« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月26日 (土)

倶留尊山

4月の第4土曜日 メンバーはいつもの5人です。

三重と奈良の県境の山 倶留尊山(くろそやま)1037mに行きました。

この山は奈良県の曽爾(そに)高原から登る人が多いけど、

私たちは三重県の、くろそ山荘近くの東海自然歩道からスタートする事にしました。

車で「くろそ山荘」への矢印を見落として、林道の中へ迷い入ってしまった。

不安の中、無事 登山口に着く事が出来た。よかった

東海自然歩道なので、石畳や階段状の道で歩き易かった。

30分で亀山峠に着いた。お~~~ とため息と歓声がでた。 

Dsc0213530 Dsc0204830 Dsc0205030 Dsc0205330_2 三重県側とはまったく違った景色だった。ここはススキの穂が黄金色に

輝く初秋が人気だが、今は野焼きされていて、丸坊主の状態でした。

次に、二本ボソに行きました。管理小屋があり入山料の500円を支払いました。

ここから私有地になる為である。ここからの展望はすばらし

大洞山や尼ガ岳をすぐそばに見える。

Dsc0205530 Dsc0205930 Dsc0206330 Dsc0206730 Dsc0209530 Dsc0206930 Dsc0207330 Dsc0209030

倶留尊山へは、いったん下がって、やせ尾根を登る。

アセビの花が満開だ。シャクナゲもあったがまだ花は付いていない。

山頂は小広場になっているが、展望は二本ボソの方が良かったので

昼食は戻って、二本ボソで食べた。それから亀山峠へ戻った。

Photo Dsc0207930 Dsc0208230 Dsc0209830 Dsc0209930 Dsc0211330 Dsc0212130 Dsc0212630

ボーイスカウトの子供達も登って来ました。

亀山峠ではワラビを採りました。

山菜ものしり先生のなべさんは何でも知ってみえて、勉強になります。

山を下りて池の平にはヤギもいました。

あとゼンマイ、アシタバも教えて貰いました。ありがとうございました。

Photo Dsc0213030 Dsc0213130 Dsc0213630 Photo_2 Photo_3

| コメント (2)

2008年4月12日 (土)

舟伏山

4月の第2土曜日  今回は5人で花を求めて舟伏山へ行きました。

Mさんの奥さんが参加されました。奥さんは良妻賢母の鏡のような人です。

なべさんも同じです。

神崎川上流の神埼からしばらく行くと、「美山あいの森」のゲート前では観光バスが

2台停まっていました。登山客50人程が準備をしてみえた。

今日は登山客が多いようだ。

「美山あいの森」の駐車場の桜は8分咲きぐらいでした。車は10台ぐらいあった。

桜峠までは、杉林の中のよく踏まれた道でした。

桜峠でかたくりの花を見つけて感動しました。

みのわ平、ここで休憩しました。Dsc0186030 Dsc0186130 Dsc0186430 Dsc0187130 Dsc0186830 Dsc0186930 Dsc0190930 Dsc0191330

本日の主役になる、イワザクラがきれいでした。一杯写真を載せました。

Dsc0188230 Dsc0187930 Dsc0187530 Dsc0187730 Dsc0187830 Dsc0188330 Dsc0188030 Dsc0188430 キクザキイチゲは真っ白できれいでした。まだ残雪がありました。

Dsc0188730 Dsc0189030 Dsc0189130 Dsc0189230 頂上でおにぎりとラーメンを食べました。ビールも飲みました。                            30分ぐらいしたら、バスの団体さんがみえて、頂上はにぎやかでした。

Dsc0189830 Dsc0189730 Dsc0190430 Dsc0190330 次は小舟伏山を経て、駐車場へ。

途中にヒトリシズカ、キバナイカリソウ、イチリンソウ、ミヤマカタバミが咲いていました。Dsc0191630 Dsc0191930 Dsc0187430 Dsc0192330 Dsc0192630 Dsc0193130 Dsc0193530 Dsc0193630

帰り道の夏坂谷にはショウジョバカマが群生していました。車からなのできれいには

写っていません。温泉は武芸川温泉「ゆとりの湯」に入って、

寺尾ヶ原千本桜を見て帰りました。 Dsc0193830 Dsc0193730 Dsc0194230

舟伏山の花はこれからですが、イワザクラの一番良いときに行けて、良かった。

Mさんの山選びが良かったおかげです。ありがとうございました。

| コメント (2)

2008年4月 8日 (火)

大洞山

今回は男三人で三重県の大洞山に行きました。

三多気(みたけ)の桜を期待して行ったのですが、

まだつぼみで一週間は早かったか

大洞山の名前の由来の説に、ホラ貝を伏せたような形らしい?

山麓から見上げると円錐形をした、とんがった形だ。

登山道は石段の階段がほとんどでかなりえらかった。

いっきに標高差300mを登ると、展望の良い大洞山(雌岳)山頂に着いた。

方位板が設置されていて、山の名前と位置が良く分かった。

次に北に見える雄岳に行って、昼ごはんを食べた。

すぐ北に尼ガ岳が見えるが、時間の都合で行くのを止めた。

Dsc0177430 Dsc0178330 Dsc0177630 Dsc0178130

山を下りて、真福院ではユキワリイチゲを見ることが出来て良かった。参道入り口には、大きな杉が二本とケヤキがあった。

Dsc0178730 Dsc0179530 Dsc0179130 Dsc0179030

民家の庭に黄色い花が? みつまたでした。数本の枝木をもらった。赤土で付くらしい。

三多気の桜は山桜でうすい色をして、花と葉が同時に出ると聞いた。

まだ早かったので、人も少ない。帰りは姫石の湯に入った。きれいな所でした。

高速道路の伊勢関~四日市が渋滞なので国道23で帰った。

カソリンが今月から25円ほど下がったので、みんな出掛けたのかな?

Dsc0178530 Dsc0179330 Dsc0180130 Dsc0180330 Dsc0180430 Dsc0180530 Dsc0180830 Dsc0181130 Dsc0181230 Dsc0181430 Dsc0181530 Dsc0181630

| コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »