« 祖父江 黄葉まつり | トップページ | 高畑山・溝干山 »

2010年12月 4日 (土)

沼津アルプス(徳倉山・鷲頭山・大平山)

12月4日(土曜日)

今日は、Club 岳さんのツアーに連れて行って貰いました。

12月とは思えないポカポカ陽気で、

富士山が一日中見れて、最高の一日でした

メンバーは4人(リーダーの葛谷さん、Tさん、Mさん、私)

Tさんは、登山家の田部井さんを20歳ぐらい若くした、気さくな人です

Mさんは、モデルさんの様にきれいで、気品がある人です。

(二人とも既婚者です。) 一緒に登山が出来て、楽しかったPhoto_2

今日の山は、伊豆半島のつけ根、沼津市の海岸沿いの3山

徳倉山(とくらやま)256m  鷲頭山(わしずさん)392m  

大平山(おおひらやま)356m  を歩く沼津アルプスです。

Adsc03416 今日のコースは逆の、香貫台入口より多比(たび)です。

沼津アルプスは香貫山(かぬきやま)から大平山です。

Amap Danmen

今日のコースタイム

羽島6:00 → 6:30一宮駅 → 一宮西IC → 沼津IC → 市営駐車場→ 

(タクシー)  →  11:00香貫台(徳倉山登山口) → 11:36徳倉山12:07 → 

13:16志下山 → 13:38小鷲頭山13:43 → 13:53鷲頭山13:58 → 

14:49大平山14:55 → 15:43多比(大平山登山口) → (バス) → 

16:14市営駐車場 → 16:57駿河の湯17:50 → 沼津IC → 

18:10富士川SA18:35 → 一宮西IC → 21:30一宮駅 → 21:50羽島

一宮駅でTさん、Mさんを乗せて一宮西ICから高速に乗る。

静岡県に入り、浜名湖SAを過ぎた所で、「富士山が最初に見れる」と

葛谷さんが教えてくれた場所から、小さいが真っ白な富士山が見えた

しばらく走ると、事故渋滞の電光表示が

場所は、はっきり覚えていないが、浜松ICから袋井IC辺りだった。

20分ぐらいのロスだったと思う

事故は大勢の人に迷惑になるので、お互いに気を付けましょう

富士山は富士市辺りが一番大きく見えた。

一枚目は事故現場手前の渋滞中より。

三枚目は、富士IC辺りです。

Adsc02020 Adsc02021 Adsc02024a

沼津市の入り、市役所前の市営駐車場に止めて、

タクシーの営業所まで歩いた。

葛谷さんが「近くても良いですか」と聞き、OKでったので、

行き先を、「香貫台入り口」と言ったのに、

着いた所は、香貫山入り口だった。

運転手さんは、我々が香貫山に登ると思い込んでいたかも

運転手さんは、謝り、香貫台入り口まで行ってくれた。

Adsc02025

タクシーを降りた時刻は、11時だった。さあ これから歩くぞ

象の首と呼ばれる尾根に着く。

標識が子供達の手作りのようで可愛い

徳倉山(象山とも呼ばれている)に向う。

今日は暖かいので、みんな腕めくりだ

Adsc02027 Adsc02028 Adsc02030 Adsc02031a

頂上に着いて、左を見ると、富士山が見えた

ここでランチにした。午前中に歩いたのは30分だけだ

Adsc02032a Adsc02033a Adsc02035a Adsc02037a

Adsc02049a Adsc02038a Adsc02041a Bdsc02050

きれいなMさん、Tさん?と、憧れの富士山とで、私はにっこり

Abdsc02039a

象の首まで戻り、鷲頭山に向う。

振り返ると、富士山がみえる。

Adsc02053a Adsc02058a

目の前に、まぶしく輝く 駿河湾(するがわん)

Adsc02056 Adsc02060 Adsc02061a Adsc02063

Adsc02064 Adsc02065 Adsc02070 Adsc02071

鷲頭山が前方に見える。

つるリンドウがまだ咲いていた。

Adsc02067 Aadsc02073

志下峠(しげとうげ)に、ぼたもち岩があった。

Adsc02076 Adsc02078

中将岩(ちゅうじょういわ)は悲しい場所です。

本三位中将、平重衡(平清盛の五男)が隠れていた洞窟で、

この洞窟を「中将さん」と言って、浜の人が祭っている。

詳しい事を知りたい人は、これを読んでね

Adsc02079 Adsc02080 Adsc02082 Adsc02083

今日の一番の登りです。岩場や木の根っ子の、おもしろい場所です。

Mさん、Tさんのお尻を写しているようで、すみません。

急な登りだと見てください。

Adsc02089 Adsc02090

小鷲頭山(こわしずやま)からの眺望

Adsc02097 Adsc02091a Adsc02094a Adsc02095a

Adsc02098a Adsc02099a

鷲頭山は、広くて明るい。眺めも良い。

大きな桜の木や、みかんの木があった。

Adsc02102a Adsc02104 Adsc02105

次に大平山に向います。一旦下がって多比峠(たびとうげ)に着いた。

ここから、ウバメガシとアルプスらしい岩尾根です。

狭いウバメガシの木の間を、Tさんは何とか通り抜けた。

「久保田さんは通れないだろう」と話し声 納得 

(一部の人しか分からない話です

Adsc02107 Adsc02109 Adsc02110 Adsc02111

ウバメガシ あまり聞かない名前です。

この木ですが、皆さんは知っていましたか

高級炭(備長炭)になります。

Adsc02113 Adsc02117 Adsc02126 Adsc02119

本日最後の富士山です。

Adsc02116a Adsc02127a

頂上の大平山は、桜の大木が数本あり、展望は良くなかった

Adsc02133 Adsc02135 Adsc02134

バス停がある、多比(たび)に下ります。

落葉の香りと踏む音が、何とも心地いい

江浦湾(えのうらわん)の淡島(あわしま)が箱庭に見える。

みかんがいっぱい生っている。

コンビニの道向こうにバス停がある。

Adsc02141 Adsc02143 Adsc02145 Adsc02146

バスを待つこと5分 15時48分の沼津駅行きに乗った。

料金は裁判所前が400円だったが、一区間増えたら470円になった、

市役所前で降りた。小銭が無かったので、千円を両替して払うのだが、

経験が無いので、迷ってしまう。

470円を数えていたら、運転手さんは「530円取って」と言う

確かに、470円はコイン11枚だが、530円はコイン4枚で早い。

沼津市(市役所前から駐車場に向う歩道橋)から見える富士山

Adsc02147_2 Adsc02151

帰りのお風呂は、沼津IC手前800mのグルメ街道沿いの

駿河湾一望の駿河の湯に入った。

少し高いので、葛谷さんは迷ったが、皆の意見で決まった。

Adsc02152

帰りの食事は、富士川SAでしらす丼を食べた。

ヘルシーで美味しかった

Adsc02155 Adsc02153 Adsc02154

帰りの高速は、そんなに渋滞がなく帰れた。

無事、一宮駅に21時30分に着いて、葛谷さんは安心していた

葛谷さん、お疲れ様でした。ありがとうございましたhttp://2010.club-gaku.com/re_142.htm

ツアーを色々と参加しているTさんは、岳さんのツアーを絶賛している。

岳さん(葛谷さん)の自宅を、仮眠室にもされていますので、

遠くの人も参加してみませんか

関東から深夜バスでツアーに参加される人もみえるそうです。

Club 岳さんのツアーの皆さんは、いい人ばかりですよ。 

興味のある人は、Club 岳さんのHPへ http://club-gaku.sakura.ne.jp/                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

« 祖父江 黄葉まつり | トップページ | 高畑山・溝干山 »

コメント

岳さん、コメントありがとうございます。
山を楽しみ、後日余韻に浸りながらブログを書く
……2倍にも3倍にも楽しめます。
私もそう思います。
私のブログは後で、追記することがあるので、
記事や写真が違うことがあります。
後で読み返すと、文が変なんですよ

また、参加します。よろしくお願いします。

投稿: こつこつ | 2010年12月 7日 (火) 11時36分

沼津アルプスありがとうございました。
最高の天気で超ラッキーでした~
それより丁寧に書いてみえるブログに驚きです…
前日まで山の用意をして、当日存分に山を楽しみ、後日余韻に浸りながらブログを書く……2倍にも3倍にも楽しめますね。
「しらす丼」…帰って作ってみたんですが何かが違うんです。
安物のしらすだったからかな???
また楽しい山歩きご一緒しましょうね。宜しくお願いします。

投稿: | 2010年12月 7日 (火) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祖父江 黄葉まつり | トップページ | 高畑山・溝干山 »