« 蓼科山 | トップページ | 金冠山・達磨山と沼津市観光 »

2009年9月26日 (土)

天城山と城ヶ崎海岸

今回は一泊二日(26日、27日)の、伊豆の山です。

一日目は、天城山(万二郎岳1300m、万三郎岳1405m)

メンバーは三人(松井さん、Fさん、私)

土曜日の、0時20分ぐらいに羽島ICに入る。

沼津ICを下りた所で、新しい道が出来ていて松井さんはビックリしていた。

Fさんがナビゲーターをしてくれたので、迷うことなく天城高原ゴルフ場に着いた。

広い駐車場で、水洗トイレもあった。

車で少し寝て、8時55分にスタートする。

駐車場からは、万三郎岳と天城山脈が見える。

シャクナゲコースを歩く。

Adsc06703 Adsc06708 Adsc06709 Adsc06712

しばらく歩くと、一人の外人さんが後ろから歩いてみえた。

松井さん  「お国はどこですか」 と英語ぽい日本語で聞く

外人さん  「イングランド゙です」 

松井さん  「お名前は

外人さん  「リチャードです」

松井さん  「日本へは、観光? お仕事ですか

リチャード゙さん 「英語の先生をしています」 なるほど 日本語が分かるはずだ

松井さん  「旅は道づれ、分かりますか

リチャードさん分かったのか? 松井さんと気が合ったのか

万二郎岳、万三郎岳と一緒に歩くことになった。 これも 国際親善なのか

Adsc06713 Adsc06716 Adsc06718 Adsc06719

万二郎岳で、老夫婦からリンゴを貰った。

Fさんがうまい手つきで皮をむいてくれた。

リチャードさんも一緒に食べた。

老夫婦のやさしい気持ちがうれしく、美味しかった。

しばらく歩くと、展望の良い岩場があった。

駐車場から見えた万三郎岳が目の前に見える。

ここから富士山が見える場所だが、残念ながら今日は見えなかった。

道には紫色のトリカブトがきれいに咲いている。

アセビのトンネル、根が浮き上がったブナ林、シャクナゲの群生地

と気持ちが良い自然の中を歩いた。

Adsc06720 Adsc06721 Adsc06727 Adsc06725 Adsc06786a Adsc06751 Adsc06755 Adsc06758

11時35分 万三郎岳に着いた。(2時間40分かかった)

ここでランチにした。(富士山は見えないが良い山だ)

リチャードさんと記念写真を取り合って、握手をして別れた。

リチャードさんはまだ天城峠まで歩くが、

我々と付き合って時間を取ってしまった。

また、リチャードさんに逢えたらいいと、みんなが思った。

Adsc06760 Adsc06765 Adsc06766 Adsc06768

帰りの道は、コケが多い。

キノコがあるが、食べられるか分からないので見るだけ。

14時40分に駐車場に着いた。(2時間15分かかった)

Adsc06781 Adsc06786 Adsc06787 Adsc06790

次にサスペンスドラマによく出てくる城ヶ崎へ向う。

ドラマでは犯人が分かる場所だ

海がきれいだ。自然の造形美に感動する。

遠くに大島が霞んでみえた。

Adsc06831 Adsc06794 Adsc06809 Adsc06800 Adsc06801 Adsc06804 Adsc06808 Adsc06823

今夜の泊まりは伊東温泉です。

名前はアンジンと聞いたが、ホテルか旅館かも分からなかった。

料理、お風呂、もてなしと気配りがさせた高級宿でした。

Fさん ありがとうございました。

アンジンのHPhttp://angine.jp/  

« 蓼科山 | トップページ | 金冠山・達磨山と沼津市観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蓼科山 | トップページ | 金冠山・達磨山と沼津市観光 »