« 雨飾山 2 | トップページ | 小坂の滝めぐり »

2010年10月23日 (土)

雨飾山 

10月23日(第4土曜日)

今日の山は、長野県北安曇郡小谷村(おたりむら)と、

新潟県糸魚川市との県境にある、雨飾山(あまかざりやま)1963.2mの山です。

メンバーは4人です。(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

羽島3:30 → 8:00駐車場8:13 → 8:25登山口 → 10:00荒管沢10:15 →

11:30笹平11:35 → 12:10頂上13:20 → 16:22登山口 → 16:32駐車場16:45

→ 17:00小谷温泉露天風呂17:20 → 18:20白馬道の駅18:50→ 22:45羽島

登山口の駐車場は、満車だったので、第2駐車場に止めた。

ここまで、4時間半掛かった。距離は約305km

Adsc01198 Adsc01199 Bdsc01202 Adsc01204

休憩舎の裏から少し下り、大海川(おおみがわ)の河原に下り、

木道の湿地帯を歩く。春は、ミズバショウがきれいな所だ。

小川には、20cmほどの魚(イワナ?)が泳いでいる。ここは禁漁区です。

Adsc01206 Adsc01207 Adsc01208 Adsc01210

Adsc01213 Adsc01213a Adsc01215 Adsc01217

しばらく行くと、2/11の標柱があり、ここから急登の山道に入っていく。

紅葉が素晴らしいので、疲れている事をが忘れる。(そんなことは無いか

Adsc01221 Adsc01222 Adsc01223_2 Adsc01224

Adsc01226 Adsc01228 Adsc01229 Adsc01234_2

Adsc01236 Adsc01237 Adsc01241 Adsc01245

Adsc01250 Adsc01255 Adsc01259 Adsc01269

傾斜が緩やかになり、少し下がると荒管沢(あらすげさわ)が見える。

荒管(あらすげ)とは読みにくい。あらすげぇ~ と覚えよう

急に目の前が、アルプスの景色になった気分だ

一旦、沢に下りる。空は真っ青で、紅葉も日に当ってきれいだ

荒管沢の最上部に写真を拡大すると人が見える。(確認は難しいです)

Adsc01273 Adsc01276 Adsc01278_2 Adsc01280_edited   

Adsc01286 Adsc01287 Adsc01288 Adsc0129093_edited

説明の途中ですが、この雨飾山は4年前の8月に登りました。

荒管沢には、雪渓があり、高山植物も沢山咲いていました。

その時の写真です。下山には雪渓が落ちていたのにはビックリでした。

Adscn094858 Adscn095358 Adscn095458 Adscn096958

説明は戻ります。

沢を横切って対岸の広葉樹林帯の中を登っていく。

この辺りの紅葉は、もう葉の先が枯れていている。

高度を上げるにつれて展望が開けてくる。

後方に、高妻山や戸隠山が見える。

尾根の急坂を、上って行く。(下りてくる登山者と交互通行になる)

Adsc01297 Bdsc01304 Adsc01308 Adsc01314

雨飾山の山頂部が見えてきた。

県境の尾根に出ると、笹平(ささたいら)と呼ばれるササ原になった。

Adsc01322 Adsc01416 Adsc01324 Adsc01330

左下に荒管沢を見下ろし、最後の急登になる。

ここの道も狭いので、交互通行になる。

Adsc01339 Adsc01345 Adsc01353 Adsc01356

登ると、小さいながらも整った双耳峰の吊尾根に出る。

この後の報告は、雨飾山2で

« 雨飾山 2 | トップページ | 小坂の滝めぐり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨飾山 2 | トップページ | 小坂の滝めぐり »