« 白猪山 | トップページ | 小倉山(養老) »

2011年1月10日 (月)

妙法ヶ岳

1月10日 成人の日

今日は、谷汲の華厳寺にお参りして、

妙法ヶ岳(みょうほうがたけ)666,9mに登ってきました。

谷汲山華厳寺は、平安時代初期の延暦十七年(798年)に健立され、

西国三十三番満願霊場として名高い天台宗の名刹です。

ちなみに、西国一番は那智勝浦の青岸渡寺です。

谷汲山の名前の由来は、華厳寺の創建の際、谷間から油が湧き出たので、

これを灯明にして、油に事欠かさなかった事からのよです。

Adsc03016 Adsc03017 Adsc03018 Adsc03019

Adsc03060 Adsc03021 Adsc03059

華厳寺でお参りして、次に奥之院に向った。

満願堂の右手の登りの道を進む。

山道は、やがて三田洞弘法さんからの東海自然歩道に収束する。

Adsc03024 Adsc03057 Adsc03023

後は歩きやすい一本道です。

小さな石仏の道を行けば、奥之院まで歩くと、

手軽なミニ西国巡礼で満願成就できるようになっている。

でもここまで登って来る、参拝者は少ない。

Adsc03026 Adsc03056 Adsc03055

少し登った場所に水場がある。

ご利益がありそうな水を頂いてきた。

以前、夏にここに来た時は水は出ていなかった。

Adsc03030 Adsc03031 Adsc03032 Adsc03035

ここから谷汲の街が見渡せる。

ここからの登りは、雪があり急な道になる。

尾根は新雪が20cmは積もっていた。

足跡が1人横蔵寺に向っている。

足の大きさから、女性の足だ。1人で行くなんて度胸がある人だ

足跡は動物のもある。イノシシだ 冬眠しないのだろうか

頂上は、林の中で展望は良くない。

風があり、耳や顔が凍るほど冷たい。

Adsc03028 Adsc03039 Adsc03043 Adsc03044

少し進み、鉄塔のあると所まで行くと少し展望が良くなった。

鉄塔越しに見えるのは、小津権現山です。

ここから横蔵寺まで歩くには、雪があり時間も心配だったので、

ここで引き返すことにした。

Adsc03046 Adsc03051 Adsc03050

華厳寺に戻り、参道のお店を見ながら帰った。

Adsc03058

時間は午後2時半が過ぎていた。

お昼を食べていないので、参道で何か食べたいと思ったが、

美味しいお蕎麦を食べに行こうと思ったので我慢した。

そばが美味しいお店(喜更)で、おすすめの肉そばを食べた。

美味しかったので、汁まで全部飲んだ。 

Adsc03064 Adsc03063 Adsc03061 Adsc03062

お店の詳しいことを知りたい方は、http://r.tabelog.com/gifu/A2101/A210106/21008293/dtlrvwlst/1261971/

« 白猪山 | トップページ | 小倉山(養老) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白猪山 | トップページ | 小倉山(養老) »