« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

池田山

8月29日(日曜日)

昨日、帰ってきたのが遅かったので、朝9時まで寝てしまった。

目を覚ますと天気が良く、山の稜線もくっきり見えていたので、

1人で山に行くことにした。

トミダヤ羽島店で親子丼と水を買って、霞間ヶ渓(かまがたに)に行った。

.

霞間ヶ渓11:15 → 12:35焼石神社 → 13:15池田山頂上13:25 → 

13:50池田の森14:05 → 15:25霞間ヶ渓.

Adsc02523 Adsc01083 

池田の森で、ハンググライダーの飛ぶ準備をしていたが、

後で見ることにして、池田山頂上に行った。

Adsc02530 Adsc02531 Adsc02532

頂上で親子丼を食べた。(自然の中で食べると、美味しい

Adsc02533 Adsc01109 Adsc02535 Adsc02537

池田の森に戻ったら、もう終わっていた。(残念でした

Adsc02544 Adsc02545 Adsc02546 Adsc02547

百日紅(さるすべり)がきれいに咲いていた所があったので、

写真を撮った。赤、ピンク、白ときれいだ。

Adsc02550 Adsc02554 Adsc02555 Adsc02556

| コメント (0)

2010年8月28日 (土)

四阿山(あずまやさん)・根子岳(ねこだけ)

8月28日(土曜日)

長野県の百名山の四阿山(あずまやさん)2354mと、 

花の百名山の根子岳(ねこだけ)2207mに行ってきました。 

(正確には、四阿山の頂上は群馬県です。)

四阿山の漢字を見て、あずまやさん とは読めない

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

.

羽島5:00 → 9:15菅平牧場9:26 → 9:36登山口 → 11:46中四阿 → 

12:52四阿山13:10 → 14:52根子岳15:38 → 17:13駐車場 → 23:35羽島

,

Adsc02356 Adsc02359 Adsc02358 Adsc02360

Adsc02361 Adsc02362 Adsc02363

これより、スタート

Adsc02365 Adsc02366 Adsc02368 Adsc02369

一枚目 シラカバとダケカンバが交じり合っている。

二枚目 リンドウ

三枚目 キリンソウ

四枚目 小さい松ぼっくり 

Adsc02372 Adsc02373 Adsc02374 Adsc02376

一枚目 ブルーベリーの味がする。安藤さんが教えてくれた。

二枚目 四阿山は雲の中   トンボが沢山飛んでいる。

三枚目 マツムシソウに集まる 蝶とミツバチ

四枚目 ヤナギラン  

Adsc02381 Adsc02383 Adsc02389 Adsc02390

野イチゴはスッパイけど、食べれる。

Adsc02394 Adsc02396 Adsc02402 Adsc02403

二枚目は中四阿(なかあずま)

四枚目は根子岳(ねこだけ)

Adsc02410 Adsc02417 Adsc02423 Adsc02426

一枚目 低い笹の中にリンドウが一杯咲いていた。

二枚目 四阿山と根子岳の分岐 またここに戻ってくる。

Adsc02432 Adsc02433 Adsc02435 Adsc02440

四阿山(あずまやさん)2354m 頂上にて

Adsc02442 Adsc02452_3 Adsc02445 Adsc02449

根子岳に行く途中、雷がなり、どしゃ降りの雨に遭いました

かなりの急斜面での雨は、滑りやすい

Adsc02457 Adsc02458_2 Adsc02460_2 Adsc02464

Adsc02474_2 Adsc02481 Adsc02484 Adsc02492 

根子岳(ねこだけ)2207m 頂上にて

松井さんがビールを持って来てくれた。(ご馳走様でした)

コーヒーは安藤さんが持って来てくれた。(何時もすみません)

頂上に、トリカブトが咲いていた。

Adsc02498_2 Adsc02497 Adsc02500 Adsc02501

これより下山する。

Adsc02506 Adsc02509 Adsc02511 Adsc02513

Adsc02515 Adsc02516

帰りは、日帰り温泉に入った。

夕食は、そばを食べた。

Adsc02518 Adsc02519 Adsc02520 Adsc02521

家に着いたのは、23時55分でした。走行距離 620km(遠い

みなさん お疲れ様でした。

花の名前に、間違いがあるかも知れません

家に帰り、娘の中学校のアルバムを見たら、なんと

三年生の時、同じクラスでした

娘に安藤君のことを聞いたら、知っていた。

「賢い人だった」と言っていた。

やっぱり 安藤さんは賢い人だと証明されました

| コメント (2)

2010年8月22日 (日)

伊吹山

8月22日(日曜日)

メンバーは3人(松井さん、坂さん、私)

さざれ石公園の上の駐車場から登る、笹又コースで伊吹山に登りました。

.

笹又9:08 → 10:23ドライブウェイ11:13 → 11:22西遊歩道 → 

11:58伊吹山山頂12:44 → 12:55東遊歩道13:32 → 

13:40ドライブウェイ14:08 → 15:23笹又

羽島から、伊吹山や養老山がガスっていて全く見えない

曇っていた方が、涼しくて日焼けをしないですむかなと思って行ったが

家に帰ったら、かなり日焼けしていた

笹又で車を止めて、スタートする。

バイクのおじさんが話をしてきた。

「昔は花が一面にあったがススキが増えて、花が減った」と

おじさんは畑仕事に来た、地元のおじさんでした。

伊吹山にドライブウェイが無かった時から登っていて、道案内もしたそうだ。

Adsc02251 Adsc02252 Adsc02254 Adsc02255

登り初めてすぐ、汗が吹き出てくる

松井さんが、一番汗をかいていた。ズボンまで濡れている。

1時間15分でドライブウェイに出た。

これから駐車場までは、気をつけて歩く。

イヌワシの写真を撮るために、カメラマンがでっかい望遠カメラで待っていた。

Adsc02256 Adsc02257 Adsc02258 Adsc02259

Adsc02260 Adsc02261 Adsc02262 Adsc02263 

Adsc02266 Adsc02268 Adsc02270 Adsc02272

駐車場で小休止して、西遊歩道より歩く。

Adsc02273 Adsc02274 Adsc02275 Adsc02276 

ほとんどが観光客で、登山者は1割もいないだろう。

ガスが下から舞い上がってきて、琵琶湖は残念ながら見えない。

ピンクのシモツケソウはきれいに咲いていた

白いのは、サラシナショウマ

Adsc02280 Adsc02281 Adsc02282 Adsc02284

頂上で記念写真を撮って、三角点タッチをして、その側で昼食にした。

トイレのため、頂上まで戻ると、人が多い。

Adsc02289 Adsc02292 Adsc02293 Adsc02294

Adsc02298 Adsc02296 Adsc02299 Adsc02300

東遊歩道で駐車場に下りた。

こちらに、イブキトリカブトが咲いていた。

偶然ガスが切れたので、登り口駐車場の車が見えた。

手に持ったのが、サラシナショウマです。

東遊歩道は足場が悪く、登山者には良いが、観光客には だろ。

Adsc02303 Adsc02309 Adsc02311 Adsc02315

Adsc02316 Adsc02318 Adsc02320 Adsc02322

Adsc02326 Adsc02327 Adsc02328 Adsc02330

帰りも、ドライブウェイを気をつけて歩いた。

カメラマンのおじさんに話すことができた。坂さん 写真見えましたか

Adsc02338 Adsc02341 Adsc02343 Adsc02344

Adsc02347 Adsc02350 Adsc02352 Adsc02354

お風呂は無しで帰った。

松井さんの家に着いて、野菜を一杯貰った。

何時も、ありがとうございます。

スイカを坂さんと半分にしました。種無しスイカで美味しかったです

Adsc02355

家に帰り、イヌワシをインターネットで調べました。

餌となる野ウサギや子ジカを狙って時折北の方角から飛来してくる。

羽を広げると2mほど大きさになるそうです。

Inuwasi1 Inuwasi2 陽だまりにて  徒然記さんのHPより

一度も見たことが無いが、今度伊吹山に登ったら気にしよう

a

8月23日付け 中日新聞の記事より 

「山ガール」の特徴が書いてあった。

  • 20代後半から40代
  • 仕事を持ち、時間とお金に余裕
  • おしゃれや食など流行に敏感
  • 日帰りで低山を好む
  • つらい登山は敬遠
  • 少数のグループで行動

伊吹山は、山ガールにとってピッタシの山だと思う。

伊吹山は、観光客がたくさんいるので注目される。

皆さん伊吹山は、山ガールが多いので行きましょう。

Adsc02301

山ガールの後姿を写真に撮らしてもらいました。

彼女達が写真を撮って貰うのも、いい男のようです

| コメント (0)

2010年8月18日 (水)

伊自良の蕎麦(そば)

登山番外編です。

8月18日 CBCテレビ そこ知り坂東リサーチ 岐阜・山県ぶらり

で蕎麦屋さん(蕎麦の舎 いじら)が出ていました。

ここは、何度も行った美味しいお店でしたので、ブログを書いてみました  。

裏道通りにあり、店は小さく、駐車場も小さいです。

店らしく無く、普通の民家です。看板とのれんで分かるだけですPhoto_3

営業時間は11:00 ~14:00まで、夜は予約のみです。

場所は、伊自良北小学校の近くです。町名は掛(かけ)です。

美味しい蕎麦が食べれる店でしたが、テレビに出たのでこれからは、混んで

食べれなくなる気がしました。

Bdsc04579 Bdsc04580 Bdsc04574

伊自良で蕎麦の美味しい店をもう一軒紹介しますPhoto_4

伊自良湖畔にある、ニューいじら湖荘 です。

ここは、先月 伊自良のおじいさん、おばあさんと行って来ました。

料理屋さんなので、女将さんは着物を着て接待して貰えます。

注文を受けてから、旦那さんが手打ちでそばを打ってくれます。

前岐阜知事の梶原さんが食べられて、絶賛されたそうです。

蕎麦定食でワカサギのフライが付いて来ます。

P1090018

携帯で写したので画像が小さいです。まだワカサギのフライは来ていません。

女将さん、旦那さんと顔見知りになりました。

Bdsc02250

ワカサギ釣りの時期がもうじき来ます。

釣りに興味がある人はhttp://www.ijirako.com/

追記(平成22.11.23)

1人で、蕎麦の舎 いじら へ行ってきました。

今年の蕎麦が干してあった。

Adsc01944 Adsc01945

ざるそばが850円は少し高いが、美味しいからまた行きたくなる。

毛利さんや坂東さんが来店された時の写真が飾ってあった。

Adsc01946 Adsc01948 Adsc01949

| コメント (0)

2010年8月16日 (月)

白山 

8月15日(日曜日) 盆休み

1人で15日、16日と白山を登る事を計画し、

8月12日に室堂ビジターセンターに15日の宿泊を申し込んだ

白山の天気予報は12日では晴れだったが、13日に台風4号が日本海を

通過した後は、天気予報は曇りのち雨に変わってしまった

天気が悪いのを分かって、行くことにした。(迷いました

15日午前4時半に自宅を出発する。高速を使わず国道156を走った。

早朝なのに郡上八幡まで対向車が多い。

この車は、たぶん郡上の徹夜おどりをして帰る人達だろう。

御母衣ダムを通過し、大白川橋を渡りすぐ左折すると、

白山公園線に入る。道は大白川に沿って、13kmのカーブの連続です。

この道は雨量規制でよく通行止めになる道です。

8月12日午前12時より13日午前7時まで通行止めになっていました。

15日も水量は多く、山から流れる水が道を何度も横切っていた。

白川ダム湖畔の駐車場に午前6時30分に着いた。

我が愛車、アルトよ よく走ってくれた

車内で前日にカエスエで買ったサバ寿司(バッテラ)を食べた。

サバで蕁麻疹(じんましん)が出たことがあるが、サバ寿司は好きだ。

駐車場のトイレを借りる。(トイレは水洗できれいでした)

午前6時53分 登り始める。

天気は曇り、時々霧雨が降る中、雨具を着ける人が多かったが、

私は着なかった。(後で後悔することになった)

登山道は初めから、階段が多くきつい登りです。

ブナ林や広葉樹の緑の中を進んで行く。1km程の所で硫黄臭がしてきた。

しばらく登ると、白水湖が見えてくる。林にダケカンバが混じるようになる。

Adsc02248 Adsc02139_2 Adsc02141 Adsc02144_2

Adsc02146 Adsc02153 Adsc02156 Adsc02157 

尾根に出るが霧で展望が良くない。

8時35分 大倉山避難小屋に着く。天気が良ければ白山が見えるのだが

避難小屋を過ぎると、また急になる。斜面には花が沢山咲いている。

紫のトリカブト、ピンクのシモツケソウがきれいだ。

Adsc02160 Adsc02168 Adsc02175 Adsc02172

カンクラ雪渓の道標のある所に着くが、霧で見えない。

ひと登りして、平坦なハイマツの中を進むが霧で前方が見えない。

以前登った時(2008,7,13)は雪渓を渡ったが、今回は何も無かった。

雪渓の道は最短距離の直線だが、雪が無いと、この道が無いので

前にこんな道を通ったかな と思うことがあった。

Adsc02177 Adsc02184 Adsc02186 Adsc02187

Adsc02189 Adsc02191 Adsc02206 Adsc02203

Adsc02201 Adsc02199 Adsc02195 Adsc02198

10時に室堂ビジターセンターに着いた。3時間7分と早く着いた。

服が濡れて寒かったし、ペッポポトルの水を凍らして行ったので、

なかなか解けなかった。冷たい飲み水、シャツは濡れたままでは

良くなかった。センター内でジーと座っていたら、両手が冷たく、

指先にしびれもきた。すぐビジターセンターの中で服を着替えた。

夏の高い山では、寒いので暖かい物を持って行った方が良いと思った。

宿泊の受付は12時からなので、まで2時間もある。

センター内に、今日と明日の天気予報が書いてあるが、

両日、曇りか霧時々雨や雷 と分かっていた事だが最悪状態だ

泊まるか帰るか自分の中で格闘が始まった。

受付の女性に、宿泊をキャンセルすると話したら、

「こんな天気なので、キャンセルが多いです。天気のいい日にまた来て下さい

とやさしい返事がきた。また来ようと思い、帰ることにした

Adsc02200 Adsc02216 Adsc02224 Adsc02228

大倉山避難小屋から天気が良く、日が当たる時もあった。

日が当たった白水湖がエメラルドグリーンできれいだ

でも白山の頂上は雲の中だ。

多い階段を下りて駐車場に着いた。

Adsc02238 Adsc02242 Adsc02243 Adsc02245_2

帰りの温泉は、大白川温泉 しらみずの湯 に入った。

午後3時半に入った。おろしそばを食べた。

午後9時まで営業しているのでゆっくり休憩しようと思ったが、長くは居れない。

3時間居て、高速を使わず、来た道を帰った。帰りは3時間かかった。

Adsc02247 Adsc02246

,

白山の観測情報   2010年8月16日 15時0分観測

天気
気温14.5℃
観測地白山
標高2450m
緯度36.1度
経度136.8度

過去の天気

日付9時15時
天気気温天気気温
8月16日 霧 13.3 霧 14.5
8月15日 霧 13.7 霧 14.6
8月14日 霧 13.6 霧 15.0
8月13日 霧 11.5 霧

12.9

,

15日、16日と岐阜では最高気温が35度以上ある猛暑日だが、

白山は15度もない。白山は寒い事を、体感して来ました

| コメント (0)

2010年8月13日 (金)

伊吹山

8月13日(金)

盆休みの初日、午後からはお墓参りに行くため、遠くの山は避けて、

伊吹山に高山植物(ピンクのシモツケソウ)を見に行く事にした。

台風4号が12日に日本海を通り過ぎたので、

今日は台風一過の快晴を期待して行ったのですが

頂上は雲の中でした。視界は10m~20mの生憎の天気でした

車を、道の駅で止めさせて貰って、登山口まで20分ほど歩いた。

Adsc02094 Adsc02095 Adsc02096 Adsc02100

Adsc02101 Adsc02104 Adsc02106 Adsc02108

ピンクの花のシモツケソウはまだ楽しめそうです。

Adsc02114 Adsc02116 Adsc02117 Adsc02118

Adsc02120 Adsc02125 Adsc02127 Adsc02137

15日、16日と白山に行く予定です。

天気が良い予報の時に、白山室堂に宿泊を申し込んだのですが、

天気が悪いので、行こうか、止めようかと迷っています。

| コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

霧ヶ峰(車山)

8月1日(日曜日)

メンバーは4人(松井さん、坂さん、安藤さん、私)

今日の山は、花が咲き乱れる雲上の別天地 霧ヶ峰(きりがみね)です。

深田久弥が「日本百名山」の中で、「霧ヶ峰は登る山ではなく、遊ぶ山で、

広い高原を歩きまわった」と書いている。

本当に、霧ヶ峰は広い高原でした。

今回、満開のニッコウキスゲを見に行ったのですが、

咲いていない、咲いた後もありません。

霧ヶ峰パークボランティアの方に、話を聞くことが出来た。

「今年は異常で、茎が出てこなかった」との事でした。

芽が出る時期に、異常気象があったのか

一年間、根に栄養を蓄えて、来年は最高の年になって欲しい。

Adsc01937 Adsc01939

コースとタイム

八島駐車場9:45 → 10:58物見岩11:12 → 11:38蝶々深山11:43 →

12:26車山13:21 → 13:57車山肩14:07 → 15:38八島駐車場

羽島ICを6時10分に出発する。交通量が普段の日曜日より多い。

駒ケ岳SAで休憩に寄ったが、駐車場に車が一杯だ

諏訪ICで下り、白樺湖からビーナスラインに入った。

八島湿原のある、八島で車を止めた。数分遅かったら駐車場待ちだった。

我々は、八島湿原を右回にスタートした。

花を見ながら、木道を歩いた。シシウドの花は花火のようです。

ノハナショウブ、ハクサンフウロ、エゾカワラナデシコ

歌碑がある。坂さん、安藤さんはこの歌を知っていた。

蝶のアサギマダラ

Adsc01790 Adsc01793 Adsc01797 Adsc01798

Adsc01804 Adsc01805 Adsc01807 Adsc01811

Adsc01812 Adsc01815 Adsc01817 Adsc01823

物見岩(ものみいわ)で休憩した。

安藤さんから、こうせき瓜Kouseki_2 を貰って食べた。美味しかった

何時もすみません。

Adsc01826 Adsc01832 Adsc01831 Adsc01833

望遠カメラを覗く女性

「何を撮っているの」と聞くと、「ノビタキです」と快く返事が返ってきた。

ノビタキは渡り鳥です。この高原で子育てをしているようです。

口にくわえた昆虫は、雛に持って行くのでしょうか

Adsc01834 Adsc01838

団体の登山者とすれ違う。

背丈以上のシシウドが咲いている。

レンゲツツジが少し残っていた。(春は一面に咲いてきれいだと思う)

蝶々深山(ちょうちょうみやま)1836mに着く。

蓼科山が見えるが、頂上は雲に隠れている。

ここから車山まで、近いように見えるが遠い。

Adsc01839 Adsc01848 Adsc01850 Adsc01852

Adsc01853 Adsc01854

車山湿原は、お花畑だ。

ピンクのシモツケソウがきれいだ。その後ろにワレモコウが。

ヤマホタルブクロ、マツムシソウも咲いている。

Adsc01856 Adsc01872 Adsc01868 Adsc01869

Adsc01864 Adsc01879 Adsc01888 Adsc01890

車山頂上までは、急登だ。

リフトを使って、楽々頂上に来る観光客が多い。

頂上は沢山のトンボが飛んでいた。(回遊魚のように同じ方向に

気象観測ドーム前でランチにした

「日本百名山」の登頂Photo 乾杯

Adsc01889 Adsc01892 Adsc01894 Adsc01896

Adsc01898 Adsc01900 Adsc01904 Adsc01909

これから下山した。

車山肩でニッコウキスゲが数輪咲いていた。

コオニユリ、シシウド、ヤナギランが咲いている。

Adsc01913 Adsc01916 Adsc01919 Adsc01923

Adsc01927 Adsc01934 Adsc01941 Adsc01944_2

Adsc01947 Adsc01954 Adsc01974 Adsc01976

花の名前です。参考に

Dsc01973_2   

今回は風呂無しで帰った。

岡谷ICより入った。恵那山トンネル内で故障車のため、15kmの渋滞表示が

飯田ICから渋滞になる。こからなら25km以上だ

羽島ICに19時40分に着いた。(思った以上早く着いた

今回、風呂と食事無しで帰ったが、渋滞や明日の仕事を考えると、

この方が良かった。

松井さん、運転お疲れ様でした。ありがとうございました。

羽島に帰り、坂さんと餃子の王将で食事をした。

坂さんは、天津チャーハンと餃子、私は豚キムチと大ライスと餃子

二人で食べるご飯は美味しい

前回は体調がイマイチで欠席だった坂さんが、よくなって良かった

暑い日が続いています。みなさん健康管理には気を付けましょうPhoto_2

 

| コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »