« ハライド・藤内壁(とうないへき) | トップページ | 138タワーパーク »

2011年5月14日 (土)

毛無山・富士芝桜まつり

5月14日(土曜日)

今日の山は、富士山の西側の毛無山(けなしやま)1945mです。

どうしてこの名前が付いたのかは分かりませんが、頂上は、はげ山でありません。

メンバーは3人(松井さん、安藤さん、私)  坂さんは、残念ながら欠席でした。

高速料金上限1000円が5月末で終わりになる ので、

(まだ法案が可決していないので、伸びるかもしれません)

高速料金上限1000円の内にと、遠くに行くことになりました。

今日のコース

5:30松井さん宅 → 5:40羽島IC → 8:15富士IC →  9:00毛無山駐車場9:10 

→ 12:25毛無山13:15 → 15:20毛無山駐車場 → 15:40富士芝桜まつり16:30

→ 17:42富士IC →  20:56羽島IC →  21:02松井さん宅

富士川SA手前の高速道路より、前方に富士山が見えるが、

黄砂で、ぼんやりしか見えない。(黄砂がAdsc06937

コースは黄色ラインの往復です。

見て分かるように、登り口より稜線まで1000mの直登の急登でした。

安藤さんは、両足の太股をつってしまい辛そうでした。Adsc07114

この駐車場は、無人の有料駐車場でした。Adsc06949

Adsc07051

出発です。Adsc06950

Adsc06953

新緑の若葉が、まぶしいくらいです。Adsc06955

涸れ沢を渡ります。Adsc06957

Adsc06962

ミツバツツジです。葉っぱが3枚なので、三つ葉つつじです。Adsc06964

「不動ノ滝見晴台」より落差100mの不動ノ滝が見えます。Adsc06967

Adsc06972

Bdsc06970

イワカガミが見晴台近くに咲いていました。Adsc06973

アセビの花Adsc06980

やっと五合目です。Adsc06982

足元にバイケソウ(ユリ科)が生えています。

オオバギボシOobagibosiと間違えて、食べると中毒になりますので注意してください。

ここまで登ってくると木々は、まだ芽吹いていません。Adsc06987

富士山展望台は大きな岩の上です。Adsc06990

黄砂で少し霞んでいますが、これだけ見えればラッキーですAdsc06991

八合目ぐらいから、安藤さんは両ふとももを攣ってしまった。

安藤さん、頑張って もう少しです。(辛そうですAdsc07010

稜線に着いて、安城から来た3人グループの女性から、薬を貰った

この薬は、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)   (発作の緩和に即効性あり)Adsc07011

北アルプス展望台に登ります。Adsc06999

山の名前は私が調べたので、間違いがあるかも知れません

この山は、南アルプスの山でしたAdsc07003

Adsc07004

Adsc07005

Adsc07006

プレートに北の下に南と書いてありました。(やはり南アルプスですよねAdsc07009

頂上に着きました。富士山側しか展望はありませんが雄大な眺めですAdsc07016

安藤さんは、疲れた顔しています。Adsc07021_2

最高の場所で、ランチですAdsc07031

カップメンのカップは風船のようです。Adsc07028

Adsc07023

パラグライダーやハンググライダー鳥のように飛んでいました。

ハンググライダーの人が、こちらの方に来て、手を振ってくれました。

残念ながら、そのシャッターチャンスを逃してしまった。Adsc07036

富士山を見ている、登山者Adsc07038

復路は、安藤さんの足が心配だったので、回り道しないで下りた。Adsc07047

麓でニリンソウが咲いていた。Adsc07049

駐車場に着いた。ホットAdsc07050

麓のオートキャンプ場です。明日は日曜日なので、今日は泊まりなのでしょう。Adsc07053

Adsc07054

Adsc07055

今日のもう一つの目的地、富士芝桜です。

入り口に五分咲きと書いてあった。

芝桜の苗は、かなり少なかった。Adsc07063

まばらの芝桜です。遠くから見ると、コマクサのようです。Adsc07065

Adsc07067

富士山が目の前に見えるので、絵になりますが

芝桜は迫力がありませんAdsc07069

Adsc07072

Adsc07074

Adsc07075

Adsc07080

Adsc07082

Adsc07085

Adsc07092

Adsc07093

Adsc07096_2

パンフレットのように、芝桜の絨毯(じゅうたん)の年もあったのでしょうが、

今年は、はっきり言って落ちます。Adsc07113

帰りに、「道の駅 朝霧高原」に寄り、国道139号線、西富士道路(無料)と走り

富士ICに入り帰った。

帰りの車中では、安藤さんから、パンやお菓子を貰って食べた。

(いつも、すみません)

羽島の松井さん宅に着いたのは、午後9時を過ぎていた。

松井さん、往復の運転お疲れ様でした。(ありがとうございました)

走行距離570km 高速料金2000円でした

松井さん宅で、旬な野菜をいっぱい貰った。

松井さんの奥さん、何時もありがとうございます。

« ハライド・藤内壁(とうないへき) | トップページ | 138タワーパーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハライド・藤内壁(とうないへき) | トップページ | 138タワーパーク »