こうの山は何ですか」と聞いてくれた。

「堂山(どうやま)」と返事が返ってきたので、向こうに行った。

安藤さんは、向こうに行きたかったのだ

なべさんは、かなり疲れていた。(頑張れ)

Adsc057620

ここからが、アルプスです

Adsc057710

Adsc057720

http://youtu.be/PkKneILN8tA

Adsc057790

琵琶湖と大津の町が見えてきた

Adsc057870

堂山までは、幾つかのコブを越さなければならない

ここは初心者では無理だと思います。

Adsc057900

Adsc057920

やっと 頂上に着いた

Adsc057950

13時35分 遅い昼食でした。

Adsc058000

Adsc057970 

集合写真

Adsc058050

これより下山した。 右上の砂防ダムまで下ります。(14時)

Adsc058100

Adsc058110

Adsc058130

Adsc058150

砂防ダムが、顔に見える

Adsc058190

Adsc058200

川を渡ると、車道です。

Adsc058260

松井さんと私は、車まで歩いた。約20分だったから1,5kmぐらいだ。(15時5分)

Adsc058270

なべさん、よく頑張りました。

後で聞いたことだが、なべさんは、足のスジを攣ってしまったそうだ

これに懲りず、参加してくださいよ。

坂さんも、頑張りました。きつかったですか

帰の風呂は無しで、高速に乗った。渋滞に遭わず、スムーズに帰れた。

走行距離220km 高速料金往復2800円でした。

松井さん、運転お疲れ様でした。

今度の登山は、5月3日 日本コバです。

« なばなの里 チューリップまつり 2 | トップページ | 御池岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なばなの里 チューリップまつり 2 | トップページ | 御池岳 »