« 妙法ヶ岳 | トップページ | 南亦山(みなみまたやま) »

2011年1月23日 (日)

小倉山(養老)

1月23日(日曜日)

今日の山は、養老の小倉山です。

朝は寒いから、布団から出れない。

寒いのが嫌いな私が、なぜ寒い雪山に行くのかよく分からない

朝9時に起きて、養老山を見たら曇っていたので、止めようかと思った。

それで、NHK日曜討論を見た。(日本はどうなるのかと討論を聞いていた)

羽島インター南のバローに買い物に出た。

98円の焼きたてのパンが美味しい

時間は11時を過ぎていた。

山に行くぞっと、やっとその気になった。

養老の駐車場です。駐車場のおじさんが居ないので、今日は無料でした。

Adsc03083a

観光客は、滝まで歩いて行けない。リフトは動いている。

Adsc03085

養老の滝です。

Adsc03086

Adsc03089

上の駐車場です。ここは料金が要ります。

登山ノートに、氏名、住所、行き先、帰る時刻を書く。

今の時間は12時30分です。

殆どの人は、午前中に登り始めていた。(当然でしょうね

私の前に、10組ほど、延べ人数で30人。

その中に、私と同じ住所の人が居た。

竹中さん、正木町坂丸 メンバーは14人の大団体だ

たぶん八八会だ 安藤さんはいるだろうか

Adsc03094

養老の滝の上です。養老でこんなに雪が多いのは初めてだ

もう帰ってくる登山者。

Adsc03095

Adsc03101

チョット 面白い人がいる。雪の上に大の字を書いている。

Adsc03102

雪はだんだん多くなってきた。アセビの木が雪をかぶって耐えている。

帰って行く登山者ばかりです。

残念ながら、八八会らしき人達には会わなかった。

Adsc03106

Adsc03108

Adsc03109

Adsc03110

Adsc03115a

Adsc03117a

Adsc03118

14:10 ~ 14:20  

頂上です。誰もいないのは寂しいもです

Adsc03122a

帰り道

Adsc03121a

前方左の山、雲の中が笙ケ岳(しょうがたけ)です。

Adsc03130a

三方山に寄ってみた。

Adsc03132a

登山届けの駐車場に15時25分に着いた。

私が最後でした

養老神社の境内に菊水泉がある。

水がお酒に変わったと言われる伝説は滝の水ではなく、実はこの湧き水です。

Adsc03139a Adsc03140 Adsc03141 Adsc03142

下の駐車場に15時50分に着いた。風呂は無しで帰った。

帰りに、この店に行きました。http://www.gifucomi.net/shop/shop.shtml?s=607 

養老はお肉屋さんが多いので有名です。

皆さんは知っていましたか

Adsc03144 Adsc03147 Adsc03145 Adsc03146

飛騨牛ロース100g 600円は美味しそうだが、もったいない。

飛騨牛切り落としを500g買って帰りました。(チョット贅沢をしました

家に帰って、5等分してラップに包んで、4つを冷凍した。

100gを使って、プチすき焼きをして食べました

飛騨牛って、なんて美味しいだPhoto

残りは、牛丼や肉じゃが等で食べよう。Photo_2

« 妙法ヶ岳 | トップページ | 南亦山(みなみまたやま) »

コメント

こんばんは はじめまして。
福井のマリリンさんコメントありがとうございます。
養老山は、夏は蛭がいるので私はあまり登りませんね。
蛭に指される、食われるのは経験はありますので分かります。
夏は、蛭以外に蜂や蛇もいます。
人間が自然の中に入っていくので、居て当然でしょうね。
動物などが住む山に入るのだから、熊、鹿、猪、猿などを見ることもありますよ。

雪山には登る自信はありませんが、
養老にこんなに雪があったのは初めてでした。
どこかの山で会うのは、宝くじに当たるくらいの確立でしょが、会えたら、うれしいです。
またコメントを貰えればうれしいです。

投稿: こつこつ | 2011年2月 8日 (火) 23時49分

こんにちは♪
 写真を懐かしく見せて頂きました。ありがとうございました。
 養老山は夏山と11月に登りました。夏山は蛭の大群に悩まされ、泣き泣きの登山でした。
 私が計画したので弱音は吐きたくなかったのですが20ケ所も刺され、暫くは幻像を見ることになりました。
福井在住の私は今年の大雪で雪かきに負われ、冬山登山どころではないのでNET上で我慢しています。
 3月になれば、道路状況も良くなるので遠出して滋賀県の山に挑戦したいと思っています。
 どこかでお会いできることがあるかもしれませんね♪

投稿: マリリン | 2011年2月 8日 (火) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妙法ヶ岳 | トップページ | 南亦山(みなみまたやま) »