« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

御池岳

4月29日(日曜日)昭和の日

2月11日に藤原岳・御池岳に登り12日下山予定だったNさんが遭難した。

人の噂も75日と言いますが、あれから2ヶ月半経ち、記憶から薄れていってます。

気になっていたが、捜索に邪魔になると思い一度も参加できなかった。

4月29日に御池岳に登ろうと、前日インターネットを見ていたら、

28日御池岳に登ったakmiuさんのヤマレコに次のコメントがあった。

2月に遭難された方を捜索している方の無線に「発見」の知らせが

直ぐにネットで、情報を調べても何も載っていなし、29日の朝刊にも載っていない。

行けば何か分かるのではと思い、鞍掛峠に向った

6時半に家を出て、7時半にはコグルミ谷手前に着いたが、駐車場は満車だった。

鞍掛トンネル手前の駐車場も満車状態だったが何とか停めれた。

私と同じに来て、車を止めた人が2人いた。

1人は何度も捜索に参加した人で情報に詳しかった。(赤の帽子の人)

もう1人は、遭難したNさんがヤマレコに書いた時、拍手を送った人だった。

でも2人とも、見つかったとの情報は知らなかった。

今日のコースは、コグルミ谷から、御池岳(丸山)、鈴北岳、鞍掛峠です。

峠で駐車して、コグルミ登山口まで15分歩いた。

Adsc058300

コグルミ谷登山口を8時に出発した。

Adsc058310

Adsc058320

Adsc05834

Adsc058350

汗が流れてきた。暑くなったせいなのか、体力不足なのだろうか?

日頃の体力作りを頑張らなくては、ロングランの山歩きは出来ない

Adsc058370

6合目 カタクリ峠です。左は藤原岳、右は御池岳へ

Adsc058460

Adsc058470_2

カタクリ

Adsc058480

Adsc058490

コバイケイソウの群生

オオバギボウシと間違えて食べてしまうと中毒事故が起ります。

なので鹿も食べない。福寿草は鹿に食べられ減っている。

Adsc058520_2

キクサキイチゲ

Adsc058530

Adsc058590

Adsc058610

Adsc058630

9時25分到着 

御池岳(丸山)頂上は、木に囲まれ眺望はあまりよくない。

Adsc05868

御池岳(奥の平)に向う  

Adsc058690

Adsc058720

テーブルランドと言われるいるのが分る本当に広い。ガスったら迷う場所だ

Adsc058730_3

Adsc058860

Adsc058770

Adsc058781

ボタンブチです。  人が立っている左側です。右は天狗の鼻です。

猟師に追われて逃げてきた猪(ボタン)がここの淵(フチ)にきてあまりの

断崖絶壁にこれ以上逃げることが出来なかった。

以後この絶壁を「ボタンブチ」と言うようになったのだそうです。

Adsc058840

ボタンブチを横から見ています。

Adsc058900

Adsc058920

実際の場所は、写真以上に怖い

Adsc058930_2

Adsc058940

トンビが2羽飛んでいた。  千の風の歌が浮かぶ。 手を合わせる

Adsc059020

下は絶壁です。雪の多い時、吹雪いていたらと思うと怖い。

追記 Nさんが見つかったのは、この下でした。

中日新聞名古屋市内版から。

御池岳中腹で男性遺体】
29日午後0時半ごろ、滋賀県東近江市君ケ畑町の御池岳(1247メートル)の中腹で、
テントの中で倒れている男性の遺体を、伊賀県警東近江暑員が確認した。
所持品などから、2月12日に三重県警に捜索願が出されていた
Nさんとみて調べている。Nさんの行方を捜していた三重県三岳連盟の捜索隊が
28日昼に見つけ、通報していた。
目立った外傷はない。現場は登山ルートから離れた急斜面。

新聞の記事から、29日午後0時半に確認とあるが、私は29日午前10時ここに居た。
まだNさんは下に居たのだった。

Adsc059010

ここに、ニリンソウが咲いていた。

Adsc059000

次に右側の崖っぷちを横らか見ています。

ここは天狗の鼻と呼ばれています。

Adsc059070

ここからの下の眺めも怖い。

Adsc059090

御池岳頂上に向う途中、ボタンブチを振り返る。

Adsc059110

御池岳頂上にまた来た。

Adsc059120

次に、鈴北岳に向う

Adsc059140

Adsc059150

Adsc059240

Adsc059250

Adsc059260

Adsc059270

鞍掛峠に向う

Adsc059360

Adsc059390

Adsc059470

駐車場に着いた。

Adsc059490

今日の御池岳登山では、遭難者の情報はなかった。

追記 4月30日、ネットで藤原岳・御池岳遭難で検索したら、情報が見つかりました。

Nさん捜索終了のお知らせ 

2月12日に消息を絶たれてから2ヶ月半を経過してしまいました。この間多くの方々の献身的な捜索と、情報収集のおかげで昨日(4月28日12時半)ようやく所在確認に至りました。本日、管轄の東近江警察署員と捜索隊員とで収容、搬送が終了しましたのでお知らせします。本当なら心がけを頂いている方々に対し、昨日速報でお知らせするのが筋ではございましたが、 確認できた場所が浮き石落石の危険が非常に高い場所であったので、本日の収容完了まで伏せさせて頂きました。 お詫びいたします。これまでの間、名簿に載されただけでも600余名の方に参加者頂いています。 これほど多くの方々に協力頂いたこと、また、事故もなく継続できましたことを心からお礼申し上げます。 しばらく時間がかかりますが、いずれ関係下さった方に報告をさせて頂きたいと考えています。
末尾ですが、ありがとうございました。

平成24年4月29日 三重県山岳連盟遭難対策委員会 事務局 居村年男


*************************************

藤原岳から御池岳方面は山頂がだだっ広く、尾根筋でさえも道に迷いやすくなります。

吹雪で視界が数メートル以下になると、たとえ地図を・コンパスを持っていても、
現在位置の確認は不可能です。ナビも万能ではありません。
電波を拾いにくくなりますし、低温下で電池もあっと言う間に消耗します。

悪天候の下、ルートロスをして風下斜面でビバークをしながら天候の回復を待って
いたのでしょうか。
ご本人は勿論、ご家族の方も本当にお気の毒です。
彼の死を無駄にせず、今後の私達の安全登山に生かされるよう、
詳細な原因究明が為される事を期待します。 心よりご冥福をお祈りします。
taketombowさんのmixiコミュニティへの書き込みでした。
情報をありがとうございました。
ビバークとは、
怪我や天候不良で行動できなくなってしまった場合、
ビバークをしなければならなくなります。
ビバークとは、簡単に言ってしまえば『山の中での野宿』です。
Nさんの事故を教訓にして、二度と遭難者が出ないように登山者は気をつけましょう。
御冥福をお祈り致します。捜索関係者さん お疲れ様でした。          
 

Nさんの匿名記載の御願い

捜索も4月29日に終了し、彼も家族の元に帰る事が出来ました。
 
そこで捜索情報Wiki管理人より、ネットでこの遭難事故について
記載しているブログ等の管理者の皆様へ御願いがございます。
 
今迄の記事も含めて、今後はNさんの実名や写真の記載・転載はやめて、
匿名にしていただけないでしょうか。
彼がゆっくり休めるように、また残されたご家族への配慮でもあります。
宜しく御願い申し上げます。
                       (平成24年5月1日 捜索情報Wiki管理人 山口)
上記の発表を受けて、今までのNさんの実名、写真は削除しました。 こつこつ
 

| コメント (0)

2012年4月28日 (土)

太神山・堂山(湖南アルプス)

4月28日(土曜日)

が終わり、ハナミズキやツツジの花がきれいな季節になりました。

皆で登るのは楽しい。(1ヶ月前の野登山以来です)

メンバーは5人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、私)

今日の山は、滋賀県湖南市の田上(たながみ)山系の山です。

風化した花崗岩が露出して、アルプスの景観に似ているので、

湖南アルプスと呼ばれています。

田上(たながみ)山系の山は、太神山(たなかみやま)600m別称は不動山、

堂山(どうやま)384m、矢筈ヶ岳(やはずがたけ)562m、

笹間ヶ岳(ささまがたけ)443m、猪背山(いのせやま)553mの五山の総称です。

今回は、太神山(たなかみやま)600mと堂山(どうやま)384mの二山です。

太神山(たなかみやま)は、(たいしんざん)とも呼ばれています。

宗教登山の山で、東海自然歩道を歩き、初心者でも登れる山でした。

赤ラインが歩いたコースです。(松井さんと私は、車まで歩いた)

Konan1_2

Abkonana

羽島ICより名神高速道路を走り、瀬田東ICで下りた。

松井さんの新車のカーナビが案内してくれたので、あまり迷うこと無く着いた。

最初は砂防ダムで駐車する予定が、迎不動まで車で登って来てしまった

車を路肩に止め、8時50分 太神山に向う。

Adsc056190

ここまで車で来れる。5,6台の駐車スペースがあります。

Adsc056230

ここから、登山道に入る。

Adsc056240_2

ヤマツツジ(ミツバツツジだと思うが)がきれいだ。

Adsc056280

泣不動に着いた。大岩を掘ってお不動さんを作ってある。

Adsc056390

Adsc056400

熊の爪あとなのか

Adsc056420

田上不動寺の入り口

Adsc056440

Adsc056460

陽が当たり、真っ白に見える桜

Adsc056490

満開の桜の時期に来れて、ラッキー

Adsc056520

Adsc056780

Adsc056800

Adsc056770

Adsc056550

石の階段を登り、本堂に行きます。

Adsc056590

Adsc056600

岩の上に、ヤグラで作られた本堂が見えてきた。

Adsc056750

Adsc056660

Adsc056740

太神山の頂上は、展望が無く暗い。

Adsc056680_2

Adsc056690

これより、下山した。

Adsc056870

河原ではバーべキュウをしていた。

Adsc056960

車まで戻り、安藤さんが入れてくれたコーヒーを飲んだ。(ごちそうさま)

川遊びに最適な場所です。

Adsc056990

これから、堂山に向います。(12時)

Adsc057050

Adsc057060

迎不動堰堤(むかえふどうえんてい)

オランダ人技師のデ・レイケ氏 の協力で作られた。

Adsc057090

Adsc057100

Adsc057120

Adsc057130

Adsc057150

鎧堰堤(よろいえんてい)です。 地図では鎧ダムになっている。

Adsc057270

Adsc057280

階段が特徴だ。

Adsc057310

地図上では、ダム湖だが砂の河原だ。 別天地だ

Adsc057350

Adsc057370

Adsc057400

ヤマツツジが満開

Adsc057420

Adsc057460

おたまじゃくしです。  気持ち悪くなったら、ごめんなさい

Adsc057530

満開のミツバツツジの中を歩きます。

Adsc057680

道に少し迷った

安藤さんが遠くの登山者に「向こうの山は何ですか」と聞いてくれた。

「堂山(どうやま)」と返事が返ってきたので、向こうに行った。

安藤さんは、向こうに行きたかったのだ

なべさんは、かなり疲れていた。(頑張れ)

Adsc057620

ここからが、アルプスです

Adsc057710

Adsc057720

http://youtu.be/PkKneILN8tA

Adsc057790

琵琶湖と大津の町が見えてきた

Adsc057870

堂山までは、幾つかのコブを越さなければならない

ここは初心者では無理だと思います。

Adsc057900

Adsc057920

やっと 頂上に着いた

Adsc057950

13時35分 遅い昼食でした。

Adsc058000

Adsc057970 

集合写真

Adsc058050

これより下山した。 右上の砂防ダムまで下ります。(14時)

Adsc058100

Adsc058110

Adsc058130

Adsc058150

砂防ダムが、顔に見える

Adsc058190

Adsc058200

川を渡ると、車道です。

Adsc058260

松井さんと私は、車まで歩いた。約20分だったから1,5kmぐらいだ。(15時5分)

Adsc058270

なべさん、よく頑張りました。

後で聞いたことだが、なべさんは、足のスジを攣ってしまったそうだ

これに懲りず、参加してくださいよ。

坂さんも、頑張りました。きつかったですか

帰の風呂は無しで、高速に乗った。渋滞に遭わず、スムーズに帰れた。

走行距離220km 高速料金往復2800円でした。

松井さん、運転お疲れ様でした。

今度の登山は、5月3日 日本コバです。

| コメント (0)

2012年4月15日 (日)

なばなの里 チューリップまつり 2

4月15日

花ひろばの写真です。Photo_5きれいでした。 

同じ様な写真ばかりですが。 

Adsc052190

Adsc052200

Adsc052220

Adsc052240

Adsc052280

Adsc052310

Adsc052320

Adsc052340 

Adsc053186

Adsc052660

上の写真の花の中に、新品種が

Adsc052659

赤いバラの様です。

Adsc053020

Adsc053060

Adsc053070

Adsc053180

Adsc053181

Adsc053182

Adsc053183

Adsc053184

Adsc053185

Adsc053187

Adsc053230

Adsc052670

上の展望台よりの眺めです。孫の為、アンパンマンを多く撮りました。

Adsc052671

Adsc052672

Adsc052750

Adsc052760

Adsc052761

Adsc052762

Adsc052763

Adsc052764

ここからは、珍しい品種です。アイスクリーム・ミッキーマウス等あります。

Adsc053231

Adsc053232

Adsc053233

Adsc053235

Adsc053237

Adsc053238

Adsc053239

Adsc053240

Adsc053241

Adsc054100

Adsc053242

Adsc053243

Adsc053940

Adsc053245

Adsc053246

Adsc053248

Adsc053249

Adsc053250

Adsc053310

Adsc053330

Adsc053370

Adsc053380

Adsc053390

Adsc053900

Adsc053910

Adsc053920

Adsc053930

Adsc053970

Adsc053980

Adsc053990

Adsc054010

Adsc054020

Adsc054030

Adsc054040

これで終わりです。

実際に行って見たほうが感動がありまから、是非 なばなの里に行ってください。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

1000円の金券は、いつもベゴニア館で使うけど、今回は長島ビール園で食事をした。

Adsc054610

オムハヤシを食べた。美味しかったPhoto_6

Adsc054590

ゴールデンウィークは山に行って、写真を撮ってきます。Photo_7

| コメント (0)

なばなの里 チューリップまつり 1

4月15((日曜日)

今日は、地域の水路掃除があった。

初めて会う人もいて、コミニケーションが出来て良い。

終わったのが9時を過ぎていたので、山は止めてチューリップの写真を撮りに、

なばなの里に行った。

なばなの里は1500円(1000円の金券付き)ですが、払っただけの価値があった。

すごい、すごいの感動の連続でした。

行って思ったことは、外人さんが多い。(中国人が多い気がした)

Adsc051100

Adsc051120

Adsc051123

Adsc051124

Adsc051150

Adsc051330

Adsc051190

Adsc051192

Adsc051194

Adsc051195

Adsc051300

Adsc051302

Adsc051303

Adsc051370

Adsc051380

Adsc051390

Adsc051400

Adsc051410

Adsc051510

Adsc051530

Adsc051540_2

Adsc051550

Adsc051630

Adsc051640

Adsc051700

Adsc051710

Adsc051720

Adsc051740

Adsc051760

Adsc051850

Adsc051851

Adsc051861

Adsc051870

Adsc051880

Adsc051900

Adsc051940

Adsc052000

Adsc052030

Adsc052040

Adsc052060

Adsc052061

Adsc052070

Adsc052090

Adsc052110

ここから花ひろばです。

続きは、なばなの里 チューリップまつり 2 を見てください。

| コメント (0)

2012年4月14日 (土)

一夜城の桜と高桑の桜

4月14日(土曜日)

午後から天気が良くなってきたので花見に出かけた。

一夜城の桜は桜吹雪でした。(白いのは花弁です)

Adsc050340

Adsc050380

Adsc050450

しだれ桜も満開

Adsc050520

Adsc050510

Adsc050590

Adsc050630

Adsc050640

次は羽島市高桑の桜です。

Adsc049940

Adsc050200_2

Adsc050170

Adsc04995

Adsc050800 

Adsc050030

Adsc050080_2

Adsc050810

Adsc050100

Adsc050820

Adsc050830

Adsc050840

Adsc050850

Adsc050870

Adsc050900_2

Adsc050940

Adsc050960

Adsc050970

| コメント (0)

彦根城

4月14日(土曜日)

第2土曜日は皆で行く登山の日です。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)

坂さん、なべさん、さっちゃんは都合が悪く欠席でした。

行き先は湖南アルプスでしたが、小雨の中を回復を期待して出かけたけど、

彦根市まで行っても、雨が止みそうでないので、

松井さんが「彦根城を見て帰ろうか」と言ったので、彦根城を見て帰った。

今回カメラの調子が悪く、携帯カメラの写真です。

彦根城は、姫路城・松本城・犬山城とともに国宝四城のひとつです。

天守閣の中に入ったが、階段が80度ぐらいの急でした。

Bp1090125_2

Bp1090127

Bp1090128

Bp1090130

Bp1090131

Bp1090136

Bp1090133

Ap10901350

Bp1090134

Bp1090139

| コメント (0)

2012年4月10日 (火)

木曽川堤の桜(138タワー)

4月10日(火曜日)

木曽川堤の桜を写して来ました。

ここは私が小さい時遊んだ場所です。

また高校時代に自転車で通学した道です。

その頃は、公園はありませんでした。

Adsc048910

Adsc049010

Adsc049050

Adsc048940

昭和3年に名勝及天然記念物に木曽川堤櫻がなっていたなんて

Adsc049100

観光バスからカメラマンが降りてきた。

ナンバーは大阪でした。

バスには「木曽川堤の桜とチューリップ撮影会」と書いてあった。

ここは有名なんだと、今初めて知りました。

Adsc049440

ネットより

愛知県一宮市光明寺、国営木曽三川公園・138タワーパーク付近、木曽川左岸の堤防に、桜並木が8kmにわたって続きます。
これらの桜は明治後期に植えられたものだそうで、樹齢100年は越すという桜の古木も見られます。

早咲きのヒガンザクラ、シダレザクラに続き、ソメイヨシノ、ヤマザクラが堤を覆い隠すように満開の桜の競演を魅せます。

「木曽川堤の桜」と言うと、奈良津堤の桜(岐阜県笠松町)や長良川中堤の桜(岐阜県海津市)なども含まれるようですが、その中でもここの桜は他所にはない圧倒的な美しさがあります。
(国指定・名勝天然記念物) 

また、2012年版全国お花見900景http://hanami.walkerplus.com/detail/S2312.html

に載っている名所なのだと初めて知りました。

Adsc049160

Adsc049170

Adsc049600

Adsc049590

私の孫もこの子ぐらいだ 会いたいな

Adsc049580

| コメント (0)

2012年4月 9日 (月)

2012 犬山祭

4月8日(日曜日)

坂さんと各務原アルプスを歩いて、家に帰った。

少し休んで、犬山祭の「夜車山」の写真を撮りたくて犬山に行った。

犬山祭は初めて見に行きます。

車は河川敷で止め1km程を歩いた。

本通りは両端に店が出て、まつりの雰囲気一杯でした。

正面に犬山城が見えてきた。

Adsc047920

神社前広場でパンフレットを貰った。これが見れるんだ

午後7時30分に広場に車山(やま)が6台集まって来ると聞いた。

Adsc047860

Adsc047850

屋台を見て回った。一番行列が出来ていた店はたいやきだった。

天然のたいやきと書いてある 

鯛を使っているわけでない。特選素材を使って焼いているよだ

行列が多いほど、美味しいと思ってしまうのだろうな

Adsc047900

針綱(はりつな)神社にお参りした。

パンフレトを読んで分ったことだが、車山(やま)のからくりは、

針綱神社に奉納するもので、歴史も古く、今回で378回目です。

1600年初めから続いているなんて凄い。

針綱神社は尾張五社に入るのです。(熱田・国府宮・津島・・))

Bdsc04784

Adsc047840

八方除けのお守りを買った。(山に登る時に持って行こう)

Adsc047910

Adsc047830

Adsc047750

Adsc047720

本殿横の坂道を登って行くと、国宝犬山城が見えてくる。

時間も無いので入城するのは止め、写真だけにした。

Adsc047820

Adsc047780

Adsc047810

私も上のおじさんの位置から写しました。これです

Adsc047800

18時 御神燈に灯りがついた。

Adsc047950

Adsc047960

神殿で祭りを終える神事が行われていた。

Adsc047970

Adsc047980

この神輿をみんなで片付けていた。

Adsc048000

高校生ぐらいの巫女さん(アルバイトだろうか)

Adsc048020

犬山城がライトアップされた。

Adsc048050

夜車山(よやま)の出発時間(19時)になった。

一番目は、余坂町です。

Adsc048080

Adsc048110

2番目から動画で見てください。写真より迫力がありますよ

動画は本町通りに出る前です。

2番目 枝町http://www.youtube.com/watch?v=GHJiSo5UGYM

3番目 魚屋町http://www.youtube.com/watch?v=vEdyZzUVLXo

4番目 寺内町http://www.youtube.com/watch?v=H5Yivayta44

5番目 練屋町http://www.youtube.com/watch?v=uu5p0DDyPuk

6番目 浦島(新町)http://www.youtube.com/watch?v=qPERCh6HqUM

本町通りに出て、浦島(新町)の夜車山の後ろに付いて広場まで歩いた。

http://www.youtube.com/watch?v=JUw3bAUpvDo

針綱神社前で方向を変える「どんでん」は感動でした。

重さ5t超の車山を、男達が豪快に持ち上げて方向転換するを「どんでん」と言います。

http://www.youtube.com/watch?v=jCAH6TtRWSw

下は、広場に集合した北組6台の夜車山(よやま)です。

Adsc048380

Adsc048410

Adsc048460

Adsc048510 

祭りが終わり引き上げる、夜車山(よやま)

Adsc048630

中日新聞の記事より

Adsc048670

もっと詳しいことは、犬山観光情報のHPhttp://inuyama.gr.jp/events/14450

を見てください。興味がある人は来年見に来てください。

| コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

各務原アルプス(明王山・猿啄城跡)関南アルプス(迫間山)

4月8日(日曜日)

今日は坂さんと、各務原アルプスの一部を歩いてきた。

http://www.city.kakamigahara.lg.jp/shisei/kenkou/pdf/20-1.pdf

迫間山(はざまやま)は関市なので正確には関南アルプスです。

スタートは「ふどうの森」からです。ぶどうと読み間違えてしまいますよね

ふどうは迫間不動(はざまふどう)の不動です。

ここに数台の車を駐車できます。

Adsc046690

Adsc047690

金毘羅山(こんぴらさん)

Adsc046810

明王山

Adsc046940

Adsc046960

ヒカゲツツジ(日陰つつじ)が咲き始めていました。

和名の由来は谷沿いのやや日当たりの悪い場所に生えることからですが、

日の当たるところに咲いていた

Adsc046970

アセビの花とアンテナ塔

Adsc047020

次に猿啄城跡(さるばみじょうあと)に向った。

Adsc047160_2

流れている川は、木曽川です。

きれいな景観から日本ラインと呼ばれている場所です。右の山は、鳩吹山です。

Adsc047250

明王山に戻り、迫間山に向います。ここにもヒカゲツツジが咲いていた。

Adsc047340

Adsc047100_2

Adsc047410

これは、たぶんミツバツツジです。

Adsc047430

ここで昼食を食べた。景色がいい

ここが迫間不動奥院で八方不動明王が祭られていました。

Adsc047540

Adsc047620

迫間城跡が迫間山(はざまやま)です。

Adsc047580

ここから「ふどうの森」に下りた。ショウジョバカマが咲いていた。

Adsc047650

迫間不動にお参りして家に帰った。ご利益があるといいな。

Adsc047700

| コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

いなべ梅林公園(梅まつり)

4月1日 いなべの梅林公園に行ってきました。(今年2回目)

しだれ梅が満開できれいでした。

天気はうす曇で、時々太陽が出ましたがシャッターチャンスは少なかった。

風も冷たく、震えていました。

同じ日に、坂さんも「行った」と後で聞いてビックリしました。

自分の親と嫁さんの親を連れて行くなんて、何て親孝行なんだ。

奥の山が、藤原岳と御池岳です。

Adsc046560

梅苑の梅は観賞用で、梅は取れないのでは!

Adsc046020

Bbdsc046010

Bbdsc045950

Adsc046230

Adsc046330

Adsc045890

Adsc045790

Bdsc045810

Bdsc045800

Bdsc045780

Adsc046410

ここは、大梅林園で梅を収穫する木です。

Bdsc046170

Adsc046150

Aadsc046580

下は1年前、上の鉄塔から写した写真です。

その時のブログhttp://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-2a77.html

http://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-2a77-1.html

Adsc048080

梅以外に水仙もきれいでした。

Adsc046500

「こつこつ登山」のブログの事

@nifytyココログの無料(ベーシック)の容量2GB(2000MB)を、

オーバーしてしまった

アップした画像は7000枚以上でした。

今回、ベーシックからプラスに契約を変更しました

5GB(5000MB)あるので当分はあります。

それに、3個のブログを作れます。

それには登山以外の事を載せる予定です。

| コメント (3)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »