« 小倉山(養老) | トップページ | 「千代菊」の酒蔵開放 »

2012年2月11日 (土)

富幕山・金山

2月11日(土曜日)建国記念の日

今日の山は、愛知県新城市と静岡県浜松市の県境にある、

富幕山(とんまくやま)563.2mと金山(かなやま)423.4mです。

メンバーは6人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、さっちゃん、私)

富幕山は静岡県側から登るのが普通のようだが、松井さんが持ってきた、

「愛知県の山」(山と渓谷社)の本に載っているコースを歩いた。

金山は予定には無かった山で、予習はしてなかった。

三ケ日ICを下りてからコンビニが無く、おにぎり無しの登山になった。

Maptonmaku

6:13羽島IC → 7:35三ケ日IC → 8:13瓶割峠(かめわりとうげ)8:23 → 

9:45富幕山10:56 → 12:15瓶割峠 → 12:56金山13:10 → 13:47瓶割峠 → 

14:26かんぽの宿 浜名湖三ケ日15:45 → 16:04三ケ日IC → 17:30羽島IC

まだ暗い6時に集合し、さっちゃんを拾い羽島ICから高速に入った。

木曽川を渡る高速より東の空が明るくなってきた。恵那山が見える。

Adsc031700

瓶割峠(かめわりとうげ)が分り難く、少し通り過ぎて戻った。

Adsc031790

Adsc031850

Adsc031860

Adsc031890

富幕山まで2km 58分と書いてあるが、60分となぜ書かないのか?

書いた人は、こだわりる人なのだろう。

Adsc031900

扇山の頂上らしき場所だが、標識がない。

Adsc031920

Adsc031930

霜柱を踏みしめ歩く。カサカサと心地よい感触だ。

Adsc031960

Adsc031950

右も左も木々で景色は見えない。でも道は広い。

Adsc031980

急登の所もある。

Adsc032020

NTTの電波塔の裏側を通る。

Adsc032050

頂上に着いた。

Adsc032060

点の記では、富巻山と書いてある。

Adsc032100

Adsc032140

Adsc032150

Adsc032200

尉ヶ峰(じょうがみね)と浜松市です。浜松ギョウザを食べてみたい。

Adsc032180

浜名湖方面

Adsc032350

なべさん 日時計に挑戦しています。  今10時です。

Adsc032210

Adsc032220

静岡側からの登山道は3コースある。

Adsc032160

Adsc032430

Adsc032300

Adsc032290

Adsc032330

なべさんは、携帯がつながらないと、不思議顔。

NTTの無線中継所なのに、私のドコモの携帯も圏外なのは不思議だ。

Adsc032320

ここまで自転車で登って来れるようです。

このお兄ちゃんに、写真を撮ってもらった。

Adsc032360

Adsc032370

Adsc032390

登山者のおじさんに松井さんがお勧めの山を聞いたら、

金山が良いと言われ、金山に行くことにした。

帰りは、同じ道を戻った。

Adsc032450

何を拾っているでしょうか?

Adsc032480

どんぐりです。

Adsc032500

Adsc032490

花の無い時期に赤い実はきれいだ。名前は分らない

Adsc032540

柊(ひいらぎ)は節分と関係があると松井さんが言っていた。

Adsc032550

正面の山が金山です。

Adsc032580

峠の車に着いた。リュックは車に置いて金山に向った。

Adsc032600

松井さんが、採石場のおじさんに道を聞いたら、

ここを通り林道を行くと言われた。

Adsc032760

Adsc032630

Adsc032640

頂上からの展望はよくない。

大きな反射板があり、遠くに本宮山が見える。

Adsc032710

Adsc032670

Adsc032730

帰りも採石場の中を通らしてもらった。

Adsc032740

山の斜面には、三ケ日みかんの木が一杯植えてある。

あの尾根を歩いた。

Adsc032790

富幕山頂上のアンテナ塔が見える。

頂上に目立つ物があるのは、山が分ってうれしい。

Adsc032820

帰りの風呂は、かんぽの宿に入った。

松井さんのメガネ! 何処に行ったのでしょうね?

Adsc032850

Adsc032860

コンビニで食料を買って、食事無しで羽島まで帰った。

往復280km 高速料金往復3100円

松井さん 運転お疲れ様でした。

皆さん お疲れ様でした。

今度は2月25日三重県亀山市の明星ヶ岳です。

« 小倉山(養老) | トップページ | 「千代菊」の酒蔵開放 »