« 藤原岳(福寿草) | トップページ | 雨乞岳・イブネ・クラシ »

2010年3月27日 (土)

満観峰・花沢山

3月27日(土)第4土曜日

静岡県焼津市の満観峰(まんかんほう)と花沢山(はなざわやま)に行きました。Aruku_botann

メンバーは5人(松井さん、坂さん、Aさん、Fさん、私)

Tizu 今日のコースです。

羽島IC6:20 → 9:05花沢の里・観光駐車場9:15 → 花沢の里 

→ 10:10鞍掛峠10:28 → 10:50満観峰11:08 → 11:58日本坂峠 

→ 12:25花沢山13:20→ 花沢の里 → 14:40花沢の里・観光駐車場 

→ 15:00焼津 かんぽの宿16:00 → 19:45羽島IC

富士山を見たくて、この山に決めましたPhoto

広い花沢の里・観光駐車場の車を止め、花沢の里を歩いた。

花沢の里は、昔ながらの村の面影を残した所でした。

無人販売所のみかんがあった。(一袋に10個ぐらい入って100円は安い)

Aさんが、みんなで山頂で食べるのに買った。

里のゆるい坂を登り、登山道に入る。(振り向けば、花沢の部落が見える)

鞍掛峠に着いて休憩した。

Adsc08719 Adsc08725 Adsc08729 Adsc08732

伸び放題の茶畑があるが、通りやすいように切ってある。

手入れされた茶畑の緑がきれいだ。

今年は5月2日が八十八夜の日だ。

その頃は、新芽が出て一面が黄緑色になって、もっときれいだろう

少し歩いたら、満観峰(まんかんほう)470m山頂に着いた。富士山は

Adsc08735 Adsc08736 Adsc08740 Adsc08742

富士山は見えませんでした。(天気の良い日に行ったのですが

運が良いと、4枚目のように見えます。

岳さん写真を無断ですが頂きました。

みかんをテーブルの上に一列に並べて、

数えていたら、Aさんが頭を出して「10」と言った。

Aさんはひょうきんで面白い人です

みかんを皆で食べた。(Aさん ありがとうございます)

まだ午前11時で、風があり寒いので、花沢山で昼食にするように歩いた。

Adsc08753 Adsc08755 Adsc08759 Mankannhou

茶畑の中を通り、何度かコブを越えて、日本坂峠に着いた。

ここは、奈良時代に通られた東海道です。

ここから、花沢山への急な登りになった。

時間も12時になり、お腹が空いて力が出ない。(みんなも同じだったと思う)

左に静岡市の街がすぐ下に見える。駿河湾の海の色がきれいだ。

東名高速の日本坂トンネルがこの下を通っている。

花沢山(はなざわやま)450mに着いたが、

樹林に覆われ少し焼津の街が見えるだけで眺望は良くない。

石の可愛いお地蔵さんに気持ちが癒される。

集合写真で坂さんとAさんが、お地蔵さんの真似をしている。

(坂さん、Aさんはユーモアのある楽しい人です

昼食は少し戻った、反射板がある所で食べた。

眺望は良くないが、風が無いので暖かい。

Fさんが、ビールを持って来てくれたので、みんなで二山登頂に乾杯した。

Fさんからドリンク、パン、チョコレートも貰った。

何時もありがとうございます o(_ _)o

今度は、私もお菓子を持っていきます

Adsc08762 Adsc08765 Adsc08768 Adsc08772

Adsc08773 Adsc08779 Adsc08780 Adsc08787

下りの道を、松井さんが詳しい登山者に聞いてくれて、日本坂峠に

戻らないで、300の階段がある道を下りた。(簡単に作られた階段です)

ヤマブキの黄色や山桜の薄ピンクがきれいでした。

下りて行ったら、花沢の里の水車小屋の横に出た。

また風情ある花沢の里を歩いた。

古い町で、喫茶店は昔の茶屋かな。(手作りのケーキや、パンがある)

万葉集の歌碑がある。昔は、賑わった東海道だったのだろう。

無人販売所には、今の旬のタケノコが出ていた。(大きいので500円ぐらい)

私は100円のみかんを買って帰った。

Adsc08790 Adsc08796 Adsc08802 Adsc08799

Adsc08803 Adsc08805 Adsc08804 Adsc08806

Aさん、Fさんの二人が早く駐車場に着いた。

ここでハプニンが起きる

Adsc08810 

二人が落ちていた携帯電話を見付けた

下山後の温泉は、焼津のかんぽの宿に行く予定だったので

携帯電話を持っていって、フロントで松井さんが説明したが、

かんぽの宿では受け合ってくれなかった。

風呂から出たら、交番に届けることにしたが、まずは風呂に入った。

ここは高台にあって、最上階(8階)の展望風呂から、

焼津漁港や海岸の景色が見えてとても良かった。(お客さんは少なかった)

風呂から出て、交番に向う車中で、Aさん、Fさんは携帯の履歴や電話帳で

落とし主を探す電話をしていた。(初めは不審者と思って相手にしてくれなかった)

回りまわり、落とし主の奥さんに繋がった。

(Aさん、Fさんの誠意と根性には、私は感動した。)

南楠(なぐす)交番でA、Fさんは書類を書いて携帯をお巡りさんに預けて来た。

お礼は要らない、名前も伏せるにサインをしていた。

お巡りさんが、お礼を言っていたのが心に残った。

かっこ良い、Aさん、Fさん、松井さんだった。

(きっと善い事があると思います)

Adsc08811 Adsc08813 Adsc08814 Adsc08816

帰りの高速道路は、やはり渋滞でした。

休憩無しで、200km程を3時間半の時間がかかった。

松井さん、運転お疲れ様でした。ありがとうございました

松井さんの家に着いて、タケノコを貰った。

「奥さん、ありがとうございます

早速、家に帰って作りました。美味しかったです。

Takenoko

« 藤原岳(福寿草) | トップページ | 雨乞岳・イブネ・クラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤原岳(福寿草) | トップページ | 雨乞岳・イブネ・クラシ »