« 金冠山・達磨山と沼津市観光 | トップページ | 金剛堂山 (前、中、奥) »

2009年10月10日 (土)

仙丈ヶ岳

今日の山は、南アルプスの仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ)3033mです。

メンバーは4人(松井さん、ナースAさん、Fさん、私)

ナースAさんの希望で仙丈ヶ岳になったが、

南アルプスは高くて日帰りできない山と思っていた。

仙丈ケ岳は3000m級の山なので、登れるか不安で一杯だった。

8日に大型台風18号が日本を縦断した。

台風一過の晴天を期待して行ったのだが

午前1時に松井さん宅に集合して、羽島IC→伊那IC→

戸台口に着いたのは、午前4時頃だった。

バスは普段は6時からだが、混雑が予測されるので

4時30分からの運転だった。 (まだ真っ暗だ!)

5時頃に切符を買った。(片道、手荷物込みで1300円)

5時15分に出発し、6時に北沢峠に着いた。

Adsc06990 Adsc06988 Adsc06985 Adsc06991

カッパを着るほどの雨でないが、小雨で寒いので着た。(気温は5度以下だろうか)

6時15分にスタート

シラビソ、ダケバンバの樹林帯を歩く。(展望は良くない)

5合目の大滝ノ頭で休憩 

ナースAさんから柿や巨峰を貰った。何時も、ありがとうございます。

Fさん、何時も、お菓子をありがとうございます。

小千丈ヶ岳(2855m)に向う。

森林限界でハイマツ帯になる。前日、雪が降ったようだ。(寒い

ナナカマドは葉を落とし、赤い実だけが残っていた。

だんだん雲の中に入って行く。

9時15分 小千丈ヶ岳(2855m)に着く。(視界は全く良くない)

仙丈ケ岳に向う。

前から来る登山者の頭の毛が、真っ白く凍っている。(気温は氷点下だ)

Fさんは手袋をしていない(誰も予備を持っていなかったてごめんなさい)

樹氷や岩に付いた不思議な雪の模様が寒さを物語っている。

Adsc06996 Adsc06998 Adsc07004 Adsc07005 Adsc07013 Adsc07010 Adsc07016 Adsc07018 Adsc07019 Adsc07025 Adsc07030 Adsc07034

10時35分 仙丈ヶ岳 頂上に着く。(4時間20分)

展望は全く良くない。氷点下では食事を楽しむ余裕はない。

おにぎりを食べて体力を付けた。

お湯を沸かして、コーヒーを飲んだ。

Fさんは、コーヒーや砂糖のスティクが手が冷たくて開けれない。

30分ほど居たが、天気が良くならないので下山することにした。

午後4時までに、北沢峠でバスに乗らなくてはならなかった。

Adsc07042 Adsc07040 Adsc07046 Adsc07047

雲が流れて、時々景色が見えるはじめた

岩場を登るとき、私は足の太ももの筋をつってしまった

ナースAさんから、Ca,Mgの錠剤を貰って飲んだ。

直ぐに治った。ナースAさん ありがとうございます。

Adsc07050 Adsc07054 Adsc07052_2 Adsc07065 Adsc07066 Adsc07063 Adsc07070 Adsc07076  

2時55分に北沢峠に着いた。

3時15分のバスに乗った。運転手さんのガイドが聞いていて楽しく、上手だ。

伊那市営 南アルプス林道バスの30年記念で絵葉書を貰った。(ラッキーだった)

バスの中から写した写真

左1枚目は甲斐駒ヶ岳、

  2枚目は甲斐駒ヶ岳と双児山

  3枚目は鋸岳(のこぎりだけ)、

  4枚目は今日登った仙丈ヶ岳、奥に小仙丈ヶ岳がみえる。

            (4枚目はバスの中のネットが写っている)

Adsc07083 Adsc07085 Adsc07088 Adsc07089

道の駅 アルプス村に寄り、リンゴを買った。

パンは、ほとんど売れていて残念だった。

帰りの温泉は、高遠温泉さくらの湯に入った。アルカリ性のお湯で肌がつるつる。

食事は、伊那市でソースカツ丼を食べて帰った。

22時30分に家に着いた。

みなさん お疲れ様でした。

楽しい時間を、ありがとうございました

« 金冠山・達磨山と沼津市観光 | トップページ | 金剛堂山 (前、中、奥) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金冠山・達磨山と沼津市観光 | トップページ | 金剛堂山 (前、中、奥) »