« いなべ梅まつり | トップページ | いなべ梅林公園(梅まつり) »

2012年3月25日 (日)

野登山(ののぼりやま)

3月25日(日曜日)

今日の山は、亀山市の野登山(ののぼりやま)851.6mです。

前日より冬型の気圧配置になり、鈴鹿の山は雪山になっていた。

今日は風が強く、一時雪が舞い寒かった。

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

なべさん、さっちゃんは仕事で来れなかった。

野登山は、皆がまだ登ったことがなかった。

何故なら、頂上まで車で行けるので、魅力がなったからだ。

今回、ミツマタの花が数万本もあるミツマタの森を見たくてここにした。

坂本棚田では、今が満開のミツマタの花を見れて最高でした。

しかしミツマタの森は、まだ蕾(つぼみ)から三分咲きでした。

棚田がスタート地点で、右回りをして棚田に戻った。(黄色が歩いたコース)

Adsc038350

7:00羽島 → 8:50坂本棚田駐車場9:00 → 9:57ミツマタの森 → 

11:00仙鶏尾根 → 11:50野登山12:25 → 14:00坂本棚田駐車場 → 

14:50湯の山温泉 グリーンホテル16:10 → 17:30羽島
 

棚田の駐車場です。トイレもあります(車の後ろ)。

Adsc037240

棚田のミツマタです。

空は暗い雲があったが、ミツマタだけに陽が当たっていた。

ミツマタ・みつまたの説明を少し書きます。

枝が3本ずつ分岐するので、これが名の由来になった。

樹皮には強い繊維があり、和紙の原料になります。

しわになりにくく高級でまた虫害にもなりにくいので、

1万円札などの紙幣や証紙など重要な書類に使われています。

Adsc037270

枝が3本に別れているのが分りますか

Adsc037300

Adsc037320

Adsc037330

Adsc037360

Adsc037380

Adsc037400

棚田を通り、ミツマタの森に行きます。

Adsc037430

野生動物が入らないように、電線を張った金網がしてあります

Adsc037480

ミツマタの森

Adsc037510

Adsc037520

ロマンチックに表現すれば、ホタルが舞っているよう。

花粉が飛んでいるようにも見えるは変かな。

Adsc037530

Adsc037580

まだ蕾です。

Adsc037680

山の斜面にミツマタが群生しています。

Adsc037710

Adsc037730

やせ尾根の直登を行きます。

Adsc037760

Adsc037770

Adsc037790

仙鶏(せんけい)尾根に出ます。

Adsc037840

車道に着きました。

Adsc037850

白く三角の山が鎌ヶ岳です。

Adsc037860

無線中継所が見えてきました。

Adsc037870

ここは頂上でありません。

Adsc037930

Adsc037950

次に三角点がある電波塔に向った。

Adsc037960

国見石は電波塔の近くです。

Adsc037990

Adsc038010

ここの近くに三角点があります。

Adsc038040

Adsc038050

展望が無い狭い頂上です。

Adsc038060

雪が降ってきました(寒かった)。 ここで昼食を食べた。

Adsc038100

帰りは、野登寺(やとうじ)に向った。

山は野登山(ののぼりやま)と訓読みしますが、寺は音読みです。

Adsc038110

寺の近くに、杉の巨木が何本もあった。

Adsc038120

鶏足表参道コースで下りた。店のようだがやっていなかった。

Adsc038150

Adsc038170

野登山はもう一つの名前がありました。

鶏足山(けいそくさん)です。にわとりの足と書きます。

Adsc038190

Adsc038200

表参道コースは広い道でした。

Adsc038260

坂本の部落に下りて来ました。民家にはアセビやミツマタの花が咲いていました。

Adsc038290

Adsc038300

棚田駐車場から見たミツマタ群生地です。

Adsc038330

ズームです。朝に、ここでミツマタの写真を撮った場所です。

Adsc038320

帰りのお風呂は、湯の山温泉に向かい「グリーン ホテル」に入った。

源泉掛け流しの湯で、気持ちが良かった。

帰りも高速道路を使わず帰った。往復150kmでした。

松井さん、運転お疲れ様でした。

皆さん、お疲れ様でした。

今度の登山は、4月14日(土曜日) 滋賀県の田上山系の湖南アルプスです。

« いなべ梅まつり | トップページ | いなべ梅林公園(梅まつり) »

(三重県) 仙ヶ岳・宮指路岳・野登山・雲母峰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いなべ梅まつり | トップページ | いなべ梅林公園(梅まつり) »