« 岩篭山・・・インディアン平原 | トップページ | 伊吹山 »

2009年7月11日 (土)

鷲ヶ岳

7月の第2土曜日

メンバーは、松井さん、ナースAさん、私の3人です。

Aさんとは、焼山以来です。

今日の山は、鷲ヶ岳(わしがたけ) 1162m

Wasitozan_3東海自動車道の高鷲ICより、鷲ヶ岳スキー場に向うが、途中にコンビニが無い。

おにぎりは諦めて、持ってきたラーメンで我慢する。

桑ヶ谷林道を進む。悪路につき、前日の雨でぬかるんでいる。

松井さんの車のタイヤがドロドロに汚れてしまった。(すみません)

林道の途中で伐採作業が行われていた。

作業車を移動してもらって、通してもらう。

午後からは通行止めで、帰りは迂回路をと言われた。(優しい、おにいさんでした)

迂回路口で車を止めて、ここから歩く。

道脇には、ササユリ、ヤマオダマキ、等の花が迎えてくれた。

しばらく歩くと、5、6台置ける駐車場があった。

ここが林道最後でした。先客の車が一台止まっていた。

(頂上手前で会った、5人のグループでした。)

ここから登山道になりました。涸れ沢のゴロゴロの石の道でした。

白山が見えて感動でした。大日ヶ岳も見えた。

40分ぐらいで、広い良い道が目の前に!

道を横切り、いっぷく平に着いた。ここまで50分

いっぷく平のお堂(顕彰堂)には、菅原頼保公が大鷲に向って弓を引いている

模型が奉られていました。

Photo_3 Photo_4 Adsc06196 Adsc06198 Adsc06200 Adsc06203 Adsc06206 Adsc06208 Adsc06209 Adsc06211 Adsc06212 Adsc06214 Adsc06215 Adsc06217 Wasi820 

いっぷく平から尾根状の大小のピークを越えて、

頂上直下の鞍部に着く。ここまで林道が出来ていた。

目を上げると頂上稜線まで階段が並んでいる。

9年前 松井さんと来たときは、笹薮を直登した記憶だ!

新しい登山道は、適当に斜面を回り込んでいる。

45度以上の階段が、はしごのようだ。手を着いて登って行った。

10時18分 頂上に着いた。 (1時間40分間の登り)

ササユリが出迎えてくれました。

360度の展望で、白山が良く見えた。御岳はうっすら見えるだけ。

Aさんがクワガタを見つけた。

林道を走り、鷲ヶ岳直下まで車で来たおじさんと頂上で話をする。

11時27分 往路で帰る。 12時37分 駐車場着

Adsc06218 Adsc06219 Adsc06220 Adsc06223 Adsc06224 Adsc06225 Adsc06226 Adsc06227 Adsc06228 Adsc06232 Adsc06233 Adsc06235 Adsc06239 Adsc06240 Adsc06241 Adsc06242 Adsc06243 Adsc06246

帰りの温泉は 鷲ヶ岳温泉に入った。

鷲(わし) と 鷹(たか)の違いを調べてみた。

鷲も鷹もタカ科で、比較的大きいものを鷲、小さいものを鷹らしい。

明確な区別はないようです。(そんなことなの

ここでは、鷲が村人を苦しめる悪鳥で、かわいそうだと思った。

外国ではワシは「鳥の王者」で、アメリカは国鳥なのに

« 岩篭山・・・インディアン平原 | トップページ | 伊吹山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩篭山・・・インディアン平原 | トップページ | 伊吹山 »