« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

金冠山・達磨山と沼津市観光

伊豆の山 二日目です。

Adsc06854 旅館の美味しい朝食を食べて、朝市を見て、海岸を散歩した。

まるで観光旅行の気分だ

お土産を、Fさんお奨め梅屋さんで、ホールインといず柑を買った。

お土産屋さんで売っているお菓子より、

お饅頭屋さんの方が美味しくて、良いものがあると思った。

Fさんありがとう 良いものが買えました。

今日の山は、金冠山(きんかんざん)816mと達磨山(だるまやま)982mです。

戸田峠(へだとうげ)に車を止めて、二つの山を往復するコースです。

戸田と書いて、へだ  と読むが、 とだ と読んでしまう。(地名は難しい)

金冠山(きんかんざん)へは歩きやすい道で、15分で登れた。

頂上からの景色は良いが、富士山は雲の中だった。(残念

Adsc06882 Adsc06884 Adsc06886 Adsc06887

戸田峠に戻り、達磨山を目指す。

この道も歩き易かった。(運動靴でも登れる)

アセビのトンネルも涼しくて気持ちがよい。

戸田の町と戸田港が見えた。

小達磨山で撮った松井さんの笑った顔がいい

笹原の道は、鈴鹿の山を感じさせる。

Adsc06891 Adsc06892 Adsc06894 Adsc06896 Adsc06899 Adsc06902 Adsc06903 Adsc06905

13時28分に頂上に着いた。(50分の歩きだった)

達磨山は一等三角点の山の風格で、360度の大展望だ

旅館の紙コップにビールを注いで、かんぱーい

Fさんからホールインを貰って食べた。おいしい

Adsc06912 Adsc06914 Adsc0691545 Adsc06911

帰りの道も景色が良くて気持ちがいい。

Adsc06919 Adsc06921 Adsc06924 Adsc06926

沼津に行き、香貫山に登った。残念ながら富士山は見えない。

沼津魚港でぬまづ丼を食べた。美味しかった

Adsc06930 Adsc06932 Adsc06933 Adsc06942 Adsc06943 Adsc06944 Adsc06945 Adsc06949

帰りの高速は混んでいたが、22時30分に羽島ICに着いた。

松井さん運転 お疲れ様でした。

Fさんお疲れ様でした。

楽しい二日間をありがとうございました。

| コメント (0)

2009年9月26日 (土)

天城山と城ヶ崎海岸

今回は一泊二日(26日、27日)の、伊豆の山です。

一日目は、天城山(万二郎岳1300m、万三郎岳1405m)

メンバーは三人(松井さん、Fさん、私)

土曜日の、0時20分ぐらいに羽島ICに入る。

沼津ICを下りた所で、新しい道が出来ていて松井さんはビックリしていた。

Fさんがナビゲーターをしてくれたので、迷うことなく天城高原ゴルフ場に着いた。

広い駐車場で、水洗トイレもあった。

車で少し寝て、8時55分にスタートする。

駐車場からは、万三郎岳と天城山脈が見える。

シャクナゲコースを歩く。

Adsc06703 Adsc06708 Adsc06709 Adsc06712

しばらく歩くと、一人の外人さんが後ろから歩いてみえた。

松井さん  「お国はどこですか」 と英語ぽい日本語で聞く

外人さん  「イングランド゙です」 

松井さん  「お名前は

外人さん  「リチャードです」

松井さん  「日本へは、観光? お仕事ですか

リチャード゙さん 「英語の先生をしています」 なるほど 日本語が分かるはずだ

松井さん  「旅は道づれ、分かりますか

リチャードさん分かったのか? 松井さんと気が合ったのか

万二郎岳、万三郎岳と一緒に歩くことになった。 これも 国際親善なのか

Adsc06713 Adsc06716 Adsc06718 Adsc06719

万二郎岳で、老夫婦からリンゴを貰った。

Fさんがうまい手つきで皮をむいてくれた。

リチャードさんも一緒に食べた。

老夫婦のやさしい気持ちがうれしく、美味しかった。

しばらく歩くと、展望の良い岩場があった。

駐車場から見えた万三郎岳が目の前に見える。

ここから富士山が見える場所だが、残念ながら今日は見えなかった。

道には紫色のトリカブトがきれいに咲いている。

アセビのトンネル、根が浮き上がったブナ林、シャクナゲの群生地

と気持ちが良い自然の中を歩いた。

Adsc06720 Adsc06721 Adsc06727 Adsc06725 Adsc06786a Adsc06751 Adsc06755 Adsc06758

11時35分 万三郎岳に着いた。(2時間40分かかった)

ここでランチにした。(富士山は見えないが良い山だ)

リチャードさんと記念写真を取り合って、握手をして別れた。

リチャードさんはまだ天城峠まで歩くが、

我々と付き合って時間を取ってしまった。

また、リチャードさんに逢えたらいいと、みんなが思った。

Adsc06760 Adsc06765 Adsc06766 Adsc06768

帰りの道は、コケが多い。

キノコがあるが、食べられるか分からないので見るだけ。

14時40分に駐車場に着いた。(2時間15分かかった)

Adsc06781 Adsc06786 Adsc06787 Adsc06790

次にサスペンスドラマによく出てくる城ヶ崎へ向う。

ドラマでは犯人が分かる場所だ

海がきれいだ。自然の造形美に感動する。

遠くに大島が霞んでみえた。

Adsc06831 Adsc06794 Adsc06809 Adsc06800 Adsc06801 Adsc06804 Adsc06808 Adsc06823

今夜の泊まりは伊東温泉です。

名前はアンジンと聞いたが、ホテルか旅館かも分からなかった。

料理、お風呂、もてなしと気配りがさせた高級宿でした。

Fさん ありがとうございました。

アンジンのHPhttp://angine.jp/  

| コメント (0)

2009年9月13日 (日)

蓼科山

9月の第2日曜日

今日は、なべさんが10ヶ月ぶりに参加されて楽しい登山でした

メンバーは4人(松井さん、なべさん、Fさん、私)

今日の山は、長野県の蓼科山(たてしなやま)2530mです。

大河原峠から登る、最短コース  帰りは天祥寺原に下りて帰るコース

百名山で人気の山で、9時50分に着いたが駐車場は満杯状態でした。

大河原峠は標高が2100mあるので、思った以上に寒かった

10時5分 スタート

Adsc06591 Adsc06593 Adsc06684 Adsc06597

縞枯(しまがれ)現象の林を通る。不思議な空間だ

11時32分 将軍平の蓼科山荘に着く。

200円のトイレ代金は少し高い

Adsc06601 Adsc06607 Adsc06610 Adsc06612

5分休憩してスタート、急な岩登りだ

Adsc06609 Adsc06620 Adsc06622 Adsc06624

12時12分 頂上に着く。

広くて風が強い、景色は良い。  頑張った甲斐がある。

Adsc06629 Adsc06662 Adsc06628 Adsc06644 Adsc06647 Adsc06652 Adsc06654 Adsc06656 Adsc06655 Adsc06660 Adsc06664 Adsc06666

13時25分 将軍平に下る。登る以上に神経を使う。

将軍平から天祥寺原に下る。道幅は狭い、滑りやすい

天祥寺平は昼寝をしたく場所だ! 松井さん・・寝ている

Adsc06673 Adsc06675 Adsc06671 Adsc06676 Adsc06678 Adsc06683 Adsc06687 Adsc06685

桑の実のようなワレモコ?初めて聞く名前でした。

もう一つの花の名前は忘れました。すみません

なべさんは花の名前の詳しい先生だ。

遠くの浅間山の噴煙も見えた。

Adsc06689 白樺湖から今登った蓼科山を写す。

帰りの温泉は、白樺湖が見える、すずらんの湯に入った。

茅野でお蕎麦屋さんに入った。

ざるそばを食べた。なべさんから馬さしをもらって食べた。

美味しい。初めて食べた

味はマグロのトロで、食感は鯛の刺身!

なべさん ご馳走様でした。

| コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »