« 真富士山 | トップページ | 釈迦ヶ岳 »

2010年2月28日 (日)

金勝アルプス (鶏冠山・竜王山)

2月28日 2月の最後の日曜日

今日の山は、滋賀県大津市の

鶏冠山(とさかやま・けいかんざん)と竜王山(りゅうおうざん)です。

メンバーは3人(松井さん、坂さん、私)

朝6時に起きたら、雨が降っていた

松井さん家に7時に集まり、天気が良くなるのを期待して行く事に決定

ナースAさんは、中止した。(残念です)

急いで行くことが無いので、高速道路は使わずに出発

地図を見ながら、何とか上桐生の駐車場に9時40分に着いた

雨は上がり、天気は良くなってきた。

駐車場9:55  →  11:09鶏冠山11:11  →  12:10天狗岩12:30  →  

13:41竜王山14:01  →  14:40狛坂磨崖仏14:50  →  15:45さかさ観音15:50  

→  16:00オランダえん堤  →  16:05駐車場

ここは、2年前にsikiさんに連れて来て貰った山でした。

今回は、前日からの雨で水量が多かった。

道を迷うことは無いと思っていたら、落ガ滝の分岐を見落としてしまった。

(滝に行けなくて、すみません)

北谷線を歩いて尾根の着いたら、栗東のJRAトレーニングセンターが見えた。

三角錐のきれいな山の三上山(近江富士との呼ばれている)も見える。

眺望はあまり良くない鶏冠山に着いた。

ここで、いろりのメンバーの二人と同じになった。

Adsc08193 Adsc08194 Adsc08206 Adsc08209

尾根(北峰縦走線)を南に向う。

後ろを見れば、琵琶湖と大津の町が見える。

花崗岩の風化した荒々しい景色が目の前に見えてきた。

天狗岩に登っている人が見えてきた。(結構高い

我々は、リックを置いて天狗岩に登った。

なんとも言えない、良い気分になる。(高所恐怖症の人は無理かな

Adsc08213 Adsc08229 Adsc08236 Adsc08241

Adsc08249 Adsc08251 Adsc08254 Adsc08257

風が冷たいので、少し下りてランチにした。

耳岩に着いたが、なぜ耳岩なのか分からない。

ここで先客がランチをしていた。(この人達とは、竜王山でも逢う)

Adsc08258 Adsc08259 Adsc08260

白石峰を過ぎて、竜王山に着いた。

誰もいない。コーヒータイムにしていたら、

耳岩だ会った美女4人を連れた芦屋の老人師匠、いろりの二人、大津の夫婦が

登って来て急に賑やかになった。

(知らない人と話せるのは、山を愛する者同士だからなのかな

美女の一人に写真を撮って貰った

Adsc08269 Adsc08270 Adsc08271 Adsc08273

白石峰まで来た道を戻る。

重ね岩を、松井さんと坂さんが押している

松井さんがにっこり。(動いたと思ったのかな

Adsc08275 Adsc08276

国見岩から、天狗岩、鶏冠山が見える。

第2名神が、この下をトンネルで通っている。

Adsc08278 Adsc08279 Adsc08281

狛坂磨崖仏(こまさかまがいぶつ)前で、

磨崖仏を専門に写真を撮っている人に会った。

この人に写真を撮ってもらった。

第2名神高速の下を通って進む。(ここは金勝山トンネルの出入り口でした)

Adsc08282_2 Adsc08286 Adsc08288

Adsc08291_2 Adsc08294

さかさ観音です。詳しいことは説明を読んでください。

Adsc08295 Adsc08296 Adsc08297

オランダ堰堤(えんてい)を見て進むと、

道が川の水で、水没している。濡れるのを覚悟してかっこよく進んだ。

直ぐに、駐車場に着いた、(約6時間の山道中でした)

Adsc08298 Adsc08299 Adsc08300 Adsc08301

帰りの温泉は、十二坊温泉ゆらら の予定だったが、

着いたら、休館でした。(がっかり

帰路は高速を使った。

松井さん家で、イチゴを2パックも頂いた。(奥さん、ありがとうございました)

二回目の山でしたが、楽しい山でした。

ナースAさん、Fさん、なべさんも今度行きましょう。きっと楽しいですよ

 

« 真富士山 | トップページ | 釈迦ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 真富士山 | トップページ | 釈迦ヶ岳 »