« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月23日 (土)

雨飾山 

10月23日(第4土曜日)

今日の山は、長野県北安曇郡小谷村(おたりむら)と、

新潟県糸魚川市との県境にある、雨飾山(あまかざりやま)1963.2mの山です。

メンバーは4人です。(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

羽島3:30 → 8:00駐車場8:13 → 8:25登山口 → 10:00荒管沢10:15 →

11:30笹平11:35 → 12:10頂上13:20 → 16:22登山口 → 16:32駐車場16:45

→ 17:00小谷温泉露天風呂17:20 → 18:20白馬道の駅18:50→ 22:45羽島

登山口の駐車場は、満車だったので、第2駐車場に止めた。

ここまで、4時間半掛かった。距離は約305km

Adsc01198 Adsc01199 Bdsc01202 Adsc01204

休憩舎の裏から少し下り、大海川(おおみがわ)の河原に下り、

木道の湿地帯を歩く。春は、ミズバショウがきれいな所だ。

小川には、20cmほどの魚(イワナ?)が泳いでいる。ここは禁漁区です。

Adsc01206 Adsc01207 Adsc01208 Adsc01210

Adsc01213 Adsc01213a Adsc01215 Adsc01217

しばらく行くと、2/11の標柱があり、ここから急登の山道に入っていく。

紅葉が素晴らしいので、疲れている事をが忘れる。(そんなことは無いか

Adsc01221 Adsc01222 Adsc01223_2 Adsc01224

Adsc01226 Adsc01228 Adsc01229 Adsc01234_2

Adsc01236 Adsc01237 Adsc01241 Adsc01245

Adsc01250 Adsc01255 Adsc01259 Adsc01269

傾斜が緩やかになり、少し下がると荒管沢(あらすげさわ)が見える。

荒管(あらすげ)とは読みにくい。あらすげぇ~ と覚えよう

急に目の前が、アルプスの景色になった気分だ

一旦、沢に下りる。空は真っ青で、紅葉も日に当ってきれいだ

荒管沢の最上部に写真を拡大すると人が見える。(確認は難しいです)

Adsc01273 Adsc01276 Adsc01278_2 Adsc01280_edited   

Adsc01286 Adsc01287 Adsc01288 Adsc0129093_edited

説明の途中ですが、この雨飾山は4年前の8月に登りました。

荒管沢には、雪渓があり、高山植物も沢山咲いていました。

その時の写真です。下山には雪渓が落ちていたのにはビックリでした。

Adscn094858 Adscn095358 Adscn095458 Adscn096958

説明は戻ります。

沢を横切って対岸の広葉樹林帯の中を登っていく。

この辺りの紅葉は、もう葉の先が枯れていている。

高度を上げるにつれて展望が開けてくる。

後方に、高妻山や戸隠山が見える。

尾根の急坂を、上って行く。(下りてくる登山者と交互通行になる)

Adsc01297 Bdsc01304 Adsc01308 Adsc01314

雨飾山の山頂部が見えてきた。

県境の尾根に出ると、笹平(ささたいら)と呼ばれるササ原になった。

Adsc01322 Adsc01416 Adsc01324 Adsc01330

左下に荒管沢を見下ろし、最後の急登になる。

ここの道も狭いので、交互通行になる。

Adsc01339 Adsc01345 Adsc01353 Adsc01356

登ると、小さいながらも整った双耳峰の吊尾根に出る。

この後の報告は、雨飾山2で

| コメント (0)

雨飾山 2

10月23日(土)

雨飾山の続きです。

雨飾山山頂に着きました。

右に行くと、4体の石仏と祠がある北峰です。

360度の大展望です

Adsc01360 Adsc01365 Adsc01366 Adsc01372

次に、南峰に行きました。ここに、1963mの標柱と三角点があります。

Adsc01373 Adsc01376 Adsc01379 Adsc01378

ゴォー の爆音が聞こえてと思ったら、ジェット機がかなり低い位置を飛んでいきました。      山と山の間を飛んでいきました。まるで航空ショーのようでした。

Adsc01381 Adsc01381a

集合写真を撮って、南峰の端で昼食にした。

百名山の雨飾山・・・登頂おめでとうございます 乾杯Photo

安藤さんが、山の名前を聞いているPhoto_3

Adsc01383 Adsc01386 Adsc01397 Adsc01388

今度は、安藤さんが山を教えてくれた。

Adsc01394 Adsc01390 Adsc01392 Adsc01396

安藤さんは、両手を広げて空を飛んでいるのかな

パワーを貰っているのか 松井さんは

Adsc01403 Adsc01404 Adsc01405 Adsc01408

北峰に戻り、下山する。遠くに火打山(ひうちやま)が見える。

Adsc01399 Adsc01410 Bdsc01413 Adsc01400

笹平より、雨飾山を振り返る。(雲が増えてきた)

安藤さんポーズは何をしているのか

足元を気をつけて下りる。

Adsc01420 Adsc01421 Adsc01423 Adsc01425

荒管沢(あらすげさわ)でコーヒーを飲んだ。おいしい 至福の時だ

流れてくる沢の水を飲んだが、美味しかった。

Adsc01427

帰りのブナ林

Adsc01432 Adsc01433

ヤマブドウを食べてみたが、スッパイ

駐車場に着いたら、ほとんど車が無かった。

Adsc01441 Adsc01443

風呂は、小谷温泉の露天風呂に入った。

露天風呂だけで、料金は寸志(すんし)、気持ちだけです。

熱い源泉が出ているが、露天のため良い温度になっていた。

自然の中の風呂で、雰囲気もお湯も良かった

風呂の写真は、HPで貰いました。

Adsc01444_4 Photo 

白馬の道の駅で、夕食を食べた。

Adsc01446

これは、4人の食べたメニューです。

ここで問題です。 私は何を食べたでしょうか

Adsc01447 Adsc01448 Adsc01449 Adsc01450

帰りは、大町で少し迷ったが、豊科ICから入り、羽島ICまで、

渋滞無く帰れた。高速料金が1000円はありがたい。

往復距離は、620kmでした。

松井さん宅に帰り、ほうれん草を貰った。

松井さん、奥さん 何時もありがとうございますm(_ _)m。

問題の答えです。 私が食べたのは、そば定食です。当たりました

最後まで、下手なコメント、同じような写真を見て頂きありがとうございました。

| コメント (0)

2010年10月17日 (日)

御嶽山 

10月17日(日曜日)

今日の山は、前から行きたかった御嶽山(おんたけさん)です。

御嶽山は岐阜と長野の県境にあり、登山口が5ヶ所程あります。

交通の便が良い長野県から登る4コースのが一般的です。

田ノ原口コース、黒沢口コース、開田口コース、日和田口コース

岐阜県側からのコースは、濁河(にごりご)温泉から登る小坂口コース

今回、私は小坂口コースで、御嶽山に登りましたAruku_botann

初めに、山名の由来を説明します。古くは「みやま」「みたけ」などと呼ばれ、山のなかでも王と尊称された。御嶽信仰が普及するにつれ御嶽(おんたけ)と呼ばれだし、親しみを込めて「木曽の御嶽山」となったそうです。

御嶽山は乗鞍(のりくら)火山帯の属する火山で、どこから眺めてその美しい独立峰です。日本有数の霊山として、古来より信仰を集めています。

御嶽山は四つの峰があります。最高峰の剣ヶ峰(けんがみね)、摩利支天山(まりしてんざん)、継母岳(ままははだけ)、継子岳(ままこだけ)です。

また、五つの火山湖があります。一ノ池、二ノ池、三ノ池、四ノ池、五ノ池です。一ノ池、四ノ池は水は溜まっていません。

出来るだけ多くの場所に行きたかったので、深夜1時に羽島を出発しました。

国道は明るく、車も深夜に関わらず走っていましたが、濁河(にごりご)温泉に

向う道は真っ暗で、空には輝く星、鹿やタヌキ、イタチ等も出てきました。

30km程の山道を走ったら、少し車酔いになりました。

濁河温泉に着いたのは、午前4時半頃でした。駐車場には5台程止まっていました。

周りに明かりが無いため、本当に真っ暗でした。星は大きく見えました

車の中で、一時間寝ました。(何処でも私は直ぐ寝れます

5時半に起きて、夜買った吉野家の牛鍋弁当を食べ、準備をして

5時45分にスタートしまた。剣ヶ峰までのコースです。

Aaadsc01191

日の出の時間は6時頃ですが、濁河温泉は御嶽山の西側なので、

お日様が当たるのは8時頃です。なので6時を過ぎてもまだ暗いです。

飛騨頂上まで4,2kmあり、100m毎にプレートがあり親切だと思いました。

Adsc00926_2 Adsc00927_3

仙人橋を渡る。紅葉のきれいな場所だが、太陽が当たらないので残念

後方に白山が見えて感動する。日の出の太陽が照らしている。

ジョーズ岩とは、面白い名前だ。安藤さんも同じ名前を付けるだろうか

Adsc00929_3 Adsc00930_2 Adsc00931 Adsc00932_2

湯の花峠に着く。(硫黄臭が風に乗って飛んでくる所から名前が付いたそうだ。)

右手に摩利支天山(まりしてんざん)が見える。

コメツガの樹林帯の中に、赤や黄色のナナカマドがきれいだ。

Adsc00933 Adsc00935 Adsc00937

かえる岩(似ていない)、のぞき岩、お助け水(水場は無い)を過ぎる。

Adsc00939 Adsc00942_2 Adsc00946

この辺りのナナカマドの葉は、みんな落ちていました。

ダケカンバが茂る中を登っていくと、森林限界になり、

ハイマツの大斜面になる。32は登山口から3200mの所の意味です。

後ろには、白山が見え、前方左に乗鞍岳、穂高連峰が見え出した

Adsc00952 Bdsc00957 Adsc00949

朝は氷点下なのだろう、5cm程の霜柱がある。(ねぎラーメンのねぎの様

ハイマツの大斜面を過ぎると、ロープで保護されたコマクサ群生地がある。

そこに五ノ池小屋があります。その上が飛騨頂上だ。

Adsc00958_2 Adsc00960 Adsc00963 Adsc00964

8時20分 五ノ池小屋に着く。登山口より2時間35分

目の前に氷が張った五ノ池が見える。

小屋の温度計は、3度だった。風もあり体感温度は0度ぐらいだ。

五ノ池小屋に入り、ストーブに当たらしてもらった。

小屋は15日で終わり、片付け中で宿泊の登山者はいなかった。

小屋の管理人さんが、「前日は氷点下3度で、池が凍った」と言っていた。

Adsc00966 Adsc00967 Adsc00968

三ノ池を左手に見ながら、トラバースして行く。

ナナカマドの赤い実だけが残っている。

Adsc00969 Adsc00977 Adsc00984 Adsc00995

登って行き、賽の河原(さいのかわら)の中を通り過ぎる。

ここは御嶽教信者にとって先祖の霊が集まる場所で、

至る所に小石でケルンが積まれ、お地蔵様が祀られて、

一種独特の雰囲気がある場所です。

Adsc00990 Adsc00998 Adsc01000

斜面を登りと、コバルトブルーの二ノ池に着いた。

二ノ池小屋は営業していなかった。

一枚目は、一ノ池の外輪山で3000mはあるが名前が分からない。

二枚目の真中が、剣ヶ峰です。

Adsc01004 Adsc01005 Adsc01010 Adsc01013

9時50分頂上に着いた。登山口より約4時間

(空気が薄いので、最後の一歩一歩がきつかった

Adsc01021 Adsc01024 Adsc010260_2

360度の大展望です。

遠くに富士山が見えた。(レンズの汚れがあり、見苦しくてすみません)

Adsc01022 Adsc01032 Adsc01033_2

目の前の、火口湖が水が無い一ノ池です。水は二ノ池に流れて行くようです。

今日の天気は、青空の上に雲があり日差しが弱いです。

Adsc01035_2 Adsc01036 Adsc01037 Adsc01031

この続きは、御嶽山2で

| コメント (0)

御嶽山 2

10月17日(日)

御嶽山の続きです。

Aadsc01191 剣ヶ峰から濁河温泉までの帰りのコースです。

9:50剣ヶ峰10:05 → 10:06一ノ池外輪山10:46 → 11:00賽の河原11:10

→ 11:40摩利支天山→ 12:20五ノ池小屋 → 12:50継子岳13:00 → 

13:22五ノ池小屋 → 15:25濁河温泉駐車場 → 17:00厳立峡17:05 → 

17:10ひめしゃがの湯18:30 → 21:00羽島

帰りは来た道を戻るより、一ノ池火口壁をめぐりに行くことにする。

Adsc01035_3

剣ヶ峰3067mの社務所の裏から、岩場の道を下りて行きます。

右に一ノ池、左に奇怪に切れ落ち、硫黄臭い水蒸気を上げる不気味な

地獄谷火口を見下ろしながら進みます。

Adsc01038 Adsc01040 Adsc01049 Adsc01055

やがて、ピークに着いた。ここは岐阜県と長野県の境です。

一ノ池火口壁上のピークは飛騨側としては最高点(標高3050m)だが、

名前が無いのは寂しいし、不思議だ

一ノ池をはさんで剣ヶ峰と向かい合い、火口壁上を進むと、

南に継母岳(ままははだけ)が見えます。

そのまま継母岳まで登れそうな気もしますが、登山道は長野県西部地震で

崩壊したため行くことはできません。

二ノ池を右下に見ながら、二ノ池新館小屋に下ります。

Adsc01064 Adsc01067 Adsc01071 Adsc01078

賽の河原(さいのかわら)に下りて、次に摩利支天山(まりしてんざん)2959mに

登ります。3枚目の山の真中が摩利支天山(まりしてんざん)です。

4枚目は振り返って、剣ヶ峰を見ています。

Adsc01080 Adsc01081 Dsc01082 Adsc01085

頂上は尾根道で本当に狭い所です。この山は、賽の河原を囲む

外輪山で、東西に長く伸びていて西端が摩利支天山です。

大噴火で山頂部が吹き飛んでできた陥没地が賽の河原です。

そのため、北側はなだらかなハイマツ原の外斜面と、

南側は溶岩層がむきだしになった絶壁の斜面が対照的な山です。

Adsc01088 Adsc01089 Adsc01090_2 Adsc01091

頂上で直ぐ折り返して、五ノ池小屋に下りて、

継子岳(ままこだけ)2859mに登りました。

Adsc01100 Dsc01102 Adsc01106 Adsc01108

継子岳は御嶽山の最北端にあり、四ノ池外輪山の最高点です。

左側に濁河温泉が見えます。右側には四ノ池があります。

Dsc01116 Adsc01109

変わった石?があり不思議な場所を通り、

継子岳(ままこだけ)2859mに着いた。頂上は広い場所です。

下に、チャオ御岳スキー場が見えます。

北に、乗鞍岳がすぐ近くに見えます。

日和田高原から直登するルートがあります。

山麓の日和田から眺める御嶽山は「日和田富士」の名があり、

「ふるさと富士」の中では最高峰です。

Adsc01118 Adsc01123 Adsc01124 Adsc01127

Adsc01128 Adsc01129 Adsc01130

再び五ノ池小屋に戻り、濁河温泉に下ります。

Adsc01133 Adsc01134 Adsc01132 Adsc01137

ツララがありビックリ

湯の花峠辺りから、太陽が顔を出してくれました。ラッキーでした

赤や黄色のナナカマドの葉がが光越しに見え、燃えているようです。

15時25分に駐車場に着きました。他の車は無く、みんな帰ったようです。

全工程時間は9時間半でした。

Adsc01141 Adsc01142 Adsc01145 Adsc01150

Adsc01178 Adsc01179 Adsc01185 Adsc01186

ゆっくり濁河温泉に入る時間もあったが、長い林道を早く抜けたいので、

直ぐ帰りました。林道からきれいな御嶽山が見れた。

Adsc01187 Dsc01189

帰り小坂町の厳立峡(がんだてきょう)に寄って見ました。(初めての所です)

日も落ちて、駐車場には一台も止まっていなかった。

係員さんが片づけをしていた。紅葉の時期を聞いたら、「一週間後ぐらい」

と言っていた。滝めぐりもあり紅葉の時期は最高だろう

Adsc01190

温泉が近くにあるので、入った。

ひめしゃがの湯です。源泉が良かった。このお湯は最高でした

ここで晩ご飯を食べた。名物の鉱泉粥(こうせんがゆ)です。

これは源泉で炊いたお粥です。胃にやさしく、温泉を食べているような感じでした。

Adsc01192

ここを18時半に出て、羽島に21時に着きました。

帰りの運転も、眠くなく快調に帰れました

| コメント (0)

2010年10月11日 (月)

荒島岳

10月11日(体育の日)

坂さんと二人で行ってきました。(松井さんは、仕事なので残念です)

今日の山は、福井県の荒島岳(あらしまだけ)1524mです。

前日の19時に、坂さんにして山を決めました。

インターネットで情報を集め、中出(なかんで)コースで登ることにした。

HPで中出(なかいで)と書いてある人もいますが、中出(なかんで)にします。

深田久弥氏も、この中出コースで荒島岳を登っている。

百名山を選ぶ時、荒島岳と能郷白山のどちらかを選ぶか迷ったらしい。

荒島岳が選ばれた要因は、品格のようだ。

朝5時に羽島を出発して、高速は使わないで走った。

美濃市のコンビニで朝と昼のおにぎりを買った。

勝原スキー場の駐車場に寄ってみたら、7時半で30台以上の車が

流石に百名山は凄い 人気の山だ

我々は、中出コースの登り口を探して、駐車場に着いた。

Adsc00923

羽島5:00 → 7:50駐車場8:02 → 8:27登山口 → 10:15小荒島岳10:24 →

10:44シャクナゲ平10:48 → 11:48荒島岳頂上12:38 → 15:09駐車場

駐車場で地元のおじさんに話をする事が出来た。

おじさんは、頂上の祠(ほこら)を治すために、材料を運んだ人だった。

この中出コースは、距離は長いが楽なコースらしい。

駐車場は10台ぐらい止めれる場所です。

ここから四駆の車なら登山口まで行けるが、我々は25分林道を歩いた。

Adsc00837 Adsc00840 Adsc00842 Adsc00843

杉林を過ぎると、ブナ林になった。紅葉にはまだ早い。

リンドウが咲いていた。

Adsc00844 Adsc00845 Adsc00846 Adsc00847

小荒島岳の手前、標高1000m位から雲の中に入って行った。

小荒島岳に着くが、展望は全く無い

残念だが、万歳をする (天気が良かったら、バックに荒島岳が見える)

シャクナゲ平に着くが、シャクナゲの木が見当たらない。

Adsc00849 Adsc00850 Adsc00852 Adsc00854

いったん下がって、登る道が難所の連続

ロープや木の根につかまりながら登っていく。

急坂で狭いので、交互通行になる。

頂上かと思う所に登るが、まだ目の前に山がある

頂上少し手前で、雲が風に流され景色が見え出した

Adsc00856 Adsc00857 Adsc00865 Adsc00867

Adsc00868 Adsc00870 Adsc00871 Adsc00872_2

頂上に着いて、すぐ祠(ほこら)にお参りした

展望は雲が出て、また見えなくなった

昼食を撮った写真に、偶然に白山と別山が雲の上に写っていた

昼食が美味しい。おにぎりと味噌汁を食べ、コーヒーを飲んだ。

Adsc00874 Adsc00875 Adsc00878

帰りは同じ道を戻った。午前中に見えた景色は見えなかった

Adsc00879 Adsc00881 Adsc00882

駐車場の手前の林道歩きで、正面にテレビ塔が見えた。

坂さんが何かを見ている。アケビが熟して下に落ちていた。

駐車場に着いたら、車が増えていた。

中出コースを登ったのは、5,6台の車でした。

Adsc0088490 Adsc00886 Adsc00887_2

次に大野市の矢ばなの里に向った。

(長島のなばなの里に名前が似ている

ここは前日に大野市のHPで偶然見つけた。

Akasoba

イベント時間の午後3時半に間にあわなかったが、赤そばの花は見れた

赤そばの花は、白い花より背丈が短い。

赤そばの花の色は、うすいピンクと濃いピンクがあります。

白いそばの中に赤そばがハートで植えてあった。

Adsc00898 Adsc00890 Adsc00893 Adsc00904

Bdsc00905 Adsc0091094_edited Adsc0091575 Aadsc0091194_edited

大野市は越前そばでも知られるように、そば畑が多くて広い。

Adsc00921

帰りの風呂は、平成の湯に入った。(坂さんは、初めてだと言っていた)

Adsc00925

帰りも高速を使わないで帰った。道は空いていた。

晩ご飯は、岐南町の牛丼の吉野家で、牛鍋丼を食べた。

坂さんは並盛、私は大盛を食べた

牛丼より100円安くて、美味しかった

羽島に着いたのは20時過ぎになった。往復で約300kmあった。

坂さん、お疲れ様でした。

お菓子を何時も貰っています。ありがとうございます

| コメント (0)

2010年10月10日 (日)

御在所岳

10月10日(日曜日)

前日は、雨飾山に登る予定でしたが、雨で中止になりました

日曜日の午前中まで、雨の予定でしたが、朝起きたら雨が止んでいた

松井さん、坂さんに電話したが、都合が悪かったので、1人で行くことにした。

今日の山は、三重県の御在所岳(ございしょだけ)です。

コースは、中道で登り、一の谷新道で下りました。

Adsc00924_2

9時過ぎに、鈴鹿スカイラインの通行止めまで来て駐車した。

今日は登山者の車が少ない。(何時もなら路駐してあるのだが)

10月10日は、運動会やお祭りの行事で来れないのかもしれない

準備をして、9時15分にスタートした。

5分程歩くと、中道登山道の大きな看板がある。

中登山道口と書いてあるが、中道登山口ではないのか

右に行くと中道、左に行くと一ノ谷新道だ。(殆どの人が中道に行く)

Adsc00690 Adsc00692 Adsc00694 Adsc00695_2

最初は登りにくい花崗岩の掘割の道だ。

尾根に登ると左に展望が開け、

赤いゴンドラが山頂駅に向って吸い込まれていく。

ゴンドラの下を通る。(これから左手にゴンドラが見える)

しばらく行くと、巨大な花崗岩が重なるおばれ石に出会う。

Adsc00698 Adsc00700 Adsc00701_2 Adsc00702_2

地蔵岩が見え出したが、横から見たら何か違う。

少し登った所が、絶景ポイントです。

地蔵岩と言うより、祈り岩や願い岩が合う気がする

Adsc00714 Adsc00715 Adsc00716 Adsc00717

難所のキレットに着いて、小休止する。

下降はクサリが張られているが、慎重に下りればさほど危険はない。

Adsc00718 Adsc00719 Adsc00720 Adsc00721

登山者を写してみました。

Adsc00723 Adsc00724 Adsc00725 Adsc00726

しばらく岩の掘割の急登を過ぎると、

大きな岩盤に進路をはばまれる。道は岩峰の右側を巻いて進む。

コース中で最も危険な場所だ慎重に行く。

この辺りは紅葉が早いようだ

ストックで下りる人がいたが、危なっかしい

眼下に、藤内小屋が見える。

Adsc00738 Adsc00739 Adsc00740 Adsc00743

Adsc00744 Adsc00737 Adsc00733 Adsc00734

登りきると、遊歩道に出る。トイレに行きたかったので、

展望台を過ぎ、ゴンドラ山頂駅のトイレに入った。

(ゴンドラに乗らないので、ここは来たことが無い場所だった)

昼食は、レストランのアゼリア前のベンチで食べた。

昨日のおかずの野菜炒めと、安く買ったパンです

(今回はコンビニに行かなかった)

Adsc00747 Adsc00748 Adsc00751 Adsc00750

展望台から伊勢湾がきれいに見えた

目の前の山は、雲母峰(きららみね)です。

Adsc00752 Adsc00753

帰りは、一の谷新道で下りた。(初めての道です)

新道とあるが、新しくないは展望台です。

道は薄暗く、崩れた花崗岩をロープで下りたり

むき出しの木の根っこを階段にして下りて行く。

この道は、中級者向きだ。(あまり人に、勧めれない)

Adsc00754 Adsc00755 Adsc00757 Adsc00761

Adsc00762 Adsc00765 Adsc00766 Adsc00767_2

13時20分 駐車場に着いた。約4時間です(今回はのんびりです)

風呂は無しで、家に向った。

途中で、田光(たびか)でコスモスを見てきた。(きれいでした

田光(たびか)は地名です。

Adsc00769 Adsc00773 Adsc00774_2 Adsc00784

Adsc00787 Adsc00800 Adsc00796 Adsc00801 

Adsc00805 Adsc00770

車でしばらく行くと、そばの花が咲いていたので寄ってみた。

Adsc00816 Adsc00817 Adsc00818 Adsc00823

家に帰って、洗濯して、疲れたので少し寝ました。

| コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »