« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

岩篭山・・・インディアン平原

6月の第4日曜日  メンバーは3人

松井さん、Fさん、私。

Fさんとは2回目の登山です。

坂さんは体調が悪く、当分参加が出来ないので寂しい

(早く良くなって下さい)

今日の山は、岩篭山(いわごもりやま)765mです。

敦賀三山(野坂山、西方ヶ岳、岩篭山)の一つで人気の山です。

私は2回目ですが、何度でも楽しい山です。

まだ梅雨時期なので、晴れの地方を選んで山を選択することに!

と言うことで、福井県がまだ良いので、この岩篭山に。

高速料金が何処までも1000円なので、木之本ICでなく、敦賀ICまで走った。

木之本から、高速の道端にアジサイがきれいに咲いていた。

敦賀ICを出て、国道8号線のコンビニに寄る予定が、新しい道が出来ていて、

すぐに市橋登山口の交差点に着いてしまった。

おにぎりを買うために、敦賀へ戻った。

8時47分 市橋駐車場を出発

5分程歩くと、農道が途切れ登山道に着いた。

沢は滝の連続で、吹く風は水冷クーラーのようで心地良い。

登山道は、沢を右岸、左岸と渡る。

1ヶ所、道が分かりにくく、間違えたが、すぐ戻った。

水量が多ければ、靴を濡らす所が多い道だ。

私の前を歩くFさんの石飛びは安定している。(運動神経がいい)

沢が終わると、急登になり、汗が噴出してくる。

10時42分 岩篭山・夕暮山の分岐の尾根に着く。

Adsc06103 Adsc06102 Adsc06106 Adsc06110 Adsc06115 Adsc06116 Adsc06119 Adsc06120

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・

11時13分 岩篭山に着く。

三角点はあるが、岩篭山と書いたプレートが無いのがさみしい。

ここは通過点なので、休憩することなく、インディアン高原に向う。

柔らかな笹原の高原だ! 焼山の藪コギとは全然違って歩きやすい。

Adsc06122 Adsc06124 Adsc06128 Adsc06131

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・…━

11時30分  インディアン高原に着く。

太古の時代にここで、儀式が行われたのだろうか?

岩の上でランチにした。(特等席でした

敦賀湾、琵琶湖、伊吹山が見えて最高でした。

岐阜市から来られたおじさんに写真を撮って貰った。

303号線で八草トンネルを通り、天気が良さそうな敦賀に着いたとの事。

先週、北海道の礼文島に行った話を聞いた。

花がきれいだよ!と携帯の写真を見せて貰った。(私も行きたい)

Adsc06163 Adsc06161 Adsc06143 Adsc06146 Adsc06145 Adsc06166 Adsc06170 Adsc06174

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆━

12時40分  1時間10分休憩し、夕暮山に寄って山を下りた。

途中 沢の水で、お湯を沸かしてコーヒーを飲んだ。

15時15分 駐車場に着く。

Adsc06177 Adsc06181 Adsc06184 Adsc06189

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

帰路は高速を使わないで、8号、365号で帰った。

帰りの風呂は、健康パークあざいで汗を流した。   

| コメント (0)

2009年6月13日 (土)

焼山 (リタイア)

今日はナースAさんが入って4人で、焼山(やけやま)に行きました。

梅雨の中休み、敦賀の岩篭山の予定が雨で行き先を変更して、

南木曽の方に行くことに。松井さんが以前から気になっていた焼山に決定。

10年前の新聞の写真入の記事を見せてくれた。(なんて古い

それには、平成10年に岐阜県体育大会の山として、

中津川山岳会の手により草刈り機を使って、笹薮を切り開き道を作って、

登ることが出来るようになった・・・と書いてありました。

黒井沢林道を進み、恵那山登山口を通過して、なお舗装されていない道を進むと、

ゲートがあり、これ以上は行けない。一台ほどの駐車スペースに車を止めた。

9時にスタートする。ここにベニバナイチヤクソウが咲いていた。(ラッキー

山崩れで、道がところどころ、寸断されている。

山と山の間に、きれいな山が見える。(後で調べたら、笠置山だった)

栃の花がきれいに咲いていた。(初めて見ました!)

Adsc06022 Adsc06025 Adsc06026 Adsc06071

9時45分 上手山峠の着く。ここから、焼山登山道だ。

道は最初から笹藪こぎとなる。道らしいものは付いているが余り人が入らないのか、

道の上にも笹が伸びてきており、両側の笹が複雑に絡み覆い被さっているので

かき分けなが進む。しかも、急な登り道で笹が逆目に倒れ込んでいるので歩きにくい。

笹は背丈を越す高さだ。笹がなぎ倒されている所もあるのでコースが

ますます分かりにくくなってくる。なんとか道らしき所を追い進むが、

深い藪こぎの連続。  松井さんはメガネを飛ばしてしまう。

笹が顔を直撃してくる。ゴーグルとマスクで顔をガードしないと怪我をしそうだ。

1659mから右奥に焼山が見えるが、まだ遠い。目印を探しながら進む。

頭が出るほどの笹薮になるが、笹をかき分けて進む。(まるで水中歩行だ!)

靴ひもが何度も解ける。ズボンは笹の樹脂か分からないが茶色く汚れる。

後1kmの所で、2時間の藪コギで体力も落ちたので、引き返すことを決断する。

松井さんは心残りがあったが、皆に合わせてくれて、ありがとうございました。

Adsc06035 Adsc06037 Adsc06038 Adsc06041 Adsc06039 Adsc06043 Adsc06046 Adsc06050

11時50分 引き返る。恵那山は雲の中で見えなかった。

ギンリュウソウが咲いていた。

13時20分 上手山峠に戻った。ここからは楽な道になって安心した。

ニホンカモシカが、ジーット我々を見ていた。お疲れ様と言っているようだった。

14時に遅いランチにする。14時45分にゲートに着いた。

Adsc06051 Adsc06054 Adsc06064 Adsc06074 Adsc06072 Adsc06076 Adsc06079 Adsc06081

家に帰って、パソコンで焼山を検索してみた。日本中で、

焼山(やきやま)が7ヶ所、焼山(やけやま)が23ヶ所もある山でした。

今日の目指した山は、岐阜県の恵那市と中津川市の境にある標高1709mの山でした。

また今日のコース(上手山峠ルート)は体力と気力が要する、

上級ヤブ漕ぎコースと書いてありました

本の、「岐阜の山旅100コース 美濃下」ではヤブ山が手軽な山に

コースタイムが上手峠山から焼山まで、1時間40分と書いてあった。

このタイムは草刈りがされた後で、今の状態なら3時間以上は掛かるだろう。Amap

不完全燃焼の登山でしたが、登山には、こんな事(リタイア)もあると! 自分に言い聞かせる。長いヤブ漕ぎの中、けがも無く、皆が無事帰れたことが良かった

| コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

烏帽子岳

今日は男だけの3人で、烏帽子岳(えぼしだけ)に行きました。

F さんが、急に来れなくて残念でした。

最初の予定は、雨乞岳でしたが、鈴鹿スカイラインが通行止めの為

前日に変更で、大垣市上石津町、烏帽子岳(865m)に!。

5月17日、新しい登山道(2,7km)、細野コースが出きたと,新聞で紹介された。

烏帽子岳は山容も美しく、美濃富士とも呼んで親しまれてきたが、

既存の登山道は荒れ、容易に入山できなかった。

そこで大垣山岳協会と、地元の人が力を合わせ、

延べ300人が作業に汗を流し、3年がかりで作られたそうだ。

「山に、自然と人が共生するための新しい風を通す」。

「みんなが親しめる山を目指したい。」

そんな地元の思いが込められた山の開放がうれしい。

そんな思いに感謝して、登ることにした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

烏帽子岳 林間広場に8時5分に着いた。先客の車が一台あった。

ここに、きれいで広いトイレが設置されていた。(洋式、和式の2室)

坂さんから、ビワを貰って食べた。(最近は食べたことが無かった、美味しかった)

Adsc05961 Adsc05959 Adsc05962 Adsc05958




8時15分 スタート

第一見晴ポイント ~ 第四見晴ポイント があり、木を切って見晴らしが良い。

登山道に白い花が一面に落ちている。

上を見ると、エゴノキの花が咲いていた。

第四見晴ポイントを過ぎたら、展望岩コースと大岩コースがある。

展望岩コースに進む。シャクナゲの木がある。(咲いたら綺麗だろう)

展望岩から細野集落が見える。ここは展望が良い。

10時8分 頂上に着く。2時間弱だ!

頂上の展望は、伊勢湾方面が見えるが、他は見えない。

Adsc05965 Adsc05967 Adsc05970 Adsc05971 Adsc05972 Adsc05976 Adsc05974 Adsc05977 Adsc05978 Adsc05981 Adsc05982 Adsc05983 Adsc05985 Adsc05987 Adsc05989 Adsc05990



早めの昼食にする。いつの間にか、頂上は人が増えてきた。

50分ぐらい休憩して、11時に下山する。

下りは大岩コースで下りる。

12時15分に林間広場に着いた。車が18台程あった。

新聞等で見た人でしょう。人気の山になりそうです。

Aadsc05994 Adsc05997 Adsc06002 Adsc06004 Adsc06013 Adsc06015 Adsc06017 Adsc06019



登山道は整備されて、安全な道でしたが、楽な道では無かった。

松井さんの家に帰って、たまねぎを貰った。何時もありがとうございます。

家に帰る途中、坂さんと相談して風呂に行くことにした。

岐阜市六条・岐大バイバス沿い 喜多の湯

人工温泉だが、掛け流し天然温泉のようなお湯で気持ちが良かった。

でも出来て間もないので、混んでいた。

| コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »