« 伊自良の「連柿」と伊自良湖のもみじ | トップページ | 養老の滝と木曽三川センターのイルミネーション »

2011年11月27日 (日)

なばなの里 ウインターイルミネーション

11月27日(日曜日)

「なばなの里」で、ウインターイルミネーション『冬華の競演(トウカのキョウエン)』を、

見てきました

前回のテーマ『富士と海』を超える内容でした。

去年のブログhttp://cocorohareta.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-63b6.html

今回はテーマは「日本の四季」です。

季節によって千変万化する風景を、100年を越すという「一本桜」〔エドヒガン(桜)〕

の大自然で表現しています。

12時に家を出て、13時になばなの里に着いた。

入場券を買ったら、ベゴニアガーデンの入場券が付いてきた。

(14時前にチケットを購入すれば、貰えるようだ。)

園内を歩くと、もみじがきれいに紅葉していた。

Adsc016570

Adsc016580

Adsc016630

ダリアの花を見に行った。

Adsc016640

点灯する前の、光のトンネル

Adsc016650

まだ、ダリアの花はきれいに咲いていた。

でも観光客は少ない。

Adsc016840

ベゴニアガーデンを見て、15時温泉に入った。

温泉は肌に優しいお湯でした。

掛け流しなので、長く入っていても消毒(塩素)の臭いは無いのでいい

17時前、お風呂の外が騒がしくなってきた。

イルミネーションの点灯の時間だ。

風呂は私だけになったが、まだ一時間は入っていた。

18時になり、イルミネーションを見に出た。

Adsc018860

Adsc018960

Adsc018900

Adsc018850

Adsc018920

Adsc018930

Adsc018950

Adsc018020

Adsc018030

Adsc018040 

光のトンネル   ここの光はLEDでなく、発熱灯で光が暖かい。(たぶん

Adsc018090

Adsc018100

Adsc018110

下は一ヶ月前の準備の様子です。

Adsc008370

下の写真は今日です。上の車がある位置から写真を撮りました。

桜咲き舞い散る春

Adsc018120

眩いばかりの緑の夏

Adsc018220

紅葉が映える秋

Adsc018130

Adsc018140

雪景色の冬

Adsc018150

展望台より、見ている写真

Adsc018290

Adsc018350

花火

Adsc018620

Adsc018630

Adsc018390

Adsc018310

動画もあります。動きがあるのは動画が一番分りやすい。

音楽も流れて素晴らしいです。

◎四季のある日本ならではの情景の動画です。
春:桜咲き舞い散る景色
http://www.youtube.com/watch?v=1NmTFckko5I
夏:眩いばかりの緑
http://www.youtube.com/watch?v=U8_OVy470Dg
夏:花火
http://www.youtube.com/watch?v=-f2T7JIKsYk
秋:美しい紅葉
http://www.youtube.com/watch?v=14xvmeqsdXk
冬:雪景色
http://www.youtube.com/watch?v=jv5HKrA3wn4

この動画を一般公開したら、コンテンツの問題で公開をブロックされました。

検索からは見れませんなので、ブログから見てください。


次に、宝石箱です。下の写真は1ヶ月前の準備の様子です。

Adsc008410

今日の様子です。

Adsc018720

Adsc018730

ピンボケも良いのかなと思い

Adsc018750

Adsc018760

Adsc018740

紅葉のライトアップ

Adsc018810_2

Adsc018830_2

20時30分 帰った。

今回思ったことは、スマートホンを持った人が多い。(写真を撮っている人)

電話、カメラ、パソコンが合体した様なものだと思う。

私も興味があるが、もったいない、と思ってしまう。

カメラは今のが良いと思っているし、愛着もある

娘へ 

これからも、感動して貰える写真を撮りに行きますね

« 伊自良の「連柿」と伊自良湖のもみじ | トップページ | 養老の滝と木曽三川センターのイルミネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伊自良の「連柿」と伊自良湖のもみじ | トップページ | 養老の滝と木曽三川センターのイルミネーション »