« 御在所岳 | トップページ | 相戸岳 »

2011年11月12日 (土)

西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳

11月12日(土曜日)

今日の山は、福井県敦賀半島の西方ヶ岳(さいほうがたけ)764mと

蠑螺ヶ岳(さざえがたけ)685.5mです。蠑螺これを、さざえと読むのは難しいです

西方ヶ岳は、敦賀三山(岩篭山、野坂山、西方ヶ岳)の一つです。

メンバーは6人(松井さん、坂さん、なべさん、安藤さん、Hさん、私)

6人で行くのは初めてです。

松井さんの車は5人乗りなので、息子さんの6人の乗用車を借りてくれた。

今日のコースはです。帰りはバスの予定でしたが

Ab

コースタイム

6:43羽島IC → 7:40敦賀IC →  8:05常宮神社8:20 →  

8:45奥の院展望所8:52 →  9:34銀命水9:40 →  10:02オウム岩10:05 →  

10:48西方ヶ岳11:03 → 11:30カモシカ台1135 →  12:071蠑螺ヶ岳2:25 →  

14:04浦底 →  15:12敦賀きらめき温泉(リラ・ポート)16:38 →  

16:45敦賀IC → 17:45羽島IC

松井さん家に早朝6時半に参加者5名がきっちり集合。いつもながら時間に正確。

Hさんを羽島IC近くで乗せ、羽島ICに入り、敦賀に向けて出発した。

敦賀市内のコンビニで食料を買い、敦賀半島の東側を北上する。

登山口のある常宮(じょうぐう)の集落の常宮神社に8時過ぎに着いた。

車は境内に数台止めれるが、路肩に止めた。

Adsc012090

神社の道を挟んで反対側は、敦賀湾です。

朝の太陽がまぶしく、写真を撮ると逆光になる。

Adsc012100

Adsc012110

Adsc012120

常宮神社でトイレを借り、出発した。

Adsc012150

Adsc012130

Adsc012140

Adsc012180

神社北側の駐車場は、参拝者用なので駐車は出来ません。

七五三で今日は混むかも。

Adsc012200

集落に入った所に、西方ヶ岳登山口の標識があるので、迷うことはない。

Adsc012220

Adsc012250

立冬が過ぎ、寒いかと思ったら、今日は割と暖かいので服を一枚脱いだ。

前方の白い岩が奥の院展望所です。

Adsc012260

約25分で着いた。

Adsc012290

Adsc012330

Adsc012370

太陽の光が敦賀湾に反射してまぶしい。

Adsc012310

木が生い茂った所が常宮神社で、その左が常宮部落です。

Adsc012390

登山道には、ツウリンドウの蕾があった。

Adsc012410

さらに40分チョットで銀命水(ぎんめいすい)に着く。

Adsc012420

岩の下から冷たい水が湧き出ている。なべさんと私は飲んでみた。

Adsc012450

リンゴ・柿を貰って食べた。(なべさん、安藤さん ありがとうございます)

Adsc012470

Adsc012480

次は20分ぐらいで、オウム岩に着いた。

Adsc012520

Adsc012570

落葉のじゅうたんを歩く。

Adsc012580

出発して、2時間半で西方ヶ岳(さいほうがたけ)頂上に着いた。

Adsc012600

三角点は、頂上より西に少し下って登った場所で、展望がない場所でした。

Adsc012630

標識がある所に戻り、少し東に下りた岩の上からの展望。

敦賀湾は波が何もなく、湖のように静かでした。絶好の展望スポットです。

Adsc012640

敦賀湾と敦賀の街

Adsc012690

Adsc012710_2

タンカーが止まっていた。 

Adsc012700

Adsc012720

セルフタイマーで集合写真で写すと、みんなの表情がいい

Adsc012730

Adsc012740

避難小屋の裏から、さざえヶ岳に向う。

Adsc012750

中間点のカモシカ台に立ち寄る。

カモシカ台の由来は、敦賀山の会がここでカモシカを発見したことによる。

Adsc012800

山頂に花崗岩質の白っぽい岩が幾つか寄り集まった形になっている。

今まで見えなかった西側が見えた。

若狭湾・美浜原発・丹生大橋が箱庭のようにだ。

Adsc012770

カモシカ岩   この上にカモシカが居たんだ

Adsc012790

松井さんも登った。

Adsc012840

Adsc012860

北に蠑螺ヶ岳のやや傾いだ姿がだいぶ大きくなってきた。

この傾いだ姿がサザエの殻に似ているのだろうか。

Adsc01282

縦走道に戻り、蠑螺ヶ岳(さざえがたけ)に向う。

小さなピークを2,3越える。

Adsc012900

Adsc012920

Adsc012930

Adsc012940

岩がゴロゴロした小さな広場に着いた。それが蠑螺ヶ岳(さざえがたけ)頂上

Adsc012950

Adsc013000 

Adsc013030

東の斜面を数m下がった所に展望岩あった。

http://www.youtube.com/watch?v=B0brv2NfW1g

東側の敦賀湾に明神崎の先に水島(みずしま)がきれいに見えた。

Adsc013020

Adsc013100

Adsc013060

敦賀原発

Adsc013080

蠑螺ヶ岳(さざえがたけ)頂上で昼食を食べた。

Adsc013120

Adsc013130

帰りのバスが気になって、のんびり食事をしていられない。

バスの時間は13時47分で乗り遅れたら、7~8km程を歩いて帰ることになる。

今の時間は12時25分だ 後1時間20分しかない。

普通に下りても、1時間30分は掛かってしまう。

みんなで時間までに下りるのは無理だが、1人がバスの時間まで間に合えば

自家用車を持って来れる。

私が手を上げたが、松井さんが「息子の車は乗りにくいから」と言って、

松井さんが、バスの時間までに下りてくれた。

なので5人で下りた。先頭のHさんは初心者に近いが、早かった。

Adsc013240

途中の、展望がいい岩です。  松井さん見れなくてすみません。

Adsc013210

前日の雨で滑りやすかった。落葉も滑る原因になった。

なべさんは2回も転んだ

登山口に着いたのは13時57分だった。もう10分前にバスは出ている

まだこれから、バス停までは10分は掛かる。

松井さんは、間に合っただろうか

Adsc013300

原発の神明寮前の国道に着いたのは、14時4分だった。

しばらくしたら、松井さんが車で来てくれた。(ありがとうございます。)

Adsc013310

帰りの温泉は、敦賀きらめき温泉リラ・ポートに入った。

建物は、飛行場のよう。入浴料は少し高めの1000円。

Adsc013370

Adsc013390

16時38分に出た。もう薄暗い、日が暮れるのは早いと感じた。

Adsc013400

羽島ICに17時45分に着いた。敦賀ICより1時間だった。

走行距離230km 高速料金半額割引で片道1150円

Hさんを下ろし、松井さん家で解散。

みなさん お疲れ様でした。

羽島で最近オープンしたうどん屋さんで、晩ご飯を食べた。

Adsc013440

Adsc013460

西方ヶ岳・蠑螺(さざえ)ヶ岳の縦走は、帰りの足が課題となります。

登る前にバスでの移動をお勧めしたい。H23.5.1改正

常宮線 コミュニティバスを利用する。(料金は200円)

常宮(じょうぐう)7:22 → 7:34浦底(うらそこ)

浦底(うらそこ)7:49 → 8:01常宮(じょうぐう)

最後まで見てくれて、ありがとうございます。

« 御在所岳 | トップページ | 相戸岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御在所岳 | トップページ | 相戸岳 »