« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

金勝アルプス (鶏冠山・竜王山)

2月28日 2月の最後の日曜日

今日の山は、滋賀県大津市の

鶏冠山(とさかやま・けいかんざん)と竜王山(りゅうおうざん)です。

メンバーは3人(松井さん、坂さん、私)

朝6時に起きたら、雨が降っていた

松井さん家に7時に集まり、天気が良くなるのを期待して行く事に決定

ナースAさんは、中止した。(残念です)

急いで行くことが無いので、高速道路は使わずに出発

地図を見ながら、何とか上桐生の駐車場に9時40分に着いた

雨は上がり、天気は良くなってきた。

駐車場9:55  →  11:09鶏冠山11:11  →  12:10天狗岩12:30  →  

13:41竜王山14:01  →  14:40狛坂磨崖仏14:50  →  15:45さかさ観音15:50  

→  16:00オランダえん堤  →  16:05駐車場

ここは、2年前にsikiさんに連れて来て貰った山でした。

今回は、前日からの雨で水量が多かった。

道を迷うことは無いと思っていたら、落ガ滝の分岐を見落としてしまった。

(滝に行けなくて、すみません)

北谷線を歩いて尾根の着いたら、栗東のJRAトレーニングセンターが見えた。

三角錐のきれいな山の三上山(近江富士との呼ばれている)も見える。

眺望はあまり良くない鶏冠山に着いた。

ここで、いろりのメンバーの二人と同じになった。

Adsc08193 Adsc08194 Adsc08206 Adsc08209

尾根(北峰縦走線)を南に向う。

後ろを見れば、琵琶湖と大津の町が見える。

花崗岩の風化した荒々しい景色が目の前に見えてきた。

天狗岩に登っている人が見えてきた。(結構高い

我々は、リックを置いて天狗岩に登った。

なんとも言えない、良い気分になる。(高所恐怖症の人は無理かな

Adsc08213 Adsc08229 Adsc08236 Adsc08241

Adsc08249 Adsc08251 Adsc08254 Adsc08257

風が冷たいので、少し下りてランチにした。

耳岩に着いたが、なぜ耳岩なのか分からない。

ここで先客がランチをしていた。(この人達とは、竜王山でも逢う)

Adsc08258 Adsc08259 Adsc08260

白石峰を過ぎて、竜王山に着いた。

誰もいない。コーヒータイムにしていたら、

耳岩だ会った美女4人を連れた芦屋の老人師匠、いろりの二人、大津の夫婦が

登って来て急に賑やかになった。

(知らない人と話せるのは、山を愛する者同士だからなのかな

美女の一人に写真を撮って貰った

Adsc08269 Adsc08270 Adsc08271 Adsc08273

白石峰まで来た道を戻る。

重ね岩を、松井さんと坂さんが押している

松井さんがにっこり。(動いたと思ったのかな

Adsc08275 Adsc08276

国見岩から、天狗岩、鶏冠山が見える。

第2名神が、この下をトンネルで通っている。

Adsc08278 Adsc08279 Adsc08281

狛坂磨崖仏(こまさかまがいぶつ)前で、

磨崖仏を専門に写真を撮っている人に会った。

この人に写真を撮ってもらった。

第2名神高速の下を通って進む。(ここは金勝山トンネルの出入り口でした)

Adsc08282_2 Adsc08286 Adsc08288

Adsc08291_2 Adsc08294

さかさ観音です。詳しいことは説明を読んでください。

Adsc08295 Adsc08296 Adsc08297

オランダ堰堤(えんてい)を見て進むと、

道が川の水で、水没している。濡れるのを覚悟してかっこよく進んだ。

直ぐに、駐車場に着いた、(約6時間の山道中でした)

Adsc08298 Adsc08299 Adsc08300 Adsc08301

帰りの温泉は、十二坊温泉ゆらら の予定だったが、

着いたら、休館でした。(がっかり

帰路は高速を使った。

松井さん家で、イチゴを2パックも頂いた。(奥さん、ありがとうございました)

二回目の山でしたが、楽しい山でした。

ナースAさん、Fさん、なべさんも今度行きましょう。きっと楽しいですよ

 

| コメント (0)

2010年2月14日 (日)

真富士山

2月の第2日曜日 2月14日

メンバーは5人(松井さん、坂さん、ナースAさん、Fさん、私)

今日の山は、静岡県の真富士山(まふじやま)1401mです。

富士山を見に行ったのですが、見えませんでした

登山口10:00 →  10:50ヲイ平  →  11:14真富士峠 →  

11:53第二真富士山12:08 →  12:33真富士峠 →  

12:49第一真富士山13:36→  14:14ヲイ平 → 14:54登山口

羽島を6時に出発に静岡ICに着いた時は、カメラでは写らないくらいの

富士山が見えていた。

平野の部落より林道に入り、第1、第2と登山口を通過して第3登山口に着いた。

標高800mまで上がったので見晴らしも良い。

駐車場には先客の車が3台停まっていた。駐車場と言っても路肩です。

登山口に入ると、ミツマタ(紙幣の原料になる)の花の蕾があった。

登山道は、急登の薄暗いヒノキ林に入っていった。

登山道の脇にお地蔵さんが安置されている。その脇に俳句が書いてある。

苔むした岩の沢筋を登っていくと、ヲイ平に着いた。

我々は真富士峠に向かうコースを行った。

真富士山峠に着いたが、富士山側は雲でまったく見えない

Adsc08016_4 Adsc08017_3 Adsc08019_2 Adsc08020_2

Adsc08021_2 Adsc08025_2 Adsc08031_2 Adsc08035_2

第二真富士山1401mに向う。

霧氷がきれいで、別世界のようだ

固定ロープが張られた、岩場の難所を慎重に進む。

ナースAさんは、アイゼンを付けた。

青空が見えたりするが、富士山側は雲の中だ。

第二真富士山山頂に着いたが、富士山は見えなかった

Fさんから栄養ドリンクを貰って飲んだ。(ありがとうございます)

Adsc08039 Adsc08043 Adsc08047 Adsc08048

Adsc08050 Adsc08051 Adsc08056 Adsc08057

Adsc08057a Adsc08058 Adsc08060 Adsc08062

真富士峠に戻り、第一真富士山1343mに向う。

頂上は第二より広い。先客の登山者(夫婦)に記念写真を撮って貰った。

松井さんの顔が硬い。松井さんは笑った顔がいい。

ここでランチにする。

またFさんから、パンやお菓子を貰う(何時もすみません)

食後のコーヒーをナースAさんが作ってくれた。(美味しい

セルフタイマーで記念写真を撮った。

逆光で暗く写ったが、みんなの表情は明るい

Adsc08066 Adsc08072 Adsc08073 Adsc08075 

Adsc08078_2 Adsc08079_3 Adsc08082 Adsc08084 

帰りは、真富士神社分岐を通過し、ヲイ平を通り、駐車場に着いた。

Adsc08086 Adsc08087 Adsc08088 Adsc08090

ドライブイン 真富士の里に寄る。

きれいな富士山の写真があった。

その写真を撮ったら、私が写っている

Adsc08092 Adsc08093

静岡ICから高速道路に入った。ところどころで渋滞があり帰りが遅くなった。

松井さん運転お疲れ様でした。ありがとうございました 。

第4土曜日は近場に行きましょう。みんな元気でね  

| コメント (0)

2010年2月13日 (土)

百々ヶ峰

今日は金華山の北の百々ヶ峰(417,9m)に行きました。

以前同じ会社のKさんと二人です。

古津  →  松尾池  →  百々ヶ峰  →  古津 

古津より東海自然歩道を歩きました。

赤ちゃんを背負って上がってくる登山者がいました。

Adsc07881_2 この写真は、一週間前に金華山に登った時です。

大きなリョックを背負った人だと思ったが、赤ちゃんでした。

今回、声を掛けたら、そうでした。(赤ちゃんは、グッスリ寝ています)

Adsc07965 Adsc07966 Adsc07967 Adsc07968

Adsc07975 Adsc07982 Adsc07987 Adsc07988

松尾池で渡り鳥を見て、カメラマンの横から百々ヶ峰に登りました。

この道は、初めて登りました。

雪や雨降りは、滑りやすい岩場があるので、止めた方がいいです。

途中、松尾池が見えるので、景色は良いでした。

Adsc07995 Adsc07998

百々ヶ峰の頂上で、また赤ちゃんを背負った人と逢いました。

9ヶ月の可愛い子でした。(写真を撮らして貰いました) 

それからまた、以前同じ会社のHさんに会いました。

6年ぶりでしたが、Hさんは変わっていませんでした。

ワンちゃんを連れて、旦那さんと一緒でした。

Adsc07999 Adsc08001 Adsc08002 Adsc08007

Adsc08009 Adsc08014 Adsc07761 

| コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »