« 鬼ヶ牙・臼杵山 | トップページ | 尉ヶ峰 »

2008年12月 7日 (日)

弥勒山

12月の第1日曜日

Bさんと二人で、春日井市と多治見市の県境の東海自然歩道を歩きました。

内津峠(うつつとうげ)からスタートして、 

弥勒山(みろくやま)437m、大谷山425m、道樹山(どうじゅさん)429m

までの往復コースです。

12時15分スタートして3時間位で駐車場に帰りました。

大谷山は犬山、岐阜、春日井方面が見えただけでした。

道樹山ではまったく眺望はありませんでした。

最初に着いた、弥勒山(みろくやま)は眺望が良かった。

写真は弥勒山(みろくやま)からの景色ばかりです。

少しの雪をかぶった恵那山、真っ白に横に繋がった中央アルプス、

凛々しい御岳や白山を見ることが出来て大感動でした。

こんなに大きな白山が見られるなんて、驚きでした。

ここで、御岳を見ながら、ビールで乾杯。(少し寒かった)

お酒を熱燗で飲んでいる登山者もいた。(なるほど)

東屋からは、名古屋市の向こうに輝く伊勢湾が見えました。

弥勒(みろく)とは弥勒菩薩(みろくぼさつ)と同じ漢字でした。

頂上に弥勒菩薩像が祭られている・・・らしい。(ガイド本より)

頂上でヤマガラに落花生をあげている、おじさんがいた。

Dsc0425145 Dsc0422345 Dsc0421945 Dsc0422045 Dsc0422245 Dsc0424845 Dsc0422745 Dsc0424745 Dsc0422945 Dsc0423945 Dsc0424045 Dsc0424445

« 鬼ヶ牙・臼杵山 | トップページ | 尉ヶ峰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼ヶ牙・臼杵山 | トップページ | 尉ヶ峰 »