« 猿山ハイキング(能登の雪割草) | トップページ | 満観峰・花沢山 »

2010年3月22日 (月)

藤原岳(福寿草)

3月22日(振替休日)

1人で藤原岳に福寿草を見に行って来ました。

3月20日(土)に木和田尾から藤原岳天狗岩に登った岳さんが、

「福寿草が満開だった」と言ってたので、早速行きたくなりました。

朝5時に起きて、準備して家を出た。

前日は石川県の猿山でしたが疲れは無かった。(好きだから

羽島から養老山脈を見ると、上が白かった。雪が降ったようだ

藤原岳はもっと降ったのでは と心配になる。

コースタイム

6:00藤原簡易P6:30 → (木和田尾)→ 白瀬峠 → 8:45頭陀ヶ平 →

9:15天狗岩 → 9:50藤原山屋 →(聖宝寺道)→ 聖宝寺口 → 11:40藤原簡易P

Adsc08710_2

藤原簡易パーキングに6時に着いた。

登山者の後を付いて行こうと思っていた。(初めて登るコースでしたので

二人組みの男性が歩き出したので、行き先を聞いてみると、

「木和田尾から御池岳に登る」と言われたので、

白瀬峠まで後を付いていこうと、出発した。

Adsc08585

「先に行って下さい」と言われるので、

自信が無いが何とかなさと思い、先を行った。

の量がだんだん増えてきた。

長靴を履いて行ったが、全部埋まるくらいだ。

誰も歩いていないので、足跡が全く無い。(あるのが動物の足跡だけ)

鹿の足跡が多い。泣き声も聞こえてくる

お互いの居場所を確認している声だ。(たぶん

「どこ~」と鳴くと「ここ~」と鳴いているように聞こえる

木に付けてある赤ペンキや赤テープを探しながら、進む。

私の歩いた足跡が道になる。(気持ちが良い

Adsc08587 Adsc08594 Adsc08591 Adsc08597

白瀬峠までは登りでした。ここで標高1000m

藤原岳に向って尾根を歩く。2個ある鉄塔の1個目に着いた。

雪は飛んでいって、あまり無い。

後ろに御池岳その右後ろに鈴北岳(雪で白く見えるのは日本庭園だと思う)

その右が霊仙山の西南稜。(真っ白だ)

Adsc08602 Adsc08603 Adsc08605

2個目の鉄塔に着いた。

ここが頭蛇ヶ平(ずだがひら)(ずだがたいら)1143mで三角点がある。

展望がよいピークでした。

御池岳、鈴北岳、霊仙山、三国岳、烏帽子岳、奥に伊吹山、養老山脈が見える。

Adsc08619 Adsc08617 Adsc08616 Adsc08615

ここから少し下り、また少し登った。

赤のペンキやテープの目印が見当たらないので困った。

広い場所に出たが、誰もいないし、足跡も無い。

福寿草は雪の下なのだろうか。少し頭を出した花を見つけた時は嬉しかった

天狗岩(てんぐいわ)の場所を探しながら歩いて、何とか天狗岩1165mに着いた。

藤原岳(展望丘)が見える。こちらから見ると南側は急だ。

Adsc08621 Adsc08622 Adsc08624 Adsc08625

Adsc08626 Adsc08627

天狗岩に居たら、藤原岳より登って来た登山者と会った。(良かった

藤原小屋に行く道中も、福寿草は無かった

展望丘1140mには行かずに、聖宝寺道を下りた。

登山道はもう、ぐちゃぐちゃでしたが、長靴を履いた私は平気でした。

こちらは木和田尾と違って日が当たって暖かいので福寿草が見れた。

Adsc08634 Adsc08635 Adsc08636 Adsc08643

Adsc08654 Adsc08667 Adsc08668 Adsc08669

Adsc08673 Adsc08675 Adsc08708

下りは200人位の登山者に会った かなぁ 

« 猿山ハイキング(能登の雪割草) | トップページ | 満観峰・花沢山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猿山ハイキング(能登の雪割草) | トップページ | 満観峰・花沢山 »