« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月24日 (土)

三ノ峰

7月24日(土曜日)

メンバーは3人(松井さん、ナース、私)

坂さん、マドンナが来られなくて残念です

今日の山は三ノ峰(さんのみね)です。

三ノ峰(さんのみね)は、

石川・岐阜・福井3県の県境にある山。標高2128メートル。白山の南西にあり、

福井県の最高峰。ちなみに、三ノ峰の三角点のあるところは正確には福井県

ではなく、石川県と岐阜県の県境。

三ノ峰はその昔越前・加賀・飛騨三国の峰という意の「三峰」とも、

岐阜県石徹白からの禅定道を順に、一ノ峰(標高1,839m)、二ノ峰(標高1,962.3m)、

三ノ峰名づけられたともいわれている。

Adsc01739_3

上小池駐車場8:08→8:30三ノ峰登山口8:32→9:40六本檜9:55→

10:45剣ヶ岩10:55→12:25三ノ峰避難小屋12:30→12:40三ノ峰山頂13:30→

15:20六本檜15:30→16:25三ノ峰登山口16:40→16:58上小池駐車場

羽島を5時に出発し、白鳥ICから国道157号線で勝原(かどはら)

に向う途中にコンビニが一軒もないので、今回はおにぎりが買えない

鳩ヶ湯温泉の前を通り、進んで行くとカモシカが一匹が道に出てきた、

車を徐行させたら、目の前をもう一匹が横切った。徐行してなかったら

ぶつかっていただろう。二匹は10mぐらい下に飛び下りていった

(カモシカは不死身なのか

小池公園を過ぎ、上小池公園で駐車した。

ここから、刈込池自然研究路に行ける。(岳さんたちが最近みえた場所だ)

六本檜(ろっぽんひのき)までは、雑木の中なので日が当たらないので、

暑くなくて良いが、急な道だった。檜は昔の漢字で今は桧と書くようで、

標識は六本桧だった。確かに6本ぐらいの桧がある。

今登ってきた道のずっと先に荒島岳が見える。

Adsc01638 Adsc01639 Adsc01643 Adsc01644

Adsc01649 Adsc01650 Adsc01653 Adsc01652 

ブナ林を過ぎると、目の前が開けてきた

剣ヶ岩から、花畑になるが、急登になり きつい

休憩の時、ナースから自家栽培のメロンを貰って食べた。

美味しかった。歯ごたえはウリのようだが、味はメロンだ。

ナースありがとう

Adsc01655 Adsc01662 Adsc01664 Adsc01670

Adsc01671 Adsc01672 Adsc01673 Adsc01674

Adsc01677 Adsc01680 Adsc01683 Adsc01684

Adsc01688 Adsc01693 Adsc01699 Adsc01701

Adsc01702 Adsc01707 Adsc01719 Adsc01704

三ノ峰避難小屋に着いた。ここが石川・岐阜・福井3県の県境になる。

ここから三ノ峰頂上を目指す。

Adsc01718 Adsc01708 Adsc01709 Adsc01710 

目の前に別山(べっさん)が見えて感動したが、すぐガスが出てきて

雲の中に隠れてしまった。ここでランチにして晴れるのを待ったが

お湯を沸かして、カップラーメンを食べた。

ナースから、おにぎりを貰って食べた。

自家製の梅干がスッパイかったけど、美味しかった

ナースの自家栽培のトマトを砂糖にまぶした物は、

デザート感覚で美味しかった

ナースまたまた ありがとう。ナースのお陰で大分助かりました。

集合写真のバックは、ガスが無かったら別山が見えていた。(残念

Adsc01712 Adsc01711 Adsc01714 Adsc01716

これより下山した。

登山入り口の川原の水で顔を洗った。気持ちが良かった

Adsc01724 Adsc01726 Adsc01728 Adsc01730

登り4時間半 下り3時間半でした。

水を500ccを3本持って行ったが、少なかった

夏は4本以上は持って行こう。

帰りの温泉は、 九頭竜温泉 平成の湯に入り、

隣のレストランでおろしそばを食べた

Adsc01737  

羽島に帰り、王将で中華飯と餃子を食べて家に帰った。

いつもなら、坂さんと行くのだが 

ナースは只今パソコンを勉強中です。(賢い人だからすぐ出来るでしょう)

私のブログが見れたら、コメントを下さい

ナースの顔を出しているので、ビックリするかも

ブログは私の独断の世界になっています。

他人を傷つけるような写真やコメントがあるかもしれません。

気になった事があれば、コメントを書いて貰えればうれしいです

コメントは直ぐにブログには載りません。

私が良いか悪いかを判断して載せますので

よく迷惑コメントがあるんですよ

| コメント (0)

2010年7月19日 (月)

草津白根山

7月19日(月) 海の日で祭日

群馬県の草津白根山(くさつしらねさん)2165mに行って来ました。

Club 岳さんのメンバー5人(リーダー、男性さん、山ガールぽいさん、

さん、女性さん)と私の6人です。

女性Iさん、Fさん、Kさんとは初対面でした。

会話から3人とも、登山経験が多く、たのもしく感じた。

男性Kさんとは、これで5回一緒になった。Kさんは優しくて賢い人です。

少しメタボ気みですが。本人も「以前痩せたが、また太った」と言っていた。

「今度の山小屋泊りまでに、痩せる」と言ってみえたが

朝5時 羽島を出発、関ICで女性Kさんを乗せた。

女性Kさんは、300名山を登ると言ってみえた。(凄い人のようだ)

道は中央道から上信越道に入り、信州中野ICで降り、草津道路を走り

草津温泉方面に行く。

高原道路は景色が良く、気持ちがいい

志賀高原を過ぎると、白根山が見えてきた。

車の中から、走行中に写した写真

Adsc01466 Adsc01472 Adsc01474 Adsc01476

駒ケ岳SAで休憩1回と、コンビ二で買い物をして、10時に駐車場に着いた。

羽島から5時間掛かった。距離にしたら400km弱位だろう。

駐車場は混んできていた。我々の車はゲート前で止められた、

後続の車は、どんどん(4,5台)駐車場に入っていった。

リーダーが料金所のおじさんに「バックさせてよ!」と言ったら、

おじさんは「はずれくじだと思って!」とチンプンカンプンの返事だった。

不公平にリーダーが怒るのも無理はない

数分位待っただろうが、この時間は長かった。

準備をして、10時15分 登山スタート 

Adsc01478 Adsc01480 Adsc01482 Adsc01483

逢ノ峰(あいのみね)を登る。後ろを振り返ると絶景が見える。

この池は弓池(ゆみいけ)

Adsc01486 Adsc01484 Adsc01485 Adsc01488

さらに登って行き、白根山湯釜(しらねさんゆがま)の中まで見えそうな

高さまで来たが、湯釜の中は見えない。

Adsc01489 Adsc01491 Adsc01493 Adsc01494

ここから、下りてリフト乗り場に着いた。

本白根(ほんしらね)コースを右回りに歩いた。

鏡池(かがみいけ)に下りて、昼食にした。

池の中に珍しい亀甲構造土が見られた。

Adsc01502 Adsc01503 Adsc01506 Adsc01507

Adsc01509 Adsc01512 Adsc01513 Adsc01515

浅間山が見える。頂上は曇っていたが、あれは噴煙だったのかな。

本白根山(もとしらねさん)展望所2145mの手前から、コマクサの

群生地が目の前に現れ、みんな「すごい」と歓声を上げた

アップにすると、枯れ掛けているので離れた写真がきれいだ

コマクサ豆知識

他の植物が生育できないような厳しい環境に生育する事から

「高山植物の女王」と呼ばれている。名前の由来は花が馬(駒)の顔に

似ていることが由来となっている。

Adsc01522 Adsc01521 Adsc01524 Adsc01530

昨日、リーダーや男性Kさんが登った四阿山(あずまやさん)2354m

が見えた。二人とも、なんとタフなんだ

白のコマクサも一株咲いていた。ブルーの花は、ヒメシャジン

最後の写真は、本白根山(もとしらねさん)探勝歩道最高点2150m

Adsc01539 Adsc01542 Adsc01550 Adsc01553

Adsc01555 Adsc01557 Adsc01558 Adsc01570

ここから、旧火山口を回り、リフト乗り場横を通り、駐車場に戻った。

Adsc01587 Adsc01591 Adsc01592 Adsc01600 

Adsc01605 Adsc01606 Adsc01612 Adsc01610

リックを車に置いて湯釜(ゆかま)に行った。

コバルトブルーエメラルドグリンのきれいな色をしている。

Abdsc01613 Adsc01614 Adsc01617 Adsc01621

Adsc01630 Adsc01636

白根レストハウスで、女性達はバッジやソフトクリームを買っていた。

16時に駐車場を出た。6時間の楽しい時間でした。

帰りの温泉は、信州山ノ内 みやま温泉 わくわくの湯に入った。

羽島に同じ名前の、スーパー銭湯がある

ここは源泉かけ流しの露天風呂だけの風呂ですが、いいお湯でした

このお風呂で会った小学生の男の子と、リーダーが妙に気が合っていた。

リーダーが誰にでも好かれる人柄からでしょう

少年の言葉が、妙に心に残った。

少年のリーダーを思いやる言葉は、天の言葉だったように聞こえた。

晩ご飯は、みどり湖PAで食べた。(気がする

ここで私は、山賊焼定食をたのんだ。人気メニューなのか、7分ぐらい待った。

大盛りかと思う程の、どんぶりご飯とジャンボチキンカツ、やっこ、味噌汁

が付いていた。美味しかった

私が一番食べるのが遅かったが、リーダーが「ゆっくりでいいよ」言ってくれた。

男性Kさんも、声を掛けてくれる。そのチョットした気配りがうれしい。

羽島に22時30分に着いた。

葛谷さん、ありがとうございました。http://2010.club-gaku.com/re_078.htm

| コメント (0)

2010年7月18日 (日)

能郷白山

7月18日(日)

私の会社は、今日と明日の連休です。

前日に、登山靴を買いましたAdsc01402_3

今日は1人で 能郷白山に登ってきました。

天気が良くなかったので、写真が少しかありません。

Adsc01405 Adsc01411 Adsc01448 Adsc01421

Adsc01425 Adsc01423 Adsc01426 Adsc01458

Adsc01462 Adsc01463 Adsc01464 Adsc01465

ゲートから登山口まで、4kmぐらい歩かなくてはなりません。

歩きで1時間以上かかりました。

水量が多いので、新品の靴が水に付いてしまいました

靴の中に水が入り、靴下が濡れてしまった

頂上はガスで眺望は全くありません

今日の山は、きつい山登りの中に入りました。

午後3時頃になって、ガスが取れたようでしたが

帰りは、うすずみ温泉に入って帰りました。

.

明日は、岳さんのツアーで群馬県の草津白根山に行きます

朝4時起きなので、これから寝ます

コマクサの写真を沢山写してきます

| コメント (0)

2010年7月11日 (日)

杣山(そまやま)・はすまつり

7月11日(日)

今日は、福井県南越前町のはすまつり杣山(そまやま)492m登山です。

メンバーは4人(松井さん、坂さん、ナース、私)

久しぶりに、ナースの元気な顔が見れて、うれしかった

梅雨の中でしたが、小雨程度で良かった。

羽島にも、大賀はすが知られているが、ここ南越前町のはす公園は、

種類が多く、まるではすの植物園のようでした

バラ園、ぼたん園、梅園などあるが、ここははす園だ

パンフレットに、日本一の花はすの郷 福井県南越前町と書いてある。

東海ラジオでも、南越前はすまつりを宣伝しています。

8月8日まで、はすまつりを開催していますので、良かったら行かれたら

杣山(そまやま)は頂上に城跡ある、城山でした。

戦国時代(鎌倉時代)の歴史を感じて来ました。

.

北陸自動車道の杉津(すいず)PAで

みんな、とろろこんぶ巻おにぎりを買った。(作り立てがうれしい)

Adsc01267 Adsc01266

今庄ICで下り、はすまつり会場の花はす公園に着いた。

駐車場料金が無料なのがうれしい。

ここに止めて、はすまつりと登山と温泉入浴が出来て便利でした。

はす田の後方に見えるのが、これから登る 杣山(そまやま)です。

Adsc01268 Adsc01276 Adsc01297 Adsc01299

小雨が降ったり止んだりの中、きれいなはす花を観賞しました。

Adsc01278 Adsc01279 Adsc01280 Adsc01283

Adsc01286 Adsc01289 Adsc01291 Adsc01293

Adsc01296 Adsc01300 Adsc01301 Adsc01326

スイレンやその他の花です。

Adsc01320 Adsc01316 Adsc01338   

Adsc01306 Adsc01307 Adsc01319

ネムノキはきれいな花が咲いて、あまい香りが漂っていた。

Adsc01335 Adsc01322

はすまつりイベントの象鼻杯でジュースを飲ましてもらった。

坂さんは、最後がえらそうだった。(ジュースが多かったようだ)

私も飲んでみたが、空気が入って飲みづらかった

Adsc01325 Adsc01330 Adsc01331 Adsc01332 

花はす公を一周して、杣山(そまやま)に向った。

9:30花はす公園10:30 →  11:45杣山12:42 → 14:10花はす公園 →  

14:15花はす温泉15:35

登り口は、花はす温泉そまやまの裏からでした。 

ナースは杉の木から、パワーを貰っていた。(貰えたかな

登山道は、直登の階段で長かった。

20分の階段登りでもみんなは、えらいと言わなかった。

ナースはカッパを着ていたので、蒸し暑かったと思う。

岩場に来て、道が巻き込むように登り尾根に着いた。

ここで休憩した。

犬戻駒返しは、鉄はしごが2箇所あるスリルある所でした。

(ここまで登ってきた犬や馬でさえもここは登りきれず後戻りをしなければならなかった所)

Bdsc01345 Adsc01348 Adsc01350 Adsc01352   

Adsc01353 Adsc01354 Adsc01355 Adsc01358

Adsc01359 Adsc01360 Adsc01361 Adsc01362

頂上に着いた。ここは杣山城の本丸跡地です。

ここで集合写真を撮った。坂さん、私は目をつむっている

ビールで乾杯して登頂を喜んだ

ナースがキュウリの一夜付けを持ってきてくれた。(ご馳走さまです)

杉津(すいず)PAで買ったおにぎりを食べた。(おいしかった)

食後のコーヒーを飲んだ。(食事タイムが一番たのしい

みんなで三角点にタッチして下山した。

Adsc01368 Adsc01369 Adsc01371 Adsc01372

Adsc01374 Adsc01375 Adsc01376 Adsc01378

帰り道にお化けキノコがあった

袿掛岩(うちぎがけいわ)の上にに立ってみるが、何か怖い

殿様の死を聞いて、夫人や家臣の女房、侍女たちがこの絶壁の岩に打掛(袿)をかけて飛び降り自害した岩

殿池にはおたまじゃくしが泳いでいた。池の上にモリアオガエルの卵後があった。

歴史ではこの池は、年中水量に変化がなく、飲料水とされていた。

姫穴は姫が身を隠した場所

敵に攻められた時に、正室が身を隠した場所とも、 

京都から新田義貞を慕いここに来た姫が身を隠した場所とも

姫岩から下りて行く道は、狭い。岩壁にはショウジョバカマがいっぱいある。

絶壁の岩にオレンジ色の花が見えているが、肉眼ではどんな花か分からない。

望遠で写したら、おにゆりだと分かった。

部落のある所まで下り、遊歩道を歩いて駐車場の戻った。

遊歩道の端にミョウガが一杯生えていた。(ミョウガが採れるのだろうか

Adsc01380 Adsc01381 Adsc01382 Adsc01386

Adsc01388 Adsc01393 Adsc01394 Adsc01396

Adsc01399 Adsc01400

花はす温泉そまやまに入った。

露天風呂が広く、杉の木が何本かある。まるで植樹林の中に作った温泉だ

イベントをしているのに、風呂に入ってる人が少ない。

簡保の宿のような感じの温泉でした。

帰りの高速道路でどしゃ降りに遭ったが、登山中に降らなくて良かった。

羽島に帰り、松井さんから野菜を貰った。(何時もありがとうございます)

坂さんと晩ご飯は、食べ無いで家に帰った。

ピロリ菌除去の薬を飲んでいて、油濃い物を食べれない坂さん

今度こそ除菌できると、良いですね。

.

.

参考 杣山(そまやま)登山(インターネットより)

登山道は全部で三通りあり、難易度は大きく違う。側の登山道が最も易しく、

西側の登山道が最も厳しい。特に犬戻駒返し付近と姫穴の付近は狭路の岩場が

続き、難所といえる区間である。しかし一般的な脚力を持つ人なら1時間半程で

登頂できる山であり、初心者がチャレンジするにはうってつけの山といえるだろう。

ただし標高の割に疲労がたまることは否めない登山であることには違いない。

| コメント (0)

2010年7月10日 (土)

伊吹山

7月10日(土)

梅雨の中休み、こんな天気の日は山です。(行ったと思ったでしょう

朝起きたら曇っていた。山はガスで、どの山も見えなかった。

曇っていても、花なら見えるだろうと思い、伊吹山に行くことにした。

登山口の三之宮神社に着いたが、駐車場がない。

駐車料金は1000円と高い、少し離れたところで500円でしたが、満車。

なので、かなり離れた無料の所で駐車した。

15分(約1km)歩き、三之宮神社に着き、神社で無事に帰れることを願った。

.

三之宮神社10:05 → 11:25五合目 → 12:25頂上13:10 → 14:00五合目 

→ 15:00三之宮神社

登り 2時間20分    下り 1時間50分

歩く速さは普通ですが、ほとんど休憩がないタイムなので、

参考にしないでください。

Adsc01221 Adsc01223 Adsc01224 Adsc01225  

三合目にニッコウキツゲに似た、黄色いユウスゲが一面に咲いていた。

五合目で可愛い女の子から声を掛けられた

「写真を撮ってください」  

「きれいに撮れている」と喜んでくれた。こちらも嬉しい

六合目あたりから、急登になる。ジグザグに登っていく。

4枚目はオオバギボウシ

Adsc01230 Adsc01231 Adsc01234 Adsc01251

頂上は、登山者と観光客で一杯だった。

山頂に日本武尊(ヤマトタケル)の像がある。(日本書紀の神話に出てくる)

ミヤマコアザミやイブキトラノオは咲いているが、ピンクのシモツケソウはまだ蕾だ。

ピンクのシモツケソウが咲く8月頃に、また来たい。

私も、一個100円でトマトを買って食べた。

Adsc01237 Adsc01239 Adsc01240 Adsc01241

Adsc01250 Adsc01249

45分ほど頂上にいて、下山した。

登山服や道具を揃えた親子を見た。(お金が掛かっている

Adsc01255 Adsc01260 Adsc01262 Adsc01264

下山後、薬草の里で薬草風呂に入って帰った。

.

今日は、かなり日焼けした。急激な日焼けは体に良くないと分かっている

夏の日差しが強い日は、長袖の服と帽子はしよう

.

ブログの写真を見ていて、エッと思った。(全くの偶然でした)

頂上での写真で、五合目で会った彼女達が写っているではないか

私より30分遅れで頂上に着いたようだ。(私は下山る前に、また頂上に戻った)

現代的ファッションでオシャレな服を覚えていた。

彼女達を、登山を楽しむ女子「山ガール」と言うのだろう

山が婚活の場所になれば、若い子が山に増え、おじさんたちは楽しいだろう

私もおじさんの1人です

Bdsc01249

| コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »